日本海の遠い水平線

| コメント(2)

長らくお休みさせていただきました。郷里の山口に滞在していました。お盆の間、家を開けて弔問客を待つのが主な役目だったため、観光などはとてもできませんでした。それでも、お盆が終わる16日の夕方、少し早めに門を閉じて、日置[へき]町という所にある千畳敷という、見晴らしの良い高台に行ってみました。小高くなった岬の頂上がスパッと削られたように平らになっていて、左右300°くらいを見渡すことができます。生憎、雲が多く、雨が降ってもおかしくないような夕方でしたが、目の前が大きく開け広大な空に取り囲まれた感覚に、ちょっと感動を覚えました。四六時中パソコンの画面ばかり見ている目が、どう焦点を合わせて良いのか戸惑ってしまうのではないか、と思うほどです。水平線を見たのは久しぶりです。長らく、遠くを見るということを忘れていたようです。

【追伸】今日(18日)に東京に戻りました。

コメント(2)

masaお帰り〜!
うーん、なかなか幻想的だね、僕も以前福岡に住んでたとき一度だけですが萩に行った事があります。日置町って萩よりもちょっと手前(下関寄り)でしたよね?日本海は太平洋側で育った僕にとっては馴染みがあまりないのですが海がとても綺麗ですよね。あと、たまにはPCのない生活も良かったのではないですか?

一足先にPC生活戻りしたおやじです。

>おやじsan
ただいま〜。正直なところ、東京に戻るとほっとしたりしてます。山口滞在中は、近所の人があれこれ頼み事に来たりして、ちっともゆっくりできません。ただ、ネット無し生活もオツなものですね。日置町は、おっしゃるように、萩の手前です。「ヘキ」という読みにはびっくりです。来年には、長門市に組み込まれるそうです。合併がはやりですね。



ninepeace.jpg




月別アーカイブ(Archives)



Photo Gallery

写 真 集


おすすめ




おことわり

エントリー、コメント、トラックバックにつきましては、管理者の判断により削除させていただく場合があります。予めご了承ください。
Powered by Movable Type 4.22-ja





copyright © 2004-2016 masa