すごい猫

| コメント(24)

地図バザールが開催されているというので、マッパーでいらっしゃるiGaさんいのうえsan の後について、会場である日本地図センターへ行ってきました。
今日は、スタートから出会いが凄く、渋谷駅に着き、改札を出た途端に、いのうえsanとバッタリです。偶然というのは凄いですね。そこで、「じゃ、円山町あたりを歩きながら会場に向かいましょうか」ということになり、地上に出ました。道玄坂を、途中、古い看板建築の写真を撮ったりしながら、会場に向かいます。
そんな風ですから、ふたりとも、地図を確認するわけでもなく、「246号を池尻大橋方向に歩いていけば日本地図センターが見えてくるはずだ」と思い、キョロキョロすることだけは忘れず(^^; 歩きつづけていました。
すると「これは暗渠だな」と、ひと目で分かる通りに差しかかりました。その時です。2回目の凄い出会いです。今度のお相手は猫です。なんとミッキーマウス風なニットを着て、三輪車に乗って散歩をしているのです。しかも「トーゼン」という顔をして、落ち着き払っています。もうこのスタイルに慣れっこなんですね。いや〜、なんて猫なんでしょう。三輪車には「KU」と、この猫の名前が書いてあります。ということは、この三輪車、猫君専用なんですね〜。三輪車を持っている猫なんてね〜。いやはやビックリしました。
で、この猫にひとしきり驚いた後、やっと気づきました。いのうえsanとふたりして、「あれ? ひょっとして、日本地図センターを遙かに通り越してません?」と…(^^; もう押っ取り刀で今来た道を引き返し、時間ぎりぎり、どうやら会場で待つiGaさんと合流に至ったのでした。終わり(^^;

【場所】目黒区大橋2丁目あたりです。

コメント(24)

ミニーキャット可愛いです
保存してアルバムに入れさせていただきました
ミニーとはかけ離れた愛嬌のなさがたまりませんわ

masaさん 本日は お忙しい仲 時間を作っていただきまして有り難うございました。 しかしこの猫にはびっくらしちゃいましたね。 かなりの存在感がありましたです。 ってみとれて行き過ぎに気づく我ら。 続きは拙ブログにて ・ ・ ・

>たくsan
こんばんわ。こういうのミニーキャットって言うんですか〜。知りませんでした。なんだかこの猫君、カメラを向けても全く動じることなく、堂々たるものでした(^^; すっかりその気(^^;

>いのうえsan
いのうえsanこそ、貴重なお時間を割いてくださいまして、ありがとうございました。バザールだけではなく、ダイブ付きで、すっかり楽しんでしまいました。しかし、生まれてこのかた、こんな猫を見たのは初めてです(^^; いまだに現実とは思えません(^^;

す、凄すぎる。
ね、ねずみの被り物をさせられた猫のアイデンティティは如何に。
こんなのに出会ったら道間違えますね。
masaさん、いのうえsan、昨日はありがとうございました。
目黒川でカイツブリ(???)のアースダイブも見られたし、西郷山から見る日没も絶景でした。

masaさん、おはようございます。びっくりしてしまいました。たいへんなのに出会ってしまわれたのですね・・・。
ひょっとして、幼稚園の子どもぐらいの大きさだったりして・・・、人間の言葉を話したりして・・・、不思議の世界の入り口だったのでは。
よかったですね、現実の世界に戻ることができて(^^;)。

masaさん
お久しぶりです。
と、いっても、密かに毎日お邪魔していましたが・・・。
このにゃんこ 可愛いですね。
ワンコにコスプレは良く見かけるけれど、このにゃんこは嫌がりもせず、おとなしくしていて、良い子です。
それに、にゃんこがネズミになれるなんて・・・
∪@ ェ @∪あはは

にやんチューか、、、

いやぁ、びっくりですね。この猫のサイクリスト。
お三方のマップ三昧、参加できなくて残念でした。その日、行けないかもしれないと分かったので、前日、「地図バザール」には行って来ました。

飼い主がいっしょにいないで、こんなふうにしてたんですか?犬や猫に服をきせたりするってのは、ほんとうはあまり好きじゃないけど、ここまでやるとすご いですね。
たいしたもんだ。黒いケーブルが見えるけど、リモコンのコードかもしれないなんて思わせるし、CUNTRYなんてスペルの間違いもご愛嬌と思いました が、もしかしたら意図的なのでしょうか。

こんにちは。

この子、知っています。
近所のスーパーで会ったことあります。
(うちは池尻大橋なので)
私が会ったときは、自転車ではなく、ごろごろ引いて歩けるおもちゃの台車みたいなものに寝そべっていました。
とてもおとなしい猫ですが、撫でても愛想もないの。
おばさん(飼い主)に引かれて、寝そべったまま帰っていきました。

>iGaさん
せっかく地図バザールに行ったというのに、こんな迷エントリーですみません(^^; こんなことでは大した門下生になれそうもありません。
しっかし「ねずみの被り物をさせられた猫のアイデンティティは如何に」には大笑いしました。確かに、いちばんイケナイ取り合わせですよね〜。
それにしても、西郷公園の正面に落ちてゆく太陽は印象的でした。あんなサンセットを見たのは久しぶりです。ほんとに楽しい午後をありがとうございました!

>wakkykenさん
もしや、この猫、狐が化けてるのでしょうか?(^^; こんな所まで歩いてしまったのは、この猫に出会う前にすでに化かされていたのかも?ですね。で、この猫に会った時点で解かれたと…。なかなかコワイ話になってきました(^^;

>Tri U^ェ^U ママ
あれま〜、お久です〜。お宅でもイロイロとあったようですが、コメントも残さず失礼してますm(__)m
そう、皆さん気づいてらっしゃるんですよね、猫がネズミのコスプレやってることに…。が、です。これが突然目の前に現れると、度肝を抜かれ、ただただアレ〜とばからりにシャッターを切るのみ…。思考力ゼロ状態になります(^^; しかも、こいつ、三輪車が動きはじめると、後ろ足で立ち上がるんですよ〜。

>iGaさん

>にやんチューか、、、
iGaさんにザブトン三枚〜〜〜!

>AKiさん
この猫、猿回しより目立つ感じでした(^^; また出会うことがありましたら、なんとか「生ビールの旗」を持たせて撮らなくてはいけません(^^;
地図バザールは、さすがにキチンと押さえていらっしゃったのですね。短時間でしたが、その後のダイブも山坂が多く、充実したものになりました。ご一緒できていましたらさぞ…と思われ、残念です。

>玉井さん
AKiさんにつづき玉井さんまで、こんなエントリーにコメントをくださいまして、ありがとうございます。玉井さんのイメージが崩れませんでしょうか(^^;
実は、三輪車にはヒモが付いていまして、飼い主がそのヒモを引いていました。黒いヒモがそれです。赤いヒモは猫の首輪につながっていました。この時は、飼い主の方が「どうぞ撮ってください」と、脇にどいてくださったので、猫だけが写っているというわけです。この猫、三輪車が動きはじめると、スックと後足で立ち上がりました(^^;

>アンヌさん
あれ〜この猫を知ってらっしゃる方が現れるとは思いませんでした。しかし、三輪車以外にも、乗り物を持っているとは…。なんだか、この猫君、完全に子供として飼われてる感じですね。動物との生活のしかたにもイロイロとありますね〜。

iGaさんはじめごぞんじなのか・・・・
「ニャンちゅう」というNHKの子供番組のキャラクターがいます。

http://www.nhk-ep.com/chara/nyanchuu/

猫に気をとられて書き忘れましたが、masaさんが越えた目黒川の暗渠は遡っていくと緑道になります。
植え込みや草花の多い公園のような道になり、途中にはせせらぎもあって水草が茂り、人家の庭先を通り、昔ながらの小さい魚屋さんの店先を通り、淡島の公園に抜け、桜並木の下を通って下北沢へと続いていきます。
以前はよく自転車でこの道を通って下北沢へ行きました。

>fuRuさん
ギャギャ!そんなキャラがいたとは…。NHKの子供向けということは、子供の間では有名キャラってことですね。
この飼い主の方、このキャラを意識しているのかも?ですね。

>アンヌさん
いただいたコメントを読んでいると、その緑道、歩いてみたくなります。「昔ながらの小さい魚屋さんの店先」なんてのにはやたら弱いです(^^; 早速地図を開いてみましたら、池尻の辺りで、北をゆく北沢川緑道と、南をゆく烏山川緑道に分岐していますね。なかなか行く機会のない場所ですが、いずれって気にさせられました。コメントをありがとうございました。
冷え込んできました。お体を大切になさってください。

ひえ〜〜〜
わかりづらいコメントしてすいません
こういう猫
ミニーキャットとは言いません
ミニーマウスの扮装をしてるんだなーと思ったもので
・・・しっ失礼いたしました

>たくsan
あ、いえいえ、こうして多くの方から頂いたコメントを読んでみますと、たくsanのおっしゃりたかったこと、すんなり分かります。なんせ僕は、ミニーマウス+キャットのこととは分かっても、ミニーマウスがネズミということすらピンと来てなかっただけのことです。にぶくて申し訳ありませんでした〜。



ninepeace.jpg




月別アーカイブ(Archives)



写 真 集


おすすめ




おことわり

エントリー、コメント、トラックバックにつきましては、管理者の判断により削除させていただく場合があります。予めご了承ください。
Powered by Movable Type 4.22-ja





copyright © 2004-2017 masa