神保町の新旧合体ロボ?

建物が密集している区画で、ある建物が取り壊され、その隣りの建物の裏面や側面が突然に衆人の目を浴びることになる場合があります。どんな建物でも、裏面や側面というものは一様に汚れています。ところが、時に、前面よりも裏面のほうがすっきりと見える例もあります。その実例がここなのですが、風雨に洗い流されたせいか、汚れた感じはなく、可動中の機械のような印象さえあります。このカットでは、後方に最新鋭の高層ビル(三井ビル)の先端がのぞいていて、通常は「汚 vs 美」を対比するような写真になるのですが、そうは見えません。誰がデザインしたわけでもなく、必要を最小限の予算で実現しただけのこのトタン細工の町屋、後方のビルと互角に渡り合い、そればかりか、いまにも合体して動きだしそうな、ちょっと不思議な風景をつくり出しています。

【場所】千代田区神田神保町1丁目あたりです。
【余談】実はこの古書店の裏側です。



ninepeace.jpg




月別アーカイブ(Archives)



写 真 集





おことわり

エントリー、コメント、トラックバックにつきましては、管理者の判断により削除させていただく場合があります。予めご了承ください。
Powered by Movable Type 4.22-ja





copyright © 2004-2019 masa