西荻長屋風景

| コメント(11) | トラックバック(2)

昨日、蒸し風呂のような陽気(^^;のなか、カークさんと、久々の弥次喜多ツアーに出ました。場所はまたしても西荻窪。前回歩いていない、駅の南側を歩くことになりました。
駅の北側を歩いたときも、「おお、これはかなり面白い」と思ったのですが、南側も負けず劣らず。互角以上かな?という感じです。
昭和初期から戦後間もない頃に開店したという商店が軒を連ね、現役で頑張っています。ちょっと声をかけると、気さくなご店主が、気軽に昔の話や生い立ちについて話しをしてくれます。
そんなことをしているうちに、西荻に住む謎のベーシストが「西荻って村なんだ」という理由の一端が見えたような気がしてきました。[余談ですが、この日なんと、偶然にも、謎のベーシストに出会ってしまいました。縁があるのかな?]
町は少しずつ表情を変えているようですが、この町の住人の心のなかには、いまでも、西荻村が、少し疲れてはきているけれど、確かに息づいているようです。言葉を変えれば、住人の心に純朴さが残っているということでしょうか。
今日の写真は、そんな商店街の裏側に建っていた長屋風の景色です。西荻には、もう少し文化住宅風な建物しか無いものと思っていたのですが、こういう建物もあるんですね。まるで、下町です。が、長屋風と書いたように、この建物は長屋ではないようです。戸建てが密接して建っているため、長屋に似た風情が感じられる、ということのようです。
下町の二階建て長屋の多くは、二階部分が、セットバックしていたり、路地を確保するために張り出していたりするのですが(一階部分がセットバックと言うべきか?)、この建物にはそれがありませんでした。そこが、下町とはちょっと違う印象を与えているようです。

【場所】杉並区西荻南2丁目あたりです。

トラックバック(2)

また来てしまった、写真仲間のmasaさんと。 この街に何を期待しているのか、そ 続きを読む

久しぶりの撮影ツアー、写真仲間のmasaさんと急遽、西荻窪で落ち合う。 当初、予 続きを読む

コメント(11)

masaさん 弥次喜多ありがとうございました。
本当に西荻はディープですね、必死の蒸し風呂ツアー、決行して得るもの多かったです。
昭和4-5年に開業されたお店などまだまだオーナー共々現役で頑張っておられましたね、
ついつい話が弾んで寄り道多く、僕は謎のベーシストさんにお会いできるタイミングを逃しちゃいましたが。
北側に比べて少し地味ではありますが、僕はこの感じも好きです。

>カークさん
いつも、時間を割いてお付き合いいただき、本当にありがとうございます。汗かきまくりましたが、高齢の初代ご店主のお話というものが、あんなに聞けたのは収穫でしたね。西荻は、北側も南側も、引力ありますね。また是非(^^; 今日は、これから老人介護ツアーに行ってきます(^^;

「masaさんカークさんinNISHIOGI」 当地でひょっこり遭遇してみたいです!前回の謎のベーシスト(別名:masaさんの運命の人)との再会も楽しく読ませていただきました。私は西荻南在住なので、南の雰囲気が好きなのですが、彼曰く「北口方面はおしゃれな店も多く、立派な邸宅も多いので『上荻』 対する南口は寂れた商店街に、庶民的な雰囲気なので『下荻』」だそうで、毎回その発言の撤回要求をする私です。「みんな自分の町が好きだけど、西荻住人の西荻好きは本当に群を抜く」とからかわれています。

すみません、西荻エントリーに黙っていられなくなって・・・。もっぱら食い気で4年ほど前から西荻村に出没しています。西荻村というのは私も感じていて、何処へ行ってきたのか聞かれるとに「西荻村〜」と応えておりました〜。
目的は1、もぐもぐのベーコン、レバーペースト、もぐもぐスペシャル、2は夢飯の海南チキンライス、3は“WATER BLUE CAFE”のケーキ
でお茶をすることです。
「西荻大全」にいろいろ情報が載っています。
でもこのあたりの古家にははまらないようにします!・・・意思固くもってと・・・。

>gennoさん
昨日は、当然のことながら、gennoさんも話題にのぼりましたよ。しかし、僕も、『上荻』&『下荻』説支持派ですね(^^; 言い得てますよ。そして『下荻』好きになりそうな気配です。
昨日も、ハンサム食堂に「西荻が好きで西荻に越してきた」っていう若い女の子がいましたよ (主にカークさんがお話してましたが…)。僕たちも、こうして、何とはなしに惹かれて行ってしまうわけですから、魅力があるんですよね。まだ、それがはっきりとは見えていませんが、これからも通ってみようと思わされてます。
謎のベーシストは面白い気ままな男で、今回は、裏通りのタイ食堂の近くを撮っていましたら、急に背後から「masaやん」と声がかかり、振り返るとあの男。「オレが行く所ってのは大体こんなとこだから」なんて言って…。
そこで、カークさんを紹介しようと思い、彼を捜し、そのタイ食堂に戻ると、もう居ないんです。食堂店主が「もうカエタ」(^^; 電話してみると「暑くてかなわないから、水風呂浴びようと思って家に帰っちゃったのよ」です。面白い男です。でも魅力ある。近々、彼が昔製作したというCDを入手できる予定です。
gennoさんとも遭遇できたら面白いですね。村だし狭いからそのうち…ですね(^^; その節にはよろしくお願いいたします。

>aiさん
ええ、鉈屋町古屋徘徊乙女aiさんが西荻に出没なさっているなんて…。西荻って古屋好きを刺激する何かがあるんですかね(^^;
食についてはさっぱりの僕ですが、夢飯の海南チキンライスは美味いですね〜。他の2軒については、メモしておきます。情報ありがとうございます。
「西荻大全」とは何ぞや?と思い、googleするといっぱつで見つかりました。やや、古屋も掲載されてますし、これからちょっと読みふけってみます。いろいろとアリガトウございます。
あ、昨日は、やはりaiさんの話題がか〜なり出ましたよ。盛岡・東京・横浜[カークさんは横浜にお住まいです]で、古屋標本ブログ集団を結成し、それを全国ネットに育てようってことなんんですけどね(^^; でも、面白そうでしょ。って刺激してますね(^^;

>古屋標本ブログ集団を結成し、それを全国ネットに育てようってことなんんですけどね(^^;
それって夢は遠大ですね〜。最初から乗りおくれそうで、照れてしまいます。東京、横浜と続いて盛岡は規模が違いますー。でもkaiwai散策さんをみていて全国の都市でまた古家blogを作る人は出てくるかもしれません。

それにしてもカメラワークの良さには参ります。カークさんの画像も素晴らしいですね。触れないようにしておきます。機材投資が大きいので触発されないように・・・と。

>鉈屋町古屋徘徊乙女aiさんが・・・
ってこれも→鉈屋町古屋徘徊aiオバさんてことになります。でも団塊の世代ではありません、念のため!

>aiさん
はい、夢は縁台じゃなく、遠大でして(^^; いっそ「世界の古屋から・スポンサードby富士通」なんてことにならないかな、などと(^^;(^^;(^^;
でも、各地方の風俗を捉える人がネットワークを作って活動すれば、かなりなことができそうな気がします。それは今回、aiさんの鉈屋町エントリーを拝見していて感じたことです。初めて、これはできる!と思いました。でも、ま、僕のことですから、ヤルゾ!ってわけでもないんですけどね(^^;

>でも団塊の世代ではありません、念のため!
は、はい。わかりました。ではオネエサマとでも(^^;

杉並・武蔵野国境地区に在住です。
西荻、いいですよねぇ。BLOGネタには困らないエリアです。下荻にはレトロアパートたくさんあるので、それだけでもカテゴリーができます。
土着住民が多いので、かなりラフな格好で歩いても全然OKです。昼間からおおっぴらに酒が飲める雰囲気もあります。
これからも愛着を持って見守りたい街です。

>babystarさん
コメントをありがとうございます。西荻には、行くたびに惹きつけられます。夕方から西荻に入ることが多いのですが、あちこちのお店で、住人の寄り合い(^^;が始まってるんですよね。ドアを開けたままで…。町も広すぎず狭すぎずで、ほんとに良い町ですね。ウチからは行きやすいとも言えないなのですが、このところなんとなく足が向いていることがあります。今後ともよろしくお願いいたします。



ninepeace.jpg




月別アーカイブ(Archives)



Photo Gallery

写 真 集


おすすめ




おことわり

エントリー、コメント、トラックバックにつきましては、管理者の判断により削除させていただく場合があります。予めご了承ください。
Powered by Movable Type 4.22-ja





copyright © 2004-2016 masa