ブルース・ウェバー展

| コメント(51) | トラックバック(11)

今日からブルース・ウェバー展が始まりました。会期中には是非行ってみようと思っていたのですが、「今日からだな〜」と思うと、なんとなくソワソワ。実は、僕、かなりブルース・ウェバーのファンなのです。からと言って、彼について詳しく調べたりってことはゼ〜ンゼンしないんですが...。

そんなわけで、午後、行ってきました。会場は北青山のスーパー紀伊国屋の跡地駐車場の一画に、このイベントのためにわざわざ建てたというもの。う〜ぬ、さすがです。で、到着してみると、チト恐れていた行列が...。距離にして30mくらいか?という感じでした。「ま、このくらいの列ならしょうがないか」と思って並んだのですが、これが曲者でした。なんせ会場がそう広くはないため、順番待ちと言うよりも入場制限なんですね。

待つこと1時間40分ほどでようやくミュージアムに入場。やっとブルースのオリジナルプリント達とご対面です。写真のサイズは思っていたよりも控え目で、並べ方にも工夫があります。さらに、ブルース自身が、壁の隙間に、落書きのようにあれこれと書き込んでいます。かなりお洒落です。が、写真の点数はそう多くはなく、見終わるのにさほど時間はかかりません。で、これからがまた曲者です。

ドッグラン・カフェを挟んで、ミユージアムの向かい側には、ショップが併設されていて、ブルースの米国内ショップ以外では、ここでしか買えないというTシャツやグッズなどが販売されています。当然のことながら、そちらも気になります。が、今度は、そのショップに入る入場制限が待ち受けています。ミュージアム入場時に番号札を渡されるのですが、その番号を呼ばれるまでは、ショップに入れないのです。結局、ここでも、また1時間以上待つことになりました。

午後3時に行列に加わり、ショップを出たときに時計を見ると、大きく6時をまわっていました。「ショップで買い物をしたい」と思っている方は、時間に余裕を持っていらっしゃらないと、時間切れってことになります。
いや、しかし、良い「感覚のリハビリ」になりました(^^; 理屈抜きに、お洒落でワクワク楽しい写真って良いですね。ぜひ「BWの感覚のシャワー」を浴びに行きましょう!



■左 :スタッフの方の首に下がっていたバックステージパスです。欲しい(^^;
■中左:入場待ちのしている人のなかにはワンコ連れの姿もありました。このフレンチブル君も、僕の前で行列に加わっていました。いよいよギャラリーへ入場間近ってとこです。
■中右:ショップを見終わり、外に出ると、もう真っ暗でした。こんなはずでは...。
■右 :ブルース・ウェバーご本人です! が、ブレてます。申し訳ありません。首から、ペンタプリズム付きローライフレックスとミノルタ露出計がぶら下がっていました。雰囲気ありますね〜。ところで、NEWS23の筑紫さんとの対談を収録していましたから、近々オンエアされるのでしょうね。

【場所】港区北青山3丁目あたりです。

トラックバック(11)

アバクロ、ホリスター、アメリカンイーグルの魅力 - ファッション写真に革命を起こしたブルース・ウェバー (2005年9月17日 07:32)

アバクロファン、写真家の方なら一度は名前を耳にしたことがあると思います、 ブルース・ウェバー展「The True Store and Gallery(ザ・トゥルー ストア アンド ギャラリー)」が9月16日、青山旧紀ノ国屋跡地特設ミュージアムで始まりました。 続きを読む

LIFE ‘O’ THE PARTY - ブルース・ウェーバー (2005年9月17日 21:50)

時々、TOKIOに住んでいたらな〓〓って思う時がある。 それ 続きを読む

taraluna*taramoon*taramahina* - GENTLE GIANTS (2005年9月18日 08:13)

こんな暮らしに憧れてます。 大好きなブルース・ウェバーの写真集です。一応、94年に出版された初版本です。表側は紺の布張りに金文字のクラッシックな装丁。ですが、もうだいぶ日焼けしたりしてヴィンテージな雰囲気になっています。ウェバーの作品に初めて出会ったのは... 続きを読む

『トゥルーへの手紙』 監督:ブルース・ウェバー アメリカ人の世界観を大きく変化させた9.11の同時多発テロ。グランド・ゼロのすぐ近くにオフィスと住居を構えるブルース・ウェバーがこの事件を通じて感じたことを、4匹の愛犬の末っ子、トゥルーに宛てて手紙を書き、... 続きを読む

昨日の午前中はプールでした。 1ヶ月ぶりなので泳げるかな?とちょっと心配でしたが、 最初からすいすい! ミニちゃん、すごいね〜! 最後のほうはちょっと疲れてペースダウンだけど、13分間がんばって泳ぎましたよ。 そしてプールの後は箱崎町のお友達の家へ... 続きを読む

9月16日から開催されているブルース・ウェーバー展に行って来た。 場所は旧紀伊国屋の跡地。 会場は開催期間だけ立てている白いプレハブ(?) 続きを読む

エンタメ!ブレイク? - トゥルーへの手紙 (2005年10月 3日 02:25)

写真家ブルース・ウェバーが 愛犬への手紙を通じて描く、 平安へのパーソナルな想い 続きを読む

余力があれば、今日明日中にでも行かないと 気づいたら終わってたー!!なんて事になりそうなんで。。[:たらーっ:] 写真見る時は、本当にマジ顔になってると思う。 仕事モード全開★ 続きを読む

秋の初めに映画館の予告編で『トゥルーへの手紙』を見て、ストーリーとか内容に関してというよりも、とにかく映し出される映像の世界観に、目が釘付けになったのでした。 映画でも、映像よりどうしてもストーリーやセリフなど“言葉”の方が気になってしまうわたし… で... 続きを読む

LIFE ‘O’ THE PARTY - 本屋さんへ (2005年10月22日 08:34)

ブルース・ウェーバーのあれには行けなかったけど・・・って方。 続きを読む

根津美術館を出て表参道方面へ歩く。紀伊国屋の跡地にてブルース・ウェーバーの写真展が開催されていた。建物は期間中(9月16日から10月30日まで)だけの仮設プレハブであるが、遠目でもおしゃれで目立っている。 この建物、IDEE/SPUTNIKで手がけたものだそうで(SPUTNIK... 続きを読む

コメント(51)

masaさん、早速行かれたんですね!
初日に行かれるとは。。人が多くてジックリみる暇がなかったのでは?

しかし、ウェバーの人気ありますね!ウチもウェバーのモノクローム写真好きデス。

ブルース・ウェバー本人を見たんですね。すごーい(ミーハー!)。
映画「トゥルーへの手紙」もぜひ見たい。
来週どっかで行ってきます。

どの写真も雰囲気もすごいですね!ブルース・ウエーバーのパワーなのでしょうか?それともやはり、masaさんの…!?当たり前ですよね(^^; 完全にアジアではなくなっていますね、さすがに絶品です!

>maruさん
うまく時間がとれましたので、行ってきました。会場内は、混雑してはいるものの、人数を制限してますし、ウェバー・ファンばかりですから、皆さんフレンドリーで、雰囲気良く、心ゆくまで観ることができますよ。オリジナル・プリントも販売していますよ〜。

>じゃらん堂さん
見ちゃったんですよ〜。そして「生写真撮った!」と喜ぶアタシもそうとうミーハー(^^;
映画「トゥルーへの手紙」ですが、こちらは10月1日からだそうです。映画館は、渋谷パルコパート3前の「シネマライズ」ということです。きっとシビレる映像の連続ですよね。楽しみです。

>cenさん
このエントリーの写真はすべてブルース・ウエーバー・パワーです(キッパリ(^^;)。誰が撮ろうが、彼の写真が写り込めばこうなってしまいます(^^;
実は、もっとグッドな写真もあるのですが、さすがに、著作権や肖像権って問題もありますので、アップできません。それ、ちょっと残念なんですが…。

いやいや はやい!、うまい! ナウい(死語?)!

私めの大好きなこのひとに間接トラックバック
させていただきました。 

http://kazu.mo-blog.jp/prince/2005/09/post_eed9.html

>いのうえsan
コメントをありがとうございます。いのうえsanが日本の行く末を憂いていらっしゃるというのに、ノーテンキなエントリーですみませんm(__)m
LIFE ‘O’ THE PARTYさんには、直接トラックバックを飛ばさせていただきました。

えっと。初めまして。いのうえさんのご紹介で参りました、kazooと申します。ぺこり。
TBして戴いてしまって、ありがとうございますー。
BW写真を見て、PCのこちら側でキャーキャー言ってました。すっごい!!!会えるなんて!!!!それでもって、まるっきしBWが「パパヘミングウェイ」タッチに見えて笑ってしまいました。
ああ、本当に羨ましい!!ANDこれだけ行きたいーーーと思ったのも久しぶり。事情で行ける訳はないんですが、ここでレポート読ませて戴いて、欲求不満を解消していたり、また煽られたり。ふふふふふふ。
いやあ、それにしても羨ましいです。

>kazooさん
うわっ、音速コメント&トラバをありがとうございました〜。僕が重い腰を上げたのも、いのうえsanにこのイベントのことをうかがったおかげです。フェスティバル・エクスプレスの時も、最終日になって、いのうえsanにせかされ、やっと観たという体たらくでした…。で、今回は!と頑張って行ってきました。初日でしたから、な〜んとなく勘で、「今日行けばBW本人に会えるかもしれない」と思っていたのがモロに当たってしまいました。本来はBWを撮ってはいけないようで、すぐに制止されてしまい、手ブレ写真で申し訳ありません。でも、彼の雰囲気は伝わるかな〜という感じです。しかし、会場一帯が、ホンワカと彼の匂いに包まれている感じで、写真展というだけではない、独特の感触がありました。いらっしゃれないというのは残念です。今後とも、よろしくお願いいたします。

はじめまして。こんにちは。
アバクロの紹介ブログをされてるのかな?
よくわかりませんが、そちらからTBを頂いて
覗きに行ったら既に行かれたというコメントを見つけ
慌ててコチラを覗きに来ました(笑)
日本中のファンが待ちかねてたって言う感じで
会場の賑わう雰囲気が伝わってきます。
私も帰国してたら絶対に行ったなあって感じ(笑)
TBさせて頂きました。報告ありがとうございます!

追伸:Tシャツ15000円からっていうのは高いですねえ。
映画のTシャツだったんでしょうか?

ブルース・ウェバーって初めて見ますがちょいワルナイスおじさんですね。
ペンタプリズム付きローライフレックスという名詞を見ちゃうと心がそわそわするのです、すみません、本題からはなれ(汗)。

>タラさん
初めまして。コメント&トラックバックをありがとうございました。タラさんのサイト、拝見しました。な〜んとカッコイイのでしょうか。歓声!
Tシャツは、映画のって感じでもありませんでした。買っていれば、写真をアップしたりできるのですが、なんせ買ってこなかったもので…(^^; 胸に二本線の輪があり、そのなかにCAMP OOOOOなんて文字が書かれていて、小さい方の輪のなかにBWの写真がプリントされてるって感じの、フツーの図柄でしたね。もしかすると、カッコイイのは、もっと早く行った人達が買ってしまった後だったのかもしれませんが…。
タラさんのサイト、愛読させていただきます。今後ともよろしくお願いいたします。それにしても、タラさんのサイトと僕のサイトでは、天と地の差がありますね(^^;(^^;

>カークさん
コメントありがとうございます。もう、こうなると、何やってもカッコ良く見えちゃいますよね。羨ましい限りですね。しかし、ペンタプリズム付きローライフレックス[実はフレックスか否かまでは確認できませんでした]、これがまたカッコ良いですよね〜。なんだか、いかにもアナログ。金属の塊って感じがしました。ミノルタの入射光式露出計をぶら下げているのが、これまたヒジョーによろしかったです。僕も同じ露出計を持っていますので、早速、ぶら下げる紐を探しはじめました(^^;(^^;

ペンタ付きは非常に珍しいです(僕の記憶の中では)ね〜。
露出計も粋です、裸で使っているところがまたカッコイイ!
バンダナも決まっています。
masaさんも素質十分ですよ、ただ、ウェバーさんよりスマート!!!

>カークさん
ペンタ付きってそんなに珍品なんですか、知らなかった…。でも、思いっ切りカッコ良かったですよ。でも、BWの体格だからってこともあるようですね。ローライがちょこんと可愛く見えますから(^^; 僕が首から提げたら、ドデカ!って感じで、「あいつBWのマネして、バカみたい」って見えちゃうでしょうね(^^;

ウェバーさんが持つとシャランのミニチュア版デジカメみたいで、不思議ですね〜。
9月23日から一年前masaさんに初めてお会いした交通会館の中古カメラ市が始まります。(昨年は10月9日からでしたが今年は少し早いです)

>カークさん
シャランのミニチュア版デジカメって、あの本当に小さいアレ(^^;ですね。ほんとそんな感じですよね。そういえば、カークさんとは去年、あの会場で初めてお会いしたんでしたね。あれ以来、仲良くしていただいて、ほんとにありがとうございます。ずいぶん楽しい時間を過ごせたような気がします。ローライは買えませんが、もし、ハッセルのペンタの出物があったら教えてください(^^;

1年ってホントに早いですね。こちらこそ数々ありがとうございます。
ハッセルのペンタですね、ハッセルのファインダーは新旧互換性がありますから、良いですよね。
松屋でさくらももこワールドもありますので週末位に覗いてみますよ〜。

>カークさん
ど〜ぞよろしくお願いいたします。でも「出物」という条件付きで…(^^;(^^;(^^;

こんにちは。
TBありがとうございました。

こんなに混雑しているとは。。。
ま、すごい宣伝してましたものね。
犬を連れていくのは、やめた方がいいかなぁ。
では、では。

>rubyさん
いらっしゃいませ、こんな長屋のような(^^;サイトですが、コメント&トラックバックいただき、ありがとうございます。
僕の前で列に並んでいたフレンチブル君、ギャラリーに入る頃には、さすがに飽きてたみたいですよ。人工芝を敷いたドッグラン・カフェが用意されてはいますし、並んで待っているワンコには、主催者側が飲み水をサービスしたりはしてましたけど…。ワンコには、ちとキツいかな?って思いました。

私も初日に行きました。予め前売り券を持っていたので8〜9人目位に入場でき、ラッキーな事にチェットベイカーのTシャツやリバーフェニックスをイメージして作ったというシャツが買えました。リバーフェニックスも大好きだし、ブルースウェバーのTシャツは昔から世界で一番欲しいTシャツだったのですごく嬉しかったです。でも、確かに高いですね。ニュース23いつ放送するんでしょうか?見たいです。

>tmさん
うわ、それじゃ一番乗りってやつですね! ストアでの買い物を考えると、やはりそうでなきゃダメなのですね。今や確かに1万円以上のTシャツは珍しくありませんが、やはり…ね、って感じでした。
NEWS23は、収録したその日に放映するのか?と思い、ずっと観ていたのですが、その日には放映されませんでした。連休あけの明日あたりかな?と思うのですが…。しばらくは朝刊をチェックする必要ありですね。今後ともよろしくお願いいたします。

今日、平日なんで行ってきました。すいすい入れてよかった〜(当たり前か。。。)私は展示会場の近くなのでたまに前を通るんですが、昨日歩いてたら、黒いくまのよーなものが向かって来るんでよく見たら、写真にもあったNEWFOUNDLAND犬!でした。回りの女性は引いてました。はたして展示会をみたんだろーか?後、15,000のTシャツはやっぱ高い!のでやめました。

>kuroさん
こんにちわ。コメントをありがとうございます。平日はさほど混んでいないという情報をありがとうございました。僕が行ったのは初日でしたから、それが混雑の原因だったかもしれませんね。
やっぱあのTシャツが15000円というのは高いですよね、残念ながら…。アバクロ他の写真撮ってる人の商品にしては、ちょっと味気ないと思いました。

はじめまして。
10年くらい前に渋谷パルコで見たブルースウェーバーの写真展が、とても印象に残っています。大好きです。
でも写真集は手に入れられませんでしたが・・。

昨日見に行こうとしましたが並んでいたのでまたにしました。遅い時間だったのであまりゆっくりは見られないだろうと思って。。
やっぱりすごい人気なんですね。
いろいろと参考になりました。
ありがとうございました。

今は黒いトイプードルを飼っています。
実家には22歳の黒猫がいます。

たくさんの街情報ですね、またのぞきにこさせていただきます。

>seiさん
初めまして、こんばんわ〜。コメント&TBをありがとうございました。ミニ君の写真満載のブログ拝見しました。西荻ジモティでいらっしゃるような(^^; 僕、西荻は最近になって、時々行きます。良い町ですね。
渋谷パルコのブルースウェバー展&映画上映、僕も行きました。が、記憶が飛んでます。当時のパンフなどはまだ持っていると思いますが…。とにかく、彼の写真は、暖かくて作り過ぎなくて、良いですよね〜。
上にコメントくださったKuroさん情報では、今日はもう空いていたようですね。空いているのなら、もう一度…なんて思ってます。今後ともよろしくお願いいたしま〜す。

masaさん
前回に引き続き小さな情報です。(皆さんご存知とは思いますが)渋谷西武3F A館とB館の通路にブルースウェーバーの広告展示?があり、ショートフィルム5分間位をやってたのでおもわず見入ってしまいました。又、表参道の中でしか貰えなかったパンフ(トゥルーの頭に蝶がのってるやつ)ともうひとつ、表参道のギャラリーを説明したもの(これは写真展はもちろん、DOGラン付カフェ、Tシャツの説明などあり個人的にはこっちもいいなぁ〜って感じです。)2種類あり、衝動的にかばっと取ってしまいました。(恥)西武で広告用ショートフィルムを見たら10月1日からのロードショーは絶対見たくなりました。

>kuroさん
こんばんわ〜。情報ありがとうございます! 渋谷西武で同時に何かやってるってのはどこかで耳にしましたが、そういうことだったんですね。ウェバー展に並んでいる人のなかに、あれ?何?と思うパンフを見てる人がいて、それ、気になってたんです。欲しいですね〜。でも、渋谷はうちからはなんとなく遠い感じなので…。あと、青山ブックセンターでもウェバー絡みの棚を設けているとかって聞きましたが…。
映画のほうは、展示会で映画前売券付きチケットを買いましたので、絶対に行きます。こうなったら初日狙いです(^^;
とにかく、例えパンフだろうとウェバー絡みなら貴重情報です(^^; ありがとうございました。

こんばんは〜
再びコメントさせていただきます。

ミニと一緒に見に行ってきました。ちょうど日が良かったのかすいていてゆっくり見ることができました。ラッキー!
とてもいい写真展でした。
GentleGiantsのポスターお持ちなんですね。
すごい値段になっていたの、気がつかれましたか??

西荻、不思議な街だと思います。
4年前に吉祥寺から引っ越してきてやっと慣れました。慣れてみるとかなり奥が深いことに気がつきました。見所はたくさんあります。
お散歩向きですね。

では、また。

>seiさん
こんばんわ〜。コメント&情報をありがとうございました。いらっしゃったのですね。僕は、そのポスターは持っていません。持っているのはレッツ・ゲット・ロストのチラシです(^^; しかし、たかだかポスターとは言え、人気のあるものや、昔のものは高値で取引されていますね。それにしても、ウェバー絡みのものは高いですね。確かに魅力はありますから、仕方のないことですが…。オリジナルプリントは52万円から…だそうですし…。
このサイトにも、けっこう西荻関連のエントリーをしています。お暇なときにでも、また…。

こんにちは☆通りがかりのものです。     ブルース・ウエーバー展 絶対行こうと思ってました。上の写真を見て ますます 行きたくなりました!                    みなさんの情報をもとに楽しんできたいです。Tシャツが15000円なんて 私に買えるものあるといいな〜。

>miwakoさん
こんにちわ。ここはBWが大好き!って人が集まってて、会場全体が、なんとなくいい感じですよ。是非行ってらしてください。でもね〜Tシャツが15000円「以上」というのはね〜。それだけで粋じゃないような気も…(^^;
どうぞ、また通りかかってください! お待ちしています。

はじめまして。昔からBWが大好きだったので、明後日展覧会に行ってこようと思います。ただ、私自信栃木に住んでいるので、会場までの行き方が全く分かりません^^;あまり都内に詳しくないので、どなたか最寄駅からの行き方を教えていただけないでしょうか?

>まなsan
こんばんわ。栃木からですと、上野駅に着くことになりますか? もしそうでしたら、上野駅で地下鉄銀座線に乗り換え、そのまま乗り続けて、表参道駅で下車なさり、地上に出れば、あとは何とかなりますよ。上野駅以外から東京にお入りになる場合は、駅名を書いていただけますか?

はじめまして。TB送らせていただきました。
生BWうらやましい・・・ 23日に行ったのですが、入場制限とかはなかったです。でも限定Tシャツはほとんど売れてたみたいですね・・・。

>yoshuaさん
こちらこそ、はじめまして。トラックバック&情報をありがとうございました。このところいただく情報からしますと、客足もやや落ち着いてきた感がありますね。しかし、あの高いTシャツ、売れてしまうのですね。BW人気にスゴイさに改めて驚きます。生BW、初日に行った甲斐がありましたでしょ(^^; 早速、こちらからもTBさせてください。これからもよろしくお願いいたします。

まささん、レス本当にどうもありがとうございました!都内に出る時はいつも上野にまず出るので、これで無事にいけそうです!行ってきたらまたこちらに遊びにきますね!唯一写真やアートの話ができる同僚が今月一杯で退社してしまうので、何かプレゼントできるものが買えればと思ってます。正直いってBWばこれほどまで日本で人気あったとは思ってもみませんでした^^;嬉しいです。

>まなsan
こんばんわ!他にもっとうまいルートもあるかもしれませんが、五十歩百歩だと思います。地下鉄の出口の番号が分かればよいのですが、思い出せません。とにかく、渋谷に近い方の出口に出れば間違いありません。おおいに楽しんでいらしてくださいね!展示は本当に素敵ですから!

>まなsan
こちらもチェックしていただけるでしょうか…。いまネットでチェックしましたら、表参道駅からの出口を映像で見ることのできるサイトがありました。URLは以下です。最寄りの出口は「B2」でした。
http://www.tokyometro.jp/eki/omote-sando/

まささん、更に詳しい情報ありがとうございました!いろいろ調べていただいちゃってすみません^^;早速下記のURLに飛んでみました。このサイトスッゴイですね!360度見渡せちゃいました!田舎者にはほんとに助かります^^。遂に明日行ってきます!ほんと楽しみです!

>まなsan
あ、見てくだすったようですね。よかった。パノラマと現実風景では、ちょっと違って見えますが、あの出口で出れば間違いないと思います。では、楽しんできてください。行ってらっしゃ〜い(^^)

遂に昨日行ってきましたよー!は〜ほんっとに楽しかったです!!中学生の頃、姉の部屋に飾ってあったチェット・ベイカーとサム・シェパードの写真もBWのものだったと昨日初めて知って鳥肌が立ちました。当時写真なんて何にも分からなかったけど、あの二つだけはものすごく鮮明に記憶にあって。やっぱり何か特別なものがあるんですね。あと落書きも面白かったです^^その中で、彼がいつも聞かれる質問で、あなたにとって写真と映像がある、ないの世界ってどんな?(うまく訳せないけど^^;)の答えとして、以前ニーナ・シモンから聞いた言葉を抜粋して壁に書いてあるのに胸がとても痛かったです。ちょうどショップに行ったら、でーっかいラブラドルの黒と茶をつれてきている夫婦がきて、お店の人にすすめられて、コンテスト用の写真をとっていました。二匹ともおりこうさんで、首からDOGS FOR PEACEの札をさげて、じっとお座りして写真を撮ってもらっていました^^

>まなsan
あ、いらっしゃったのですね。報告をありがとうございます。二重に、すごく良い思いでをお作りになったようで、関係ない僕まで嬉しい気がします。今回のBWのイベントは、いわゆる写真展とは違いますよね。
ニーナ・シモンの言葉は、僕も目が行きました。はっきり記憶していないのですが、「どんなに素晴らしいステージを演っても、家に帰れば、独りベッドに寝るだけ」といった感じではありませんでしたっけ?
これを機会に、これからもよろしくお願いいたします。

二度ほど見に行ったのですが、10月の二週目あたりでは額の中で写真が波打っているし、いまいちコントラストは甘いし、どうも印画紙によるオリジナル・プリントではないのじゃないかという疑問が...
もちろん、その写真自体のクォリティは素晴らしいのですが。みなさん、どう思われました?

>jkさん
こんばんわ。僕も、プリントの仕上がりは決して素晴らしいとは思いませんでした。でも、感光紙に焼いているのは間違いないと思います。奥の壁一面を使って展示されていたThe Andy Bookですが、最初は、あれは本のページをバラバラにして壁に貼っていると思っていました。が、そばに寄って見ますと、写真のページはプリントに差し替えてありました。その辺りの演出が憎いと思いました。が、プリントは明らかにRCペーパーに焼いたものだと思います。
黒の締まりが悪く、コントラスト不足に見える写真や、ブレていたり、ピンが甘い写真なども見られましたが、僕の場合は、ブルースが、プリントのクオリティではなく、「ショットの魅力を最優先させて写真を選択しているのだ」というこのを感じ、むしろ好感を持ちました。

はじめまして☆
遅ればせながらわたしも行ってきました。
そんなに混んではいなかったのですが、自分の時間がなくてゆっくりできなかったのが残念でした。
写真とてもお上手ですね。
ウェバーご本人に逢えたというのも、羨ましい限りです。
ということでTBさせていただきました。
よろしくです〜

>ルールーさん
こんばんわ。はじめまして。行ってらしたのですね。早速、ブログにお邪魔させていただき、記事を読ませていただきました。お時間がなかったとおっしゃる割には、キッチリ観てらしたような(^^; ブルースの写真を観ていますと、何しと問題は「普段の生活」だな〜と思わされます。実物の彼、カッコ良かったですよ〜(ちょっと自慢気味(^^;)。ローライも。映画をご覧になりましたら、また、是非感想をお聞かせください。かなり評判がよろしくないので、「良い」と思った僕が変なのか気になってるんです(^^;

またまたお邪魔します。
わたしのブログにもコメントいただいてありがとうございました。
いや、ホントにあの日は30分くらいしかなかったので、フィルム上映も見れなかったし、買い物もほとんど見れなかったし、カフェでお茶もできなかったしでちょっと残念だったんです。
でも写真だけはいろいろ撮ってきたので、ゆっくり観てきたように見えるだけです。(^^;;;;;

「普段の生活」が大事というの、本当ですね〜
あんな風に周りを明るい笑顔にしてしまうのって、本当にうらやましい才能だと思います。

映画は、今週中に観に行けたら行こうとは思っているのですが、来週になっちゃうかも。
>「良い」と思った僕が変なのか気になってるんです(^^;
なはは。
別の方のブログに、字幕とか気にしないで映像と音楽に浸った方が良さがわかるみたいなコメントがあったので、わたしも字幕を追わないでその世界に浸ろうと思います。
今後ともよろしくです〜☆

>ルールーさん
こんにちわ〜。「またまた」なんて言わずに是非「しょっちゅう(^^;」いらしてください(^^;
「普段の生活」が大事、という点に共鳴していただき、嬉しいです。ブルースの写真って、写真的にはどうこう言うことはあまり無いのですが、やはり、図抜けて洒落た生活感覚・環境のなかで撮られたって写真ですよね〜。だから浮ついた感じがしないのだと思うんです。映画の感想待ってま〜す(くどい!(^^;)



ninepeace.jpg




月別アーカイブ(Archives)



Photo Gallery

写 真 集


おすすめ




おことわり

エントリー、コメント、トラックバックにつきましては、管理者の判断により削除させていただく場合があります。予めご了承ください。
Powered by Movable Type 4.22-ja





copyright © 2004-2016 masa