秋葉原の再開発野原

| コメント(6)

この風景、左右に建築中の巨大な高層ビルが写り込んでいるのに、なんとなく昔っぽくありませんか。そして、被災した後の復興作業が行われているようにも見えませんか。現在ではほとんど目にすることのない土の広い道路が、特に、そう感じさせるのだと思います。そして、今日の光の具合がそれを助長しているようです。クリアなんですが、なんとなくリアリティが感じられません。
スマトラ沖地震津波や日本各地の台風被害、今日もまた新潟を揺らした中越地震。ブッシュ政権のイラク攻撃。そんな大規模な被害をもたらした天災や人災の恐ろしさと憂鬱を目にしつづけた2004年。この風景を目にしたときに、もしも、ここがテロ攻撃や自然災害の痕だったら…と、しばし考えさせられてしまいました。この駅を通過する人の多くは、自分を含め、そんなことを想像する筋肉さえ退化しているようです。いまや想像筋を鍛えるジムなんてのが必要なのかも?ですね(^^;
ということで、今日はちょっと憂鬱なエントリーになっちゃいました。お口直しに、アキバの夜を散策するワンコの風景をどうぞ。

【場所】千代田区神田花岡町あたりです。

コメント(6)

想像筋を鍛えるジム 素敵な表現ですね 確かにそうですね〜 秋葉原ってこんなんなってるんですね〜 今度見に行ってみようかな〜 青春時代にtimetrip

>kenさん
そのときは連絡してください。
これでもかって位に変貌してますが、キッタネー部分もまだまだ頑張って残ってますから、十分にtimetripできると思いますよ。ただ、山手線の反対側になるので、kenさんちからは遠いですよね〜。

そういえば国鉄の駅が難しくて何度も間違えて、家に帰るはずが日暮里だ、赤羽だって青くなっていたっすよ

>kenさん
最近、アキバの駅構内も変わったよ〜。立派で広くなって、すっかりIT都市の駅ってツラしてる。

小さかった頃、「あきはばら」が言えなくて「あきばはら」って言ってました(恥)

でも、今やアキバなんでアキバはらの僕が正しかったのかも(笑)

>おやじsan
アキバはら、アキハばら、ともに正しい気がする(^^;
ともかく、アキバという呼びかたは完全に定着してますよね。



ninepeace.jpg




月別アーカイブ(Archives)



写 真 集





おことわり

エントリー、コメント、トラックバックにつきましては、管理者の判断により削除させていただく場合があります。予めご了承ください。
Powered by Movable Type 4.22-ja





copyright © 2004-2019 masa