可口飯店のバクテーハウス

| コメント(6)




Dragon_Tipsのカークさんと銀座で待ち合わせて、バクテーハウスで夕食をしてきました。もちろん昨日入手したばかりの手ブレ補正レンズ付きキヤノン20Dを持参です。
実は、初めてここで食事をしてから、今日で4回目。その度に店内の写真を撮らせていただいたりしてるので、もうお店のスタッフの方々にも顔を憶えられてしまい、「あ、また来た」という感じです(^^;

こちらのお店のスタッフの皆さんは本当に感じの良い方ばかりです。店長さんともちょっとだけお話しましたが、じゃらん堂さんのブログ国際湘南村じゃらんをご覧になったそうで、「写真ならどうぞお撮りください」と、実にさっぱりしていながら友好的。こちらが恐縮してしまいました。
そのご厚意に甘えて、またも2階と3階にもあがらせていただいたのですが、僕が上の階にあがってしばらくすると、女性スタッフが追っかけてきて、「電気灯けましょうか?」という気の配りよう。これも店長の采配と女性スタッフの機転。こういうのって嬉しいですね〜。頭が下がります。バクテーだけでなく、すっかりコカレストランのファンにもなってしまいました。
というわけで、「神様 & 手ブレ補正20D様、何とか良い写真を撮らせて!」と願いながら、僕なりに一生懸命撮ってきました。とりあえず、手ブレはしてません(^^; いかがなものでしょうか? 被写体にパワーが在るため、力及ばずって感は否めませんが...。

【場所】千代田区有楽町2丁目あたりです。
【余談1】店長さんによれば、「ブログでのバクテー盛り上がりについては、上司に伝えてある」とのことでした。バクテーハウスの移転存続を願いたいですね。
【余談2】今日のロングライスは、特に、焚き加減も抜群で甘味があり、最高でした。今日もまた大満足です。最後になりましたが、カークさん、お付き合いいただき、ありがとうございました。とても楽しい時間を過ごすことができました。
【追記】関連エントリー:可口飯店のネオンサイン / 可口飯店の窓から
【追記】12月31日:馬鹿と言われるかもしれませんが、最終日の大晦日にも行ってしまいました。今年の年越しは蕎麦ではなくバクテーになりました。

コメント(6)

はじめまして、じゃらん堂さんの掲示板から飛んで来ました。
写真とても綺麗ですね、ため息をつくのはこちらのほうです。
バクテーハウス、今日最後の日ですね。うーん、惜しい・・・
ってことで、もう一度行って来ます(笑)。

ご案内いただきありがとうございました。
美味しいバクテーにすっかり満足し、また、もう飾りもかなり外さていたけど、
居心地のよい雰囲気のインテリアにしばしうっとりしていました。
ちょっとお姿が見えないと思ったら、いい写真を沢山撮っていたのですね。
やっぱり手ブレ補正レンズの威力もすごいけど、masaさんのルポ魂を垣間見ましたよ。

>こうきsan
あの秋谷日記のこうきsanからコメントをいただけるなんて思ってもいませんでした。ありがとうございます。

>もう一度行って来ます(笑)
ははは、でも、そのお気持ちよ〜く理解できます。あの空間で食すあのバクテーは、ほんとに気分が良いですものね。僕も、うちからは近いので、年越しバクテーしようかな?と、真剣に考えています(笑)

秋谷日記で見せていただいた、美しい海辺のサンセットを背景に、赤いモーガンのフェンダーから顔をのぞかせているジップ君の写真が、これでもか!というくらいに目に焼き付いています。これからも拝見させていただきますので、どうぞよろしくお願いいたします。

>カークさん
お忙しいなか、お時間を割いてお付き合いいただき、ほんとに有難うございました。楽しかったな〜(^^)
カークさんもお撮りになりたかったに違いないのに、僕に題材を譲ってくださったも同然。かえって申し訳なく思っています。D100でのバクテーハウスやケテルが、kaoru photoにアップされるのを楽しみにしてます。

先日お会いした時に、「秋葉原の再開発の頃から・・・」とお話しましたが、
それと、印象深かったのはこのエントリー。
なんか、スウハにつながる流れがありますね。
MTで新ブログ立ち上げました!
これからはストーカーではなく、堂々と追っかけさせていただきます。

>J16さん
こばんわ〜。コメントをありがとうございます。なんだか、僕と周りにいる人たちが惹かれる建物って、どんどん取り壊されていきます。
ところで、今度は、いわゆる散歩タイプブログなんですね! お仲間が増えました。これからも是非、よろしくお願いいたします。



ninepeace.jpg




月別アーカイブ(Archives)



写 真 集





おことわり

エントリー、コメント、トラックバックにつきましては、管理者の判断により削除させていただく場合があります。予めご了承ください。
Powered by Movable Type 4.22-ja





copyright © 2004-2019 masa