向ヶ丘の朽家

| コメント(3)

朽家なんて言葉が有るのかどうか知りませんが、この家には、なんとなくぴったりくるような気がして、造語してしまいました。あっても良さそうな言葉ですね(広辞苑にはありませんでした)。
ここは向ヶ丘。以前は、駒込東片町と呼ばれていた所です。この家は、廃屋のように見えますが、まだ現役です。反対側から見ると、洗濯物が干してあったりします。そちらは波形トタンに覆われ、見た目にも、もっとしっかりして見えます。
しかし、この裏側はすごいことになってます。でも、やはり現役なんでしょうか、よく観るとタテヨコの線がしっかり通っています。傷みはすごいんですが、どこか端正(この語は適当ではないですね(^^;)なところが感じられるんですね。そこが気に入った主な理由です。
僕は、ここから歩いて数分の所の長らく住んでいましたが、この家については、はっきりした記憶はなく、「そう言えば在ったな〜」という感じ。町についての記憶なんていい加減ですね。ま、町にかぎらず、僕の記憶がいい加減だってだけかもです(^^;

【場所】文京区向ヶ丘1丁目あたりです。

コメント(3)

何だ〜〜 この面だけ見るとすっげ〜事になってますね 大丈夫なんですかね?

えーっ!現役ですか?!注意ってこのことなんだ。

>kenさん
お返事が遅れ、たいへん申し訳ありませんでした。すんごいでしょう、ここ。でも、表側はこんなにスゴクはありません。おそらく、裏側の部屋は使っていらっしゃらないのかも?ですね。

>カークさん
「注意」って、そのことでしたか〜(^^; でも、矢印の方向が違いますよね。こんど、赤のサインペンを持ってって、方向を直しておきますね(^^;



ninepeace.jpg




月別アーカイブ(Archives)



Photo Gallery

写 真 集


おすすめ




おことわり

エントリー、コメント、トラックバックにつきましては、管理者の判断により削除させていただく場合があります。予めご了承ください。
Powered by Movable Type 4.22-ja





copyright © 2004-2017 masa