駿河台の南風荘

| コメント(2)

この建物、ユニークと言いますか、かなり変わってますよね。看板があって「麻雀 南風荘」と書いてあります。ずいぶん変わった麻雀荘もあるもんだ、と思いながらこの写真を撮っていました。この場所ですが、住所で言うと駿河台です。が、感覚的には、小川町からお茶の水に向かう途中、むしろ淡路町といったところです。
その後、この近所で、縁台代わりに椅子を外に出し、そこで夕涼みしている旦那を見かけ、その方に、この家について尋ねてみました。それによると、看板こそ残っていますが、いまは麻雀荘としての営業は終え、住居として使用されているということでした。もう、この隣りも背後も向かいも、新しい高層ビルです。そしてこの姿ですから、高低差も感覚的落差も大きく、初めて目にしたときは唖然としてしまいます。でも、どこをどう見ても「こうなったのには理由がある」という造りに思え、見ていて飽きません。実に味があります。そして、ここにはもう一つ不思議があります。左に見える「く」の字に曲がった木ですが、どうやら、家の中から生えているようなんです。

【場所】千代田区神田 駿河台3丁目あたりです。

コメント(2)

おひさしぶりです。
この建物、僕も、随分気になっていたんですよ。
本当に、雀荘しているのかどうかとか、いろいろ。
今日、積年の疑問も解決されました!

>bardさん、
いや〜お久しぶりです!とは言っても、bardさんのblogは毎日密かに読ませていただいてます。今はツアー中ですよね。
ところで、この建物を知ってる人が居るとは、やはり世間は広いですね。この家のオウナーさんは近所で飲食店をなさっていて、その親族の方がここにお住まいになっているそうですよ。



ninepeace.jpg




月別アーカイブ(Archives)



写 真 集





おことわり

エントリー、コメント、トラックバックにつきましては、管理者の判断により削除させていただく場合があります。予めご了承ください。
Powered by Movable Type 4.22-ja





copyright © 2004-2019 masa