西荻原風景

| コメント(15)

「とりあえずのエントリー」はやめよう、と思っていたのに、その連発になっています。今日のエントリーは、昨夜、M類栖さんとコメント欄でやり取りしたことからアップすることにした、やや私信的なエントリーです。
この農家(写っている建物は納屋だと思います)は、西荻窪駅と青梅街道の中間あたりにありました。静かな住宅街のど真ん中です。この手前は、砂利を敷いた駐車場になっていましたが、いかにも、この農家の地所を、相続のために切り離したという感じでした。この左隣りには大正十五年に竣工したことを刻んだ立派な蔵も残っていて、昔の栄えた農家であることをうかがわせました。
ここは、この辺りの原風景(定義曖昧です)かな?と思いながら写真に撮っていました。中央線が開通するまでは、この辺りにはこうした農家が点在していたのではないかと想像しますが、中央線の発達がそうした存在を許さなくなったのでしょうね。

【場所】杉並区西荻窪あたりです。

コメント(15)

ここははまりましたね。

大正15年というと大震災が12年ですから都心から郊外に流れ込んだ庶民が多く、13年にはこの辺も村から町に変わり大正9年から14年には人工は3.64倍に膨れあがったそうです。その頃流行したのが洋間のある文化住宅だそうです。(「『昭和二十』年東京地図」:西井一夫著平嶋彰彦写真)
当にバブルの頃だったのでしょう。

ところで、「たのしい中央線」読み返してみましたらあの「ニヒル牛」が特集されていましたよ。この本の取材力と中身の濃さに改めて関心しちゃいました。

>カークさん
おお、推移をチェックしていただき、ありがとうございます。こういうことを自分でチェックしてからエントリーすべきなんですよね〜ほんとは…。頼りっぱなしでスミマセン。
いまちょっと中央線でgoogleしてみましたら、中央線って、呼称は違えど、明治の中頃からごちゃごちゃと計画や部分敷設などが始まってるんですね。マニアも多いようで、「たのしい中央線」出版という企画が持ち上がるワケですね。
カークさんに先導されて、知らない世界を垣間見た感じですよ。しかし、深そうですね(^^;

中央線はもともと甲武鉄道という民間鉄道を国が買い取ったものです。起点が飯田町(今のホテル・メトロポリタンの辺り)で終点は最初は八王子だったけどまもなく甲府まで開通したかと思います。昔の路線図だと駅は新宿→中野→境→国分寺→立川→日野→八王子だったかと思います。

ほんとは甲州街道に沿って線路を敷きたかった筈ですが(甲州街道沿いに人家が発達してたので)公害問題で(蒸気機関車の噴煙)反対運動が起き人家のまばらな現在の中央線付近にしたと聞きます。ま、新幹線みたいな存在だったんでしょうが中野の次が武蔵境というのは誰も住んでなかった事を物語ってますね。

でも大正時代に入ると急速に駅が増えて発展し始めたことが伺えます。http://www.jreast.co.jp/hachioji/chuousen/history/open.html

ご無沙汰〜
え、西荻のあたりまで界隈散策広がったんですか でも段々近くなって何となく話題について行けるかも このあたりは密集した住宅地かと思えばこういったところも未だあるんですよね〜

>おやじsan
いや〜情報をありがとうございます。何も知らずに「知ってる人がエントリーする」ようなエントリーをしてしまって、なんだかな〜状態です。でも、お店主体に見るのも面白いですが、それも、この辺りの歴史・地理などと絡めて見ていくほうが、より興味深いですね。とにかく感謝です。

>kenさん
いや〜忙しさにかまけてご無沙汰してます。しかし、吉祥寺近くの話題で、おやじsanの次にkenさんの名前が…。同窓会みたいになっちゃいましたね。この辺りって、今回(カークさんの発案に乗っけてもらい)歩いてみて非常に興味を感じましたが、なんせウチからは遠いので(実際にはそう遠くもないんですけどね(^^;)、そうそう足を伸ばせません。しかし、この風景にはびっくりしました。

こんにちはぁ。
西荻特集(?)、興味深く拝見してます。中央線て、ディープな街から武蔵野の自然豊かな街まで、個性的な所が多いですよね〜。
さてこの写真、そっくりの光景が、小さい頃住んでいた家の傍にありました(西荻じゃないですが)。空家だったので、そこを基地にして遊んでいたのですが、懐かしいような恥ずかしいような、色んな記憶が甦りました。

>cicerone さん
こんにちわ〜、コメントをありがとうございます。日本人って、年代や住んだ場所にもよるのでしょうが、多かれ少なかれ、これに似た風景を記憶のどこかに留めているような気がします。僕も、ここを見て、驚きと同時に、懐かしさを覚えましたから…。しかし中央線沿線は、地理的な拡がりがあって、カバーしようと思ったら大変そうですね。僕は、近所に留まります(^^; 仕事が終わったら、「霜降・染井・西ヶ原銀座」を歩いてみたいと思っています。

昨日から谷中在住者になってます(^_^)
しかし三鷹に住んでたとき、たま〜に自転車で西荻まで行くことありました。
ひょっとするとこの光景も見てるのかもしれませんが、気付いてはないな〜。
と言いますか、まだチャリでそのあたりを彷徨いていた20年前くらいはまだこうした家がところどころに点在してたような気もします。だからそんなに珍しいものを見る目で見てなかったと言いますか、、ま、それ以前にそんな中学くらいのガキんちょのころに懐かしいだとかなんだとか思える精神性はそもそも持ち合わせていなかったんですが(^^;)
しかし、家の前にひょこっひょこっと生えてる木(草?)が何とも写真をユーモアある感じに見せてくれますね。

>m-louisさん
「谷中在住」「谷中の住人」って響き、良いですね〜。その点では、お祖父様の感覚を超えられたかも?ですね(^^;
いかにも「コメントください」という書き出しで、申し訳ありませんでした。
この家(納屋)に特定すれば、手前が駐車場になる前は、そこに木もあり門らしきものもありで、人目にはつかなかったのだと思います。手前が駐車場になって初めて露出したわけでしょうから、ご近所の方ですら「目にしたのは最近」なんじゃないでしょうか。ですから、 m-louis さんがこの家のご記憶がないのは自然のように思います。ま、こんな事に興味を覚えるようになるのは、僕も、いい歳になってからでした。m-louis さんは早熟ですよね(^^; いや、もしや、僕が遅れてるだけ?(^^;

masaさん こんにちは! 西荻窪・吉祥寺にはいとこの「N」が家族と広い一軒家に住んでいてこちらも家族で良く遊びに行きました。 ある日一人で行った日に ステレオの前に座らされ 青葉音楽を 数時間ぶっとおしで耳鳴りがするほど聴かされたのが良くなかったですね。
それがトラウマとなって そのジャンルおよび周辺の音楽を聴かなくなってしまいました。
しかし masaさんに正しく導かれ 今では ジェリーにぞっこんの毎日でボックスセットを繰り返し聴いています。 コンプリメンツではラリー・カールトンも共演してるんですね・・・ ってすいません 貴エントリーから離れちゃいましたあ。 

>いのうえsan
N氏がこの辺りにお住まいだったんですか。青葉音楽系の人は、とにかく青葉命って感じになりやすいんですよね〜(^^; でもN氏はかなり幅広く音楽を聴く人でしたけど…。しかし、青葉5時間はキツイですね(^^;
ガルシアさんの音って、なんだか、AKiさんのバラック定義に当てはまる音のような気がするんですよ。しかし、お仲間が増えて嬉しいです。
ところで、コンプリメンツですが、LP発売当時はプレイヤーのクレジットが無く、CDになってやっと記載されたという経緯があります。ちょうどグレイトフル・デッドが活動を休止していた時期で、ガルシアにも、あれこれと迷いがあったり、新たなアイデアを模索していた時期のようでして、固定的メンバー以外の人を迎えたようです。オリジナル以外の曲ばかり演っているのも、このアルバムの特徴ですね。ガルシアの浮遊するクリアなギターの音色って良いですよね〜。って益々脱線しましたね(^^;

masaさん
ご無沙汰してます。この写真だけに対するコメントってわけでもないんですが、「とりあえずのエントリー」、やめることはないんじゃないんですか?  「とりあえず」といいながら、 「とりあえず」ではない写真よりいい感じの場合もありますぜ。それに、ここまで365日営業してんだから、休業するのはもったいない。継続はちから也ッス!

>日和見生活者さん
こんにちわ〜、こちらこそご無沙汰してます。
継続は力だけと、惰性に陥る。が、惰性でも継続は難しい。よって、やはり継続は力だ、などと思うわけですが、そこに焦点が行き過ぎるのもな〜という感じで、26日に、更新を見逃し三振しました。連続に焦点が行き過ぎてはダメだという、ガルシアさんのお告げがあったもので(^^;

とりあえすのエントリー連続のnakamimiです。
コメントありがとうございました。
きちんとした投稿ばかりで、コメントする隙をさがしていました。
古い投稿にコメントしてごめんなさい。
一日も抜けていないと、そればかりが気になって「とりあえずのエントリー」わかります。
でも、面白いことに、自分で気が抜けてエントリーしたものに、楽しい、うれしいコメントがついたりしませんか?
それも、ブログかなと思っています。
無理に続けることはないけれど、自分にその気があるうちは、とりあえずもありかと思っています。
勝手に書いてるだけなんですもの。
といいながら、見てくださる方を意識はしますが。
ワタクシもまた覗かせていただきますね。
とってもうれしいコメントでした。

>nakamimiさん
こちらを訪ねてくださったんですね。そして、コメントまで、ありがとうございます。nakamimiさんのブログは、連続更新ブログの代表格or筆頭ですが、実は、先日「今日はお休みです」というエントリーがあったのを見て、なんだか僕も肩の力が抜け、楽になりました。
確かに、自分で「これは」と思うエントリーに反応がなかったり、いろいろですね。こればかりはまだ把握できません。が、まあ、そんなことを探るよりも、好きにアップするパワーをつけて行くことの方が大切なんでしょうね。これからも、どうぞよろしくお願いいたします。
重ねて、コメントをありがとうございました。



ninepeace.jpg




月別アーカイブ(Archives)



Photo Gallery

写 真 集


おすすめ




おことわり

エントリー、コメント、トラックバックにつきましては、管理者の判断により削除させていただく場合があります。予めご了承ください。
Powered by Movable Type 4.22-ja





copyright © 2004-2016 masa