神田祭 2005

| コメント(7) | トラックバック(1)



目が覚めるなり、神田明神のお祭りが気になります。ソワソワ。ま、とにかく落ち着きません。でも、昼過ぎになると急に雲行きが怪しくなり、突然雷鳴とともにザーザーと雨が降り始めました。これで諦めがつきました。「神田明神のお祭りは来年もあるし」と。しかし、その雷鳴も雨もあっという間にあがり、今度はきれいな太陽の光がサンサンです。またもソワソワ。で、ついに堪えきれず、カメラ抱えて家を出ました。
すでに夕方の暗くなりかけた頃でしたから、お祭りの様子はほんの一部しか見られませんでしたが、神田明神に着いたとたんに、江戸神社の御輿の宮入です。これは千貫御輿と呼ばれているようで、さすがに大きいです。そして人出もさすがに天下祭りの名に恥じません。すごい。もう写真を撮ろうにも、人の波に飲み込まれ、その波に押し流されるしかありません。
見回すと、祭りを撮り慣れたカメラマンも多く、その人達は脚立を立てる場所を確保し、機材面でも準備万端という感じで、人の波のうえから御輿を狙っています。祭りの進行も頭に入っている感じです。これじゃかないっこありません。ですが、次々と御輿が宮入してきます。
そこで、定番ショットは諦め、ワッショイの声から遠ざかりました。すると、神社の裏手では、宮入を終えた江戸神社の大きな御輿を蔵に入れる作業が行なわれていました。これが、御輿が大きく重いだけに大変。足場板を蔵のなかまで通し、そのうえにコロを置き、そのコロのうえに御輿を降ろし、ゆっくりと押していきます。が、蔵はそう大きく造られてはいないので、大人十数人がかりでも大変な作業です。左の写真は、その作業を仕切っていた頭の手が千貫御輿を支えているところです。なんだか、こういう組み合わせにはシビレます。
右2点の写真は、最後に宮入した甘酒で有名な天野屋さんの御輿が蔵に戻るときの様子です。このときは、なぜか運良く、御輿の近くに寄ることができました。

■神田明神のホームページです。
神田祭ブログなんてものができてました。さすがにブログの時代(^^;

【場所】千代田区外神田2丁目あたりです。

トラックバック(1)

漂泊のブロガー - 今日はお祭り (2005年5月16日 02:51)

ねぎま鍋で有名な「よし梅」のある路地。この店は営業していたが 小さい食べ物屋さんは店を閉めてお祭りに専念しちゃうのだ。 続きを読む

コメント(7)

masaさん こんにちは。 左の写真 男性の手首の刺青が 濃いいですねえ。 血が騒ぐ
血が騒ぐ 血が騒ぐ。 masaさんのハートのどくどく音も しっかりと伝わってまいります!

>いのうえsan
あら、こんな時間に…。夜更かしなさってますね(^^; 左の写真、部品が良いでしょう(^^; これが象徴するように、やはり神田は、荒々しいくらいに威勢が良いですね。が、この頭は、墨は入っているものの、太っ腹だろうな〜という感じの、落ち着いた穏和そうな方でした。しかし、確かに血は騒ぎます。

朝起きてからこのエントリーを見て、良かった! 寝る前に見たら、もう寝られなくなっていた所でしたよ。
祭のエネルギー、すごいですね。masaさんの文章からもひしひしと伝わってきます。
「富士山に肩をならべる甘酒屋」の方にも俄然興味あり。

あ、そうか。神田明神のお祭りなんだ!
先週、神田を歩いているとき、御輿出して点検してるのを目撃しました。準備だったんですね〜。

>じゃらん堂さん
さすがに神田明神の祭りでした。ノリ遅れ気味ではありましたが、現場に身を置くとやはり興奮します。
このザ・甘酒屋さん、氏子の寄進で造るのも大変だという時代に、独自で御輿を造ったようですね。富士山を抜いてるかも?ですよ(^^;

>cicerone さん
そうそう、天下の神田祭りだったんですよ。有名な祭りだけあって、ショーアップされてはいますが、やはり壮観で、ヤラれてしまいます。根岸もお祭りだったと思います。ローカル色が濃そうで、気になってたのですが、行く時間がありませんでした。

masaさん ご無沙汰です、拝見してます
ところで、数年前自由が丘の「渓水会」というメンバーに入れてもらい、岩本町2丁目の町会の御輿を担がせてもらいました。宮入をさせてもらい、御輿を高々と頭上にあげたときの何とも言えない感動を覚えています。ラグビーとか御輿とか、どうもそのようなものが好きです。

>shinさん
コメントをありがとうございますm(__)m (以前、目白で…とお書きになっていましたが、あれはカフェ杏奴のことだったのですね。後になってピンときました)
御輿は、普段は「良いな〜」と思う程度ですが、祭りの場に行き、間近で見ていますと、興奮とともに(やはり血が騒ぐのでしょうか…)「担ぎたい!」と感じるものですね。祭りも、体験すると感動があり、その感動がまた興味を倍増させるという循環になりますから、この循環をもっと機能させなくては…などと思います。



ninepeace.jpg


che.jpg


月別アーカイブ(Archives)



写 真 集





おことわり

エントリー、コメント、トラックバックにつきましては、管理者の判断により削除させていただく場合があります。予めご了承ください。
Powered by Movable Type 4.22-ja





copyright © 2004-2020 masa