アースダイビング@下北沢 (追)

| コメント(33) | トラックバック(2)



先日(24日)初めて、下北沢を、駅前周辺だけではなく、広範囲に歩きまわる機会を得たのですが、この辺りは、商業地区を抜けると、意外にアップダウンの多い、閑静な住宅地なんだな〜という印象を受けました。これまで、世田谷辺りと言えば「昔は畑だったフラットな土地」というイメージしかなかったのですが、これが大間違いであることに気づかされました (その畑も「実際には茶畑が多かった」と、同行のジモティの方々に伺いました)。東京は、本当にどこまで行っても起伏の多い地形をしてるんですね。
そして、もうひとつ感じたのが、「ここも武蔵野だな〜」ということでした。どこを歩いても、家ばかりですが、所々に大きな広葉樹が残っていて、その葉が黄色や赤に色づいているのが目にとまります。そして、そこに、晩秋というよりも、もう初冬の陽の光が射しているのを見ると、昔の武蔵野の面影を感じずにはいられませんでした。今日の写真は、そんな感じを抱かせる場面をピックアップしたものです。

左の写真は、代々木上原の入り江のような形をした低地に建設中の上原中学校の現場です。その向こうにちょっとだけ見えるロケットの先端のようなものは、ジャーミー寺院の尖塔です。この校舎が完成した暁には、こうして上原の谷戸の風景を見ることは難しくなります。
中の写真は、東大先端科学技術研究センターに接して建つアパートのような建物の開口部から、センター構内の並木を撮ったものです。この建物は、秋山さんのaki's STOCKTAKING『今の東大先端科学技術研究センターは、昔、東京帝國大学航空研究所(あの航研機の)だった。その頃から、この通りを「航研通り」と呼ぶようになったのであろう。』と紹介されている「航研通り」にも面しています。ここでは、いかにもこの紹介文にある時代の雰囲気と、武蔵野の面影を併せ持つ風景に出会ったような気がして、何度もシャッターを切りました。光が抜群でした。
右の写真は、下北沢の駅に近いカトリック教会の敷地内で撮ったものです。まさに武蔵野ですね。というよりも、ここはもう下北高原(^^;ですね。岩肌(人工物か?)には、祭壇や聖母を配するための空間がくり抜かれていました。駅近くに、まさかこんな風景があろうとは…でした。また、ここにはこんな不思議な建物まであります。この一帯は再探索が必要と思われます(^^;

【追記】左写真の説明に、最初は「マンション建設現場」と書いていましたが、これは「渋谷区立上原中学校建設現場」の誤りでした。秋山さん、ご指摘いただき、ありがとうございましたm(__)m 危ないところでした(^^;
【場所】世田谷区代々木上原周辺〜下北沢周辺です。

トラックバック(2)

おいしい*たのしい湘南生活 - たのしい*代々木上原散策 (2005年11月27日 18:19)

今週は実家帰りしているので今回は久しぶりにじっくりと代々木上原を散策しました。ここは街路樹の緑がとても気持ちのいいお散歩コース♪坂のてっぺんにはトルコ教会がそびえたち、一瞬ここはどこ!?と異国に来たような錯覚に陥ります。このトルコ教会の見学は自由で女性... 続きを読む

おいしい*たのしい湘南生活 - 昼下がりのお散歩*下北沢 (2005年11月27日 18:21)

日差しの強い日中を避け、昨日に引きつづきシモキタへ♪お店の入れ替わりの激しいシモキタはちょっと行かない間に洋服屋さんがカフェになっていたり、ふつうの家がお店になっていたり・・・と毎回違った顔をみせ、またそれが魅力のひとつ。今回も新店ラッシュ!でジンギス... 続きを読む

コメント(33)

真中の写真の静寂はどこから導かれてくるのでしょうか? ドアと光の具合がホッパーの晩年の作品を連想させました。 思えば 最初にさしあげたコメントも ホッパーに思いを巡らした1枚でしたね。 

>いのうえsan
速攻コメントをありがとうございます。そうでした、清瀬で撮った写真にいただいたのが最初のコメントでした。「ええっ、あの漂泊のブロガーさんでは?!」とドキドキものでお返事したのを思い出します。そして、1年後に、再度「ブタよ木に登れ!」とのコメント、ありがとうございます(^^;

そ、 そんな なにを おっしゃいますか!
Kai-Wai散策を 毎日拝見しに来るのが 生活の一部になってしまっているのは わたしだけではないはず。 いまや心の糧ですね。  

>いのうえsan
いよいよ、ブタがトランポリンでジャンプ宙返りしてご覧にいれます(^^;(^^;(^^;

下北沢駅前開発計画に伴い都市計画道路・補助54号線が実現されると、そのカトリック教会のグロッタ(洞窟)がブルドーザーの餌食になると云う神も仏もない話で、まさに机上の計画ですね。

>iGaさん
あ、計画を見ると、モロにかかってますね。そして、あれがグロッタと呼ばれるものなのですね(^^; いや〜常識がありません(ポリポリ(^^;)。こういった計画のための計画を、さも訳ありのように推し進めようとする行為は、悪意の意図をもった計画推進よりも愚劣に感じますね。

masaさん、こんばんは。僕は下北沢にはいったことがありません。また、演劇や若者の街(?)程度のお粗末なイメージしかありませんでした(どこにあるのかも、よくわかっていませんでした(^^;;)。しかし、前回と今回のアースダイバーの報告を拝見するなかで、かつてのお粗末な下北沢のイメージが、武蔵野の下北沢へと、より具体化してきました。/しかし、マリアさまの上をブルドーザが・・・。想像するだけで、(>o<;)なかんじです 。

わ〜こちらにいらしていたんですね〜。
というのも、私上原中学校出身です!
しかも、23日から実家にいるんです。なので
おそらく至近距離にいました!!!びっくり。
東京ジャーミィは昔、フィフィ教といわれて
いたんですが、いまではみんなモスクって言ってます。
(みたまんまですが)
昔のほうがmasaさん好みの素敵なモスクでした。
私もおとといは代々木上原、昨日は下北沢をうろうろ散歩。
Eat A Peach?は昨日も
写真を撮っている人がいましたよ〜。
下北駅前市場もなくなってしまうので
なんだか寂しいです。
わ〜書きたいことたくさんあるけど
長くなりそうなのでこのへんで・・・

下北沢の隣り、駒場東大前にある駒場野公園へも是非足を運んでみて下さい。僕は毎日井の頭線の窓から見るだけなんですが、とても良い谷戸田があるんです。今年も稲穂が頭を垂れていました。http://www.city.meguro.tokyo.jp/kankyo/komabanokouen.htm

この界隈、日本民芸館があったおかげで何度かふらつく機会があり、当時デジカメ持ってたらな〜と今更ながらに思います。
が、そこに masaさんのレンズが踏み込んだとなれば、もうその念も無用ということで(^^ゞ
ちなみに我が実家、谷中以外に下北の外れというのも候補地の一つにはあがってたのでした。

>wakkykenさん
出先からのコメントをありがとうございます。僕も東京に住んでいながら、お粗末さ加減は、同様以下でございます(^^; やはり、身体の感覚で歩けるくらいにならないと、見えないものが沢山ありますから…。今回は「下北再開発計画によって消える風景」に絞り込めばよかったかな?などと反省しているところです。

>Lunitaさん
こんばんわ〜。そうでした、Lutinaさんもジモティでいらしたのですよね〜。しかし、上原中学校の出身とは驚きました。
昔は、井の頭通りを、富ヶ谷から多摩方面に向けて、よくクルマで走ってましたから、建て替え舞えの寺院や古賀政男の家など、おぼろげながら憶えています。細い道路でしたが、いまやその面影はありませんね。
下北沢の再開発については、強力な方々が下北沢シンポジウム実行委員会を結成して頑張っていらっしゃいますから、そう簡単に実現することはないと思います。
この辺り、もう少し歩き込んでみたくなりました。また、あれこれスポットなど紹介してください。宜しくお願いいたします。

>おやじsan
こんばんわ。ご無沙汰してまます。なんと、あんな都心に谷戸田があるとのこと、これは早速足を運んでみます。情報をありがとうございました。

>m-louisさん
こんばんわ。ご無沙汰つづきで申し訳ありません。日本民芸館の所在地を調べてみると、駒場公園のなか…。谷戸田もあるということですし、これは行ってみなくては!です。しかし、その土地の風景って、急には撮れませんよね。やはり、歩き込めば歩き込むほどに、チラリチラリと姿を現してくれるってとこありますから…。
三鷹にお住まいだったわけですから、谷中よりも下北の外れのほうが順当な感じもしますが、よく谷中になさいましたね。下北ジモティにはっ倒されそうですが(^^; やはり谷中でしょう(^^;(^^;

わぁーっ、なんだか盛り上がっていますね。
masa さんを上原・下北散策に誘った私も、ここでおしゃべりしたくなりました。

>Lunita さん、はじめまして、こんにちは。
私は上原は最近まで24年間住んでいました。その前は富ヶ谷に8年間、人生の半分をあの辺りです。私(masa さんのように孫はおりませんが)は三人の子供達がおりますが、皆、上中出身です。

>おやじ さん、はじめまして、こんにちは。
あの谷戸田は教育大学付属中高校の授業として米作りがなされていますが、今回の「アースダイバー@下北沢」の隊員 sekine はそんな授業を受けた一人です。

>m-louis さん
ごぶさたしてます。最近、芸大美術館へ行った時、谷中のお家の前を通りました。下北も面白かったかも知れませんね。

masaさんTBありがとうございました♪
バクテーズでお知り合いになって、このような形でつながるとはびっくりでした。そして、とてもうれしかったです。私ももっと地元の写真を撮ろうと思います♪

>AKiさん
雲上から、こんな所で途中下車していただき、恐縮しています。どうも、アースダイバー以外は、号令に反応するのが遅いようでして…(^^;
しかし、ご子息やお嬢様も上中のご出身とは…、お話をうかがえばうかがう程、AKiさんは上原・下北にドップリつかっていらしたのですね。それから、sekineさんのあの存在感、忘れられません(^^;

>Lunitaさん
こんばんわ。そうですよね〜、人間、どこでどう繋がるかわかりませんね。秋山(AKi)さんとは、どこかですれ違っていらっしゃるでしょうね、きっと…。

>AKiさん
吉村順三シンポジウムの流れで根津落ちと書かれてたので、ひょっとして?とは思っておりました(^^;)
でもまあ、下北よりは谷中でよかったかな〜と思ってます。
ていうか下北M類栖だったら、どんなブログになってたことやら?? ねぇ〜、masaさん(メッセンジャー、謝謝です)!

>m-louisさん
こんばんわ〜。「下北M類栖」ですと、どうしても「下ネタM類栖」(^^;の傾向が強まっていたと思います(^^;(^^; 絶対に「谷中M類栖」さんが収まり、字面、響き、いずれも正解だったと思います。はい。

う〜ん、でも、下ネタM類栖ってのはそれはそれで裏で作ってみてもいいかも?(^^;)

> AKiさん、はじめまして
masaとは高校時代の同級つながりの者です。
教育大付属の方が居るとはびっくり!
井の頭線は僕の通勤路なので初夏〜秋の稲の成長は
会社の行き帰りの楽しみなんです。

masaさん コメントのあと気づき驚いてAkiさんのところに伺いました。
なんと同級生のお父様と判明!!masaさんとも別のところで通じてたということですね〜。友達の友達はみな友達だ〜みたいでびっくりでした。

>m-louisさん
裏がスーパー人気ブログになって、表ブログが「谷中御殿M類栖」になったりして…(^^;

>おやじsan
ずいぶんと長い間、お世話になっておりますm(__)m
最初にコメントをいただいている「いのうえ」sanも高校つながりですよ!

>Lunitaさん
なんとなんと驚きですね〜。そうなると、Lunitaさんは、もう僕の娘も同然です(って、そりゃ飛躍し過ぎですね(^^;)こんど、バクテーズにAKiさんを招待してしまいましょう(^^;

>おやじ さん、どうもです。

江古田方面のM学園の皆様には大変お世話になっております。その最大の特徴はアルコールが苦手であるというところではないかと思っています。いかがでいらっしゃいますか。

教育大付属(いまの筑駒)ですが、話題に出た友人の sekine にはおかしな同級生三人がいます。彼も建築設計者ですが、皆同じ建築設計者、大学は、芸大、東工大、早稲田、武蔵美とそれぞれですが、高校は同期なのです。
いつも「教育大付属のできの悪いのは、皆、建築を目指すのだ」とからかっています。

>AKiさん
おやじ は、M学園出身者にしては珍しく、アルコールを嗜みます。
しかし、Sekineさんをはじめとして立派な方々なのに、AKiさんにかかっては…(^^; もしや、ここをお読みになるかも?ですよ。

>masa さん。大丈夫、みんな友達です。
先日の「シモキタ解体」には、この sekine さんと、ishii とご一緒、toshiji は札幌にいてBe-h@usのパートナー、endo は昔のスタッフという関係です。

>AKiさん
先日、AKiさんとSekineさん、Niheiさんとのやり取りを、そばで拝見していましたが、上司・部下という匂いがまったくなく、良い意味での親方(師匠)・職人(弟子)という、より家族寄りの匂いのする関係を感じました。その辺りがAKiさんの魅力のひとつなんだろうな〜と、生意気にも感じておりました。

>masa さん。
皆、古くからの友達です。いつも、あんな感じでいます。僕はちょっと年上なので、ちょっといばっています。
先日の下北沢、あのレバちょい屋で飲んだビールがちょっと美味しく感じたと、同じM学園の tam さんが告白しましたぞ。

>AKiさん
ええっ、あの先輩、ちょっとウソつきじゃありませんか?(^^;(^^;(^^;

起伏大行進



ninepeace.jpg




月別アーカイブ(Archives)



Photo Gallery

写 真 集


おすすめ




おことわり

エントリー、コメント、トラックバックにつきましては、管理者の判断により削除させていただく場合があります。予めご了承ください。
Powered by Movable Type 4.22-ja





copyright © 2004-2016 masa