上原の無印良坂

| コメント(10) | トラックバック(1)

今回のアースダイビング@下北沢については、エントリー第1回第2回で紹介させていただいたわけですが、やはり、坂道の写真を忘れるわけにはいきません。なにしろダイビングですから、多少は水深(^^;を感じていただかなくては...です。
今日の写真は3枚とも、ダイブを始めたばかりの地点・代々木上原周辺で撮ったものです。左の写真は、富ヶ谷方面から、だらだらと続く細い坂をのぼってきて、振り返ったところです。結構な高低差があります。そして、こんな住宅街に、色づいた広葉樹がたっています。それが、僕の眼には興味深く映りました。通常、庭木には、こんな広葉樹は使いませんよね。まさか、武蔵野の生き残り?なんて想像をした風景です。それは右の写真の辺りでも同様に感じました。
中の写真は、ちょっと気づき難い位置にあった階段路地です。かなり長く、直線で伸びています。高低差もかなりなものです。雨の日には、ここは滝になるのでは?とさえ思います。いったいどういう理由でこういう階段路地になったものか? 理由を知りたくなりますね。
右の写真は、下ってまた上るという、典型的な谷戸タイプの坂道です。ここは、向こうに見える坂がカーブして視界から消えています。いわゆる本妙寺坂タイプと言える坂ですね。上原には、こうした良坂が多く存在していました。この坂は、街路灯が点灯する頃に、もう一度撮ってみたいと思わせるものがあります。
他にも、「あ、なぜあの坂を撮っておかなかったのだろう」という坂もあるのですが、それはまたいずれダイブしたときにでも...です。

【場所】世田谷区代々木上原あたりです。

トラックバック(1)

【65-まち歩記:番外編は大阪・空堀】メンテナンスに伴いトラブルが続発したウェブリブログですが、恐る恐る実験的にエントリーしてみると、なんとか動きそうですね。というけで、皆さん、おひさしぶりで〓す。だけど今回の実験的なエントリーも「大津」ではないので・... 続きを読む

コメント(10)

お〜。ダイブな感じが伝わってきますよ。
渋谷はその名の通り、坂の多いところですね。
新宿も坂が多いのですが、新宿・渋谷辺りはその昔、郊外の山といった感じだったのでしょうね。

初めまして、リンクをたどって参りました。
下北沢〜富ヶ谷は自転車で走ると坂だらけなのが良く解ります。
過去ログのアースダイブを拝見し納得した次第です。
又お邪魔致します

坂道は好いですね。真ん中の写真の「階段路地」・・・なかなか魅力的です。かなり細いですね。高低差のある土地は、仰有るように興味の尽きないところがあります。暮れ方の、ぽっとあかりが灯るころの写真、是非拝見したいですね〜。(裸電球は代々木上原ではむりでしょうか?)

>ciceroneさん
そうです、そうです、昔は、山手線の外はヤブと山林ですよ(^^;な〜んて、袋だたきにあいそうです(^^; でもですね、今回明治13年頃の地図を見る機会があったのですが、それを見ると、この辺りは、一面の茶畑という感じです。なんだかピンと来ませんでしたよ。
来月になりましたら、カークさんが京都から帰ってきますので、弥次喜多ならぬデジ喜多(デジカメ来たの略(^^;)を計画いたしましょうね。

>GG-1さん
こんばんわ。はじめまして。早速、Roc写真館、拝見させていただきました。素晴らしい機材と写真揃いのサイトで驚きました。なんとデジタルカメラから大型カメラ・ジナーまでお使いになるのですね。浅草の映画館など、早速行ってみたくなりました。
このところ、東京の谷戸という地形に凝っています。それが中沢新一さんの「アースダイバー」という本を読んで以来、助長されてしまい、すっかり感化され、こんなエントリーをしています。
今後とも、よろしくお願いいたします。

>neonさん
こんばんわ。やはり坂道というのは、歳をとると敵(^^;でしょうが、魅力がありますね。真ん中の階段路地は、相当に長かったですよ。階段とは言っても、歩幅に合わせたものではなさそうですしね。直線ですし、いったい何なのか?よく分からない路地でした。あ〜、でも、そろそろ根津・谷中が恋しくなってきました(^^;

うわぁ、真ん中の写真はまさに通学路の途中!
小学生のころはその細さ、不自然さにちょっと怖さを感じたものでした。
その周辺はそこ以外はずいぶん変ってしまったように思います。
このシリーズまだ続くのかな・・・楽しみです。

ところで、Akiさんの息子さんkenちゃんから早速ブログにコメントいただきました。
ほんと、びっくりうれしい再会(というのかな?)でした♪ありがとうございまーす。

>Lunitaさん
うげ〜っ、そんなに接近してましたか〜。またもビックリ。このシリーズ、断片的なものをエントリーしてるときりがないくらいにあるのですが、今回は一応このくらいにして、次回また歩いて…という感じですかね。なんだか、この辺りが、ずいぶんと身近な感じしてきちゃいましたから(^^;
kenさんのコメント、読ませていただきましたよ。不思議な感じがしますね〜。どういう輪なんだ!って感じで…。Sugareeさんに報告しとかなくちゃ、なんて思ってるのですが、もうご存じですかね。
いやいや、これからも、一層、よろしくお願いいたします。

>masa さん。
なんだか、ずいぶんと深みに沈んで....という感じですね。
代々木八幡、代々木上原、下北沢とも地名にはなくて駅名というのが、なんとなく歴史の浅さを感じますね。きっと、江戸時代をねぐって、縄文から現代につながっている土地柄なんでありましょう。

>AKiさん
お陰さまで、底無し沼に足を入れてしまったようです(^^; ありがとうございました。
地名の話ですが、地図を見ながら、なんとなく妙な感じを受けていました。【場所】には「代々木上原あたり」と書いていますが、実際には「上原」なんですね。江戸時代にこの地の歴史を抹殺するようなことでもあったのでしょうか?



ninepeace.jpg




月別アーカイブ(Archives)



Photo Gallery

写 真 集


おすすめ




おことわり

エントリー、コメント、トラックバックにつきましては、管理者の判断により削除させていただく場合があります。予めご了承ください。
Powered by Movable Type 4.22-ja





copyright © 2004-2016 masa