西荻亜細亜景

| コメント(5)

ここは、西荻窪駅南口のすぐそばにある飲屋街です。全体が、かなり古そうなバラックの集合体です。さほど広くはない場所にお店が密集しているため、ごちゃごちゃとしていて、アジアな雰囲気が色濃く漂っています。
ここでは、戎(えびす)という焼き鳥屋さんと、このハンサム食堂というお店の二大勢力の戦い(^^;になっているようで、この2店が、その一画のあちこちに看板を出していました。
焼き鳥屋さんのほうは、どこにでもあるタイプで、お店は煤けて暗色一色。あまり目に面白くは映りません (きっと安くて美味しいのでしょう)。が、このタイレストランであるハンサム食堂のほうは、いかにも南の国という色彩と図柄が氾濫していて、見ていて面白く、一度はここで食べてみたい気にもさせられます。
西荻というと、古風な喫茶店や古書店などの存在は想像できていましたが、まさか、こんなアジアに出会おうとは思ってもいませんでした。しかし、こうもアジアになるには、なるだけの理由があろうと思うのですが…。

【場所】杉並区西荻窪あたりです。

コメント(5)

段々近づいてきた〜 このへんはこのごろ行ったこと無いのですがそんなにアジアに? 自分の知ってる範囲では暗い裏の横町って記憶があるんです バス通りに面したこけしやってまだあるのかな〜

西荻シリーズ楽しみに読ませて(見させて?)ももらっています。
西荻原景、西荻原風景、西荻残日景と続いたから次はなにかなと期待してましたら、なんと今回の亜細亜景! 怪しげで楽しげで、本当に今度は夜いきたいですね。
あっ、また僕は食べる方ばかり、masaさんの土俗を探るというかルポ魂にはいつも勉強させられます(はい)。この辺がブログにも性格が現れて(汗、汗、汗)。

戎は「えびす」と読むのですか。カイじゃないし、、、

>kenさん
うん、なんとなく、アジアの屋台が寄り集まって、それを改築して長屋にしてしまったような雰囲気でしたよ。夕方以降、ここにどんな人種が集まるのか、かなり興味を感じましたね〜。こけしやってのは気づかなかったな〜。

>カークさん
シリーズといいますか、今は西荻預金で食いつなぐ以外にないといいますか(^^; トホホなんです。でも、ほんとにここの夕方以降の雰囲気を見てみたいですね。か〜なり凄そうですよね〜。
僕は、なんとなく、こんな感じの散歩になっちゃいますね。カークさんのような、繊細な壊れ物のような情感を捉える写真は、僕には撮れません。僕の場合、ただ撮れてるってところがあって(^^;(^^;(^^;デスよ。
「戎」はですね、この店、北口にもお店があったじゃないですか、そのテントにふりがなしてあったんです(^^;

masaさん 僕、ただ撮っているだけ、、、ですよ。夢中にはなっていますが。
同じところに行っていてそれぞれ視点が違う、、、やっぱり面白いですよね。

>カークさん
あまり小難しいことは言いたくありませんが、「ただ撮っているだけ」って大切なような…。それで写れば良いわけで…。というか、本来それしかないような気がします。その人の持ち味っていうのでしょうか。



ninepeace.jpg




月別アーカイブ(Archives)



写 真 集


おすすめ




おことわり

エントリー、コメント、トラックバックにつきましては、管理者の判断により削除させていただく場合があります。予めご了承ください。
Powered by Movable Type 4.22-ja





copyright © 2004-2017 masa