三隅町の草原景

| コメント(10)

ここは三隅町です。言うに事欠いて草原なんて書いてますが、実は、そんなに広くもない、単なる空き地です。放置すると、人の背丈を越える草で覆われてしまいますが、適当な時期に、その草を刈っておくと、野生のクローバーが花を咲かせ、まるで草原を想わせる風景が出現するようです。
ところで、「…ようです」と書きましたが、僕はこれまで、この空き地がこんな表情を見せることを知りませんでした。または、こんな空き地の表情には興味もなかった、のかも知れません。
この日は、山口に到着した翌日でしたが、朝からよく晴れて、そうでなくともきれいな空気が、いっそう清々しく感じられました。しかし、朝ここを出るときは、クローバーの鮮やかなピンクの花が印象的ではありましたが、ほぼ逆光であったためか、カメラを向けるには至りませんでした。が、用事を済ませ、ここに戻ってみると、太陽の位置が変わり、柿の木などが草の上に影を落とし、左手の板塀もその直射を受けて輝いています。なんだか、郷里である三隅町の表情が、いつもこんなだったら良いな〜と思える風景で、思わずシャッターを切りました。ま、かなりウソもついている写真(^^;というのが残念なんですが…。

【場所】山口県長門市三隅町です。

コメント(10)

お帰りなさ〜い、お疲れさまでした。早速の三隅町の風景のアップ、気持ちの良い写真ですね。
心の故郷ってこんな風に柿も実をつけ野花も咲き、光が満ちあふれ時間が止まっている様なんでしょね。

>カークさん
昨夜遅く戻りました〜。速攻のコメントをありがとうございます。こんな風景をボーっと眺めていられたら、楽チンなのでしょうが、現実は厳しく(^^; あれこれとじがらみの絡む雑用処理に追われてました。人との関係は、いずこも、大変ですね〜(^^;
ところで、なんですか、D200が…云々と気になるニューズもあるようですね(^^; これから、カークさんとこに戻らなくては(^^;

masaさん、お疲れ様でした・・・ってmasaさんが更新されると、近くに戻ってこられたという錯覚に陥りますから不思議ですね。おかしなものです。
線路が見えますね・・・。JR山陰線でしょうか。

>Cezanneさん
こんばんわ。昨日まで、Cezanneさんお住まいの県内に居たというのに、確かに、いまのほうが距離感が近く感じますね。やはり妙な感覚ですね。
向こうに見える線路は、ご指摘のように、山陰線です。僕が小さい頃は、蒸気機関車が、汽笛を鳴らし、もの凄い機械音をたてながら通り過ぎていたのを記憶しています。しかし、単線で本線というのも、凄いですね(^^;

Welcome back ! この風景 心がゆったりとしますねえ。 東京とは違う時間が流れているかのようです。 私は銀座Kai-Wai のmasaさんのシマを荒らしてました ・ ・ ・

では、この写真はmasaさんが幼少の時に過ごされていた場所なんですね・・・。
>単線で本線。
ウチの最寄の駅も単線です。岩徳線です。一両編成でしかもディーゼル車です。通勤時に、この線路を渡るのですが踏み切りで引っかかったことはここ何ヶ月もないですねぇ。田舎です。(笑)

>いのうえsan
確かに、ゆったりします。人が居ません(^^; 夜が早いです(^^; 朝が早いです(^^; さすがに山陰という所は、残された場所という感じはします。が、一方で、間違いなく不要と思える立派な道路・トンネルの建設がすごいピッチで進められていて、そういった面でも「違う時間」が流れていると実感しました。

>Cezanneさん
はい、実は、ここはウチの土地でして、この手前にある道を隔てた所から海にかけての地所に家があります。
ここを通っているのも、現在では、一両編成ディーゼル車でしたよ。ほのぼのですよね〜。

こんばんは、見事な草原です! 嬉しくなるような素敵なタイトルですね。こういう場所を残して下さって感謝します。
空き地は、まちの宝物、心の大切な空き地・・・とおっしゃった爬虫類研究家の高田氏の言葉を思い出しました。
空き地には、たくさんの生きもの達も暮らすことができ、人にとっても、オアシスです。
高田さんの講演会があるので、ご紹介してもよろしいでしょうか? 

■日  時  2005年11月12日(土曜日)  13:30〜16:00
■会  場  文京区立男女平等センター A研修室   (文京区本郷4-8-3)

基調講演
見える自然と見る自然  
   〜「大好き」が多い人生は幸せだとへびは知った〜
講師:高田榮一氏 (詩人/歌人・爬虫類研究家 /高田爬虫類研究所)
■参加費  無  料

>雑歩庵さん
コメントをありがとうございます。このような空き地は、残したと言いますか、残ったと言いますか(^^; とにかく、土地に値段が無いような所ですから、ウチの土地だけでも、あちこちに、こうした空き地があります(^^; でも、言われてみますと、意図したものでは無いにしても、単なる空き地というものは在ったほうが良いですね。そう思って諦めます(^^; トホホです。
ところで、高田爬虫類研究所は、いちどはお訪ねしてみたい所でした。高田さんのお話も聞いてみたいですね〜。タイトルがまた良いですしね。が、しかし、12日は、先約があって、僕は行けません。残念です。



ninepeace.jpg




月別アーカイブ(Archives)



写 真 集


おすすめ




おことわり

エントリー、コメント、トラックバックにつきましては、管理者の判断により削除させていただく場合があります。予めご了承ください。
Powered by Movable Type 4.22-ja





copyright © 2004-2017 masa