西荻薔薇景

| コメント(10)

西荻窪を歩いていて気がついたことですが、あまり軒下園芸を目にしません。ま、当たり前のことかもしれませんが…。その代わり、久しぶりに生け垣を見せてもらいました。
密集し住空間が限られた下町とは異なり、畑や雑木林を、はなから住宅地として造成した町ですから、両者に違いがあるのは当然です。
僕も昔は多摩地区に住んでいましたから、生け垣なんて当たり前。特にどうとも感じませんでした。しかし、都心での生活が長くなり、歩くところもビル街か長屋路地という生活をつづけていると、緑の生け垣がつづく風景というものが、意外なほど新鮮に感じられるものです。
そして、もうひとつ「おっ」と思ったのが、この西荻には、薔薇の愛好家が多いのかな?ということでした。生け垣に薔薇という家もいくつか目にしましたし、店先に薔薇というのも目にしました。薔薇を専門にしているような園芸店まで目にしました。そこで、今日は、西荻で見つけた薔薇景色をアップします。
左の写真は、お店の造りつけプランターから生えている薔薇です。花の色が渋く、周囲も無彩色で、ちょっと侘び寂びな薔薇の世界。下の鉢植えも花物が少なく、このアレンジャーはかなりの達人とお見受けしました。右の写真はこじんまりしたテナントビルの入口ですが、壁面に這い繁ったアイビーを背景に、華やかに咲いた薔薇が、白熱灯の光でわずかに萌えています。そしてこの控え目な花の量のせいでしょうか、何とも言えない可憐さを感じさせました。
薔薇は、ややもすると、つけ過ぎた香水のように暑苦しく感じることがあるのですが、この2つの例は涼しげで、好感が持てました。しかし、そう感じるのは、日本人の感覚なんでしょうね。

【場所】杉並区西荻窪あたりです。

コメント(10)

どーもです。
薔薇のシーズンですものね。お散歩中に目を楽しませてもらってます。先日、荒川線に乗ったのですが(すぐにアップ予定)、荒川線沿いもずーっと薔薇でした。
薔薇って、華やかなのから可憐なのまで色々あって、やっぱり、お花の女王と思います。

> ciceroneさん
お返事が遅れました〜。すみませんでした。実は、浅草に行ってました。江戸火消大集合があったもので…。ciceroneさんも、古川庭園や日比谷公園など、あちこちの薔薇を撮った写真をアップしてらっしゃいましたね。確かに豪華な花ですね。荒川線の薔薇、確か今日の朝日新聞でも触れてました。そんなに知られた存在とは、ついぞ知りませんでした(^^; では、これからciceroneさんのブログをお訪ねしてま〜す。

はじめまして、いつも楽しく拝見しています。
きれいな写真ですね。街中で緑は、本当にほっとします。
最近のガーデニングはやりで、こってつくっている人も多いですが、個人的には写真にあるようなシンプルなものが好きです。

>Suzyさん
初めまして。そしてコメントまで、ありがとうございます。街中ばかり歩いていると、いつの間にか緑や花に囲まれる感覚を忘れてしまいますが、緑・花に囲まれてみると、「あ、そうだった」と思い出すような有様です。特に最近、東大キャンパスを歩いたときに、そんな感覚に陥りました。
僕もガーデニングには興味がり、「一見渋く、よく観ると豪華」ってのが好きなんですが、それは達人の世界のようで、現実にはゼラニューム一色(^^;の世界になってます。
これからもよろしくお願いいたします。
PS:折角ですから、本文の「生け垣にも薔薇」の部分に、その写真をアップしておきました。よろしければご覧になってみてください。凄いです。

「生け垣に薔薇」も良いですね。どうもあたくし沢山あるのが好きみたいです。

>カートさん
こちらのお宅は凄まじかったです。「たくさん」がお好みですね(^^;

この生垣の薔薇、相当なもんです!難しいですよ薔薇育てるのは。

>おやじsan
こりゃプロの仕業かな?と思います。この写真は、一部切り取りですが、現地を観たらサンヨーの草薙君状態ですよ。

ありゃりゃ、早速、反撃にあっちゃったみたい(汗)。

>カートさん
千本ノックを逃れようと、しっしデス、はい(^^;



ninepeace.jpg




月別アーカイブ(Archives)



Photo Gallery

写 真 集


おすすめ




おことわり

エントリー、コメント、トラックバックにつきましては、管理者の判断により削除させていただく場合があります。予めご了承ください。
Powered by Movable Type 4.22-ja





copyright © 2004-2017 masa