大横丁の看板建築

| コメント(6)

看板建築ってご存じですか? 表面が銅板で覆われていて、その銅板が緑青を吹き、緑や青黒に見える古い建物をどこかでご覧になったことはありませんか? あります? そいつです、そいつが看板建築です。仕上げは、別に銅板に限ったわけではなくモルタル仕上げやタイル仕上げの看板建築もあります。要は、道路に面した部分が平面で、そこにデザインが施された建物全般を指しています。本郷にもかなり残っていたのですが、もう次々に姿を消しています。そんななか、大横丁通りで、バリバリの現役で頑張っているのがこの写真の建物です。看板建築としては、細工や装飾もなく、面白味に欠けますし、表面が塗装されていますので、緑青の独特の色でもありません。最も素っ気ない[=看板建築としての価値は低い]部類に入りますが、現役というのが何より物をいっていて、いまでも輪郭が明瞭でシャキッとした印象があります。現役が少ない今、存在価値を増しています。近所の住人としては、素通りするわけにはいきません(^^;

【場所】文京区本郷2丁目あたりです。
【追記1】写真の建物の斜め向かいにある緑青を吹いた看板建築です。ただし、これは屋根が瓦葺きで、看板建築としては変則的。珍しい部類に入ります。
【追記2】看板建築に興味をお感じになった場合、参考本としては、この言葉の生みの親・藤森照信氏の「看板建築」(三省堂)が唯一あるのみかもしれません。この本は、研究肌ウンチクたれたれ型ではなく、写真も多いので楽しく読むことができますよ。

コメント(6)

初めまして 看板建築も近頃めっきり減りましたね バブルの前は 面白いものが 色々あったのですが 井関電気はお気に入りだったのですが 須田町から神保町にかけて何時間もかけて 撮り歩いたのに 今では 皆無くなって 淋しいです 

>藤本光弘さん
こちらこそ、はじめまして。本当に、看板建築が少なくなりましたね。特に昨年は、看板のみならず、多くの古い建物が取り壊されたように感じられてなりません。藤本さんはずいぶん貴重な写真をお撮りになられているようですね。それらを拝見できるサイトなどお持ちでしょうか?もしお持ちでしたら、URLをお残しいただけたら…と思います。この大横丁の看板建築の左側にも、銅板拭きの看板建築がありましたが、それも先日取り壊されました。コメントをありがとうございました。今後とも、どうぞ宜しくお願いいたします。

はじめまして、私は3月にパソコンを買つたばかりの70歳の男です。
看板建築を求め10年すぎ藤森氏の本の建物を総べて歩き、現在はその後どうなつたか比較写真を写してます。特に戸袋文様に興味があります。

>丸毛誠 さん
こんばんわ。ようこそお立ち寄りくださいました。若輩者の失礼になるやもしれませんが、パソコンを先月入手なさったばかりですのに、もう、こうしてコメントをお残しになられるのですから、素晴らしい…としか言いようがありません。つぎはぜひ、ご自身のブログをスタートなさってください。期待しています!
ところで、看板建築ですが、僕は、それを追い求める…ことはないのですが、大変に興味はあります。最近の話題としては、藤森氏の本の巻頭カラーページに掲載されています築地のワカマツ洋品店が、画廊として再出発した…ということが朝日新聞に報じられていましたね。近々見にゆきたいと思っていたところでした。
これを機会に、今後とも、どうぞ宜しくお願いいたします。コメントをありがとうございました。

連絡ありがとうございます、ワカマツヤは数年まえペン画に書きました。当時主人に見せたら、こんな汚い建物よく画いたねと言われました。2年くらいまえ娘さんに手渡してきました。
築地、新富町,湊、入船、中央区は特によく歩きました。看板建築の初版本の表紙になつたナンデモやの主人(北井さん)はまだ元気でしょうか?横浜に引き戻り2年東京も少し遠くなりました[体力的にも)、ここ10年ただ一人の趣味と思つていましたがパソコンで初めて同好の人がいることを知りました。ホームページはまだまだ先のこと。元気のうちに多くの人に逢つてみたいです。

>丸毛誠 さん
ご丁寧にお返事くださいまして、ありがとうございます。中央区の海沿い(川沿い?)は、かつて、優良看板建築のメッカでもありますし、さすがによく歩いていらっしゃいますね。
僕の本は、初版ではなく、新版のほうですが、表紙写真は同じナンデモヤさんのようです。が、僕は、この建物すら見ていません。
ともかく、ネットで探しますと、看板建築や古い建物が好きな方というのは、想像以上に多くいらっしゃいます。これまでは考えられなかったような出会いもあります。僕も、ネットで世界が広がった…という実感があります。現に、こうして丸毛さんと出会うこともできましたし…。今後も、きっと良い出会いが待っていることと思います。



ninepeace.jpg




月別アーカイブ(Archives)



写 真 集





おことわり

エントリー、コメント、トラックバックにつきましては、管理者の判断により削除させていただく場合があります。予めご了承ください。
Powered by Movable Type 4.22-ja





copyright © 2004-2019 masa