水道橋の古い古書店

| コメント(2) | トラックバック(1)

僕が毎日訪問するブログサイトのひとつに www.shigeo.net があります。昨日、そのサイトにお邪魔してみると、「ブログの力」という本が紹介されていました。なんだか良さそうです。というわけで、今日は、気分転換をかねて、その本を買いに、水道橋の旭屋書店まで行ってきました。
旭屋書店の道を挟んで反対側は、最近、日大の高層ビルが完成し、まわりの店も小ぎれいになり、随分様変わりしました。が、その日大校舎のすぐ隣りに、有文堂書店という古い小さな古書店が残っています。昔は、古書店や洋品店、飲食店などがずらりと並んだ商店街に溶け込み、さほど目立つ存在ではなかったこの書店ですが、今日、道の反対側に立って見ると、それが周囲の建物からあぶり出されたかのように目立っています。あらためて視線を水道橋駅から神保町交差点のほうまで走らせてみると、戦後建てられたこの手の建物は、もうこの古書店だけになってしまったようです。こちらのご主人、一見とっつきが悪いのですが、実は好人物で、表情を崩しながら縁台感覚で、神保町界隈をはじめ、浅草や後楽園球場あたりの貴重な昔話をしてくれます。ここは、古書店であると同時に古話店でもあるようです。

【場所】千代田区三崎町2丁目あたりです。
【追記】www.shigeo.netの画面が、「ブログの力」のなかで紹介されていました。こうして両方を見比べるというのは妙な感覚ですね。
【追記-04/11/11_15:30】仕事の合間にちょっと自分のサイトを覗いてみると、トラックバックされています。それを遡ってみると、あれ〜、そこはwww.shigeo.netではなく、「ブログの力」サイトのようです。こうなると、誰がどうしたのか、かなり混乱してきます。と、こんなとき、その絡んだ糸をほぐしてくれるのが「ブログの力」。(>Shigeoさん、サイトの紹介までしていただき、ありがとうございます)

トラックバック(1)

����賢�х換篁�������������shigeo's weblog�������若�泣�惹�����紊������� 続きを読む

コメント(2)

早速、サイトも見ました。masaさんも紹介されていますね「Kai-Wai 散策」。

>カークさん
コメントありがとうございます。
本を購入して、その本のサイトで、その著編者の方と、すぐにやりとりできるというのはダイナミックですね。ほんと時代が変わったな〜と実感です。紹介までしていただいて恐縮してるとこです。



ninepeace.jpg




月別アーカイブ(Archives)



写 真 集





おことわり

エントリー、コメント、トラックバックにつきましては、管理者の判断により削除させていただく場合があります。予めご了承ください。
Powered by Movable Type 4.22-ja





copyright © 2004-2019 masa