銀座の秋風景

| コメント(4)

そろそろ年賀状が気になりはじめる時期です。谷中のいせ辰やからからあたりに行けば、気の利いた賀状があるのでしょうが、きっとお値段が張るでしょうし、カメラ片手に谷中に行くと、賀状どころではなくなり、結局手ぶらで帰ってきちゃいそうです。というわけで、銀座の伊東屋に行ってきました。
日比谷駅で降りて、マリオンの近くを歩いていると、銀座にしては珍しく(珍しくもないのかな?)「やきいも〜」の声が聞こえてきます。その声の方に目をやると、モクモクと白い煙が上がっているのが見えます。リヤカーを引いた結構昔ながらの焼芋屋さんです。早速あとを追い、晴海通りが見え始めたところで撮ったのがこの写真です。
煙っていつもモクモク上がっているわけじゃないんですね。ですが、このときも薄い煙は出ているので、リヤカー周辺がなんとなくもやって見えます。そこに逆光の太陽の直射です。そのもやった空気感と焼芋屋さんのシルエットが絡むと、今日の銀座で撮った写真なのに、昭和の中頃か?って雰囲気を感じるんですが…。

【場所】千代田区有楽町2丁目あたりです。
【追記】焼芋屋さんのPAに関する面白いトラックバック風記事がありました。

コメント(4)

谷中の秋風景をみてから銀座の秋風景を見たら衰えた目のせいか、ニューヨークかと見まごうほどでした againstと焼き芋屋ってめちゃピッタリだよね

別カットで「まんまニューヨークの焼芋屋」って感じのも撮れてる。別の機会にアップしようかな?

でしょ〜? 何だかNYって言っちまっても良い感じ〜!ビルがそうさせるのかな

逆光で全体的にシルエットになって、東京の要素がかなり隠されたせいかな?



ninepeace.jpg




月別アーカイブ(Archives)



写 真 集





おことわり

エントリー、コメント、トラックバックにつきましては、管理者の判断により削除させていただく場合があります。予めご了承ください。
Powered by Movable Type 4.22-ja





copyright © 2004-2019 masa