すごい薬局

| コメント(10)

エントリーすごい床屋以来、いつの間にか、「すごい○○」が、シリーズのようになってしまいましたが、今日は同シリーズ「すごい薬局」です。薬局とは言っても漢方専門のようですが...。
最近、春日通りを通って川越街道に抜ける機会が多くなり、そのたびに、この薬局が目につき、気になっていました。場所は、地下鉄の茗荷谷駅から大塚方向に歩いて数分のところ。春日通り沿いに建っています。ちょうどお茶の水女子大のはす向かいあたりになります。
こちら、おそらくは木造モルタルの3階建でしょうが、かなり古く、苔むしながらも真っ黒に日焼けした(^^;という感じです。が、なんと言っても、目を惹くのは、3階部分で睨みをきかせている薬祖神農、暖簾や豊富な看板類、軒下園芸ならぬ軒下庭園(^^;などです。これはもう、ひとつの完結した漢方薬局ワールドです。なんだか超越しちゃってますね。
そのわりに1階の看板にある「試してみませんか? 体にやさしい漢方薬」というのが、妙に普通で、逆に笑えます。そんな気楽に入るような感じじゃないですよね。「これは三百年前に中国から渡来した...」なんて秘薬が眠っていたりしても不思議はない感じじゃないですか?(^^;

【場所】文京区大塚3丁目あたりです。

コメント(10)

屋根の上には、隣のビルの一部まで乗っけているんですね。この写真に写っているだけで「漢方」という文字が10もあります。陰は裏にまだ5つくらいはあるでしょう。

>玉井さん
コメントをありがとうございます。ビルをのっけている点まで気づいていただきまして、たいへん嬉しいです(^^; ま、見透かされている(^^;という言い方もできますが…ポリポリ。
そして、漢方という文字数、指摘されて自分でも数えてみましたが、た、確かに10もありますね。よくもそんなことまで…(^^;
しかし、こちら、コッテリ感に溢れてました。時間のあるときに、もっと細かく観察したいと思います。また、ご主人がどんな方なのか…いちど、海馬刺激剤でも処方してもらいに行こうか?なんて思っています(^^;

「すごい○○」シリーズの次回は「すごいmasaさん」
秘蔵写真大公開!!なんちゃって。(^o^)

すごいシリーズのファンのcenです。電柱の影なのでしょうか?正面上部の看板を四つ切りしているのか、クリス・チャン(中国人名)なのか、また変なことを言って…
今年はいろいろとありがとうございました。来年も楽しくお付き合いさせてください。よろしくお願いいたします。

>iGaさん
iGaさんって「すごい先生」だな〜と思っていたのに、最近、こんなんばっかですね(^^; ザブトン1枚返していただきますっ(^^;
次回は、「すごいカマさん」と題して、AKiさんのポートレート (リコーGRをお借りして)にようか?なんて考えてます(^^;
ま、冗談はさておき、ほんとにあれこれとご教授いただき、ありがとうございました。(って、まだウェブ上ではお会いする可能性大ですが) 来年もダイブをはじめ、宜しくお願いいたします。

>cenさん
あれ〜、iGaさんにお返事してる最中にコメントいただいたようです。こちらこそお世話になりました。どうぞ良いお年をお迎えください。そして、来年も引き続き、よろしくお願いいたします(yukiりんsanも…)。
クリス・チャンよろしいですね〜。リー・ボクさんのスニーカーに匹敵します(^^;

こんにちは、ゴホコボ・・・、風をひいて咳がひどいので、こちらの漢方の先生に薬を処方していただきたいです。cenさんと同じく、十字架が、なんだか鬼のように角の出た(短いですけど)薬祖神農に向けられているように見えてしまって…。薬祖神農さんは私たち人間には「医薬の始祖」、とても良いお方なのに、まるでドラキュラにむけられた十字架のようです(^^;;。中にも入ってみたいですね。長い髭をはやした仙人のようなあやしい雰囲気の先生がいらっしゃるとよいのですが、現実はおそらく、白衣を着て髪を七・三にわけた真面目そうな「試してみませんか? 」タイプの先生なのでしょうかね(^^;;。

>wakkykenさん
もしや、一神教が薬祖神農まで追いやろうとしている図かも?です(^^; いやいや、もう今年はすっかり『ア』にやられてしまい、何でも『ア』絡みに見えてしまいます(^^;
これは、何やら差し障りのない病名を見つけ、その対応薬の処方でもお願いしてみなくてはなりませんね。病名は何が良いでしょうね〜(^^; おっしゃるように、ご主人の姿が非常に気になります。予想に反し、妖艶な美女だったりしたらどうしましょう(^^;

予想に反し、妖艶な美女だったりしたらどうしましょう(^^;>masaさん。そのばあいは、僕にもぜひ連絡してください。でも、僕のこれまでの経験だと、都合のよい願望は、たいがいダメでしたけど・・・(^^;;。でも、なんだか仮病を使わなくても、お店のことをうかがうと、親切に解説してくださったりするような気が。この「すごい」建物ですから、漢方の先生もこだわりがあるのではないかと思います。

>wakkykenさん
漢方の先生が「妖艶な美女だった」場合、wakkykenさんには「年老いた仙人だった」とウソの情報を流し(^^; 僕ひとりだけ良い思いをしようと思います(^^;
この場合、妖艶な美女先生そのものが漢方効果を発揮してくれそうな気がします(^^; ははは。
が、真面目な話、ここは仮病なしで突入しても良さそうですね。実のところ、この写真を撮った時に時間があれば、そうしてたかな?と思います。



ninepeace.jpg




月別アーカイブ(Archives)



写 真 集


おすすめ




おことわり

エントリー、コメント、トラックバックにつきましては、管理者の判断により削除させていただく場合があります。予めご了承ください。
Powered by Movable Type 4.22-ja





copyright © 2004-2017 masa