アースダイニング@傳八

| コメント(18) | トラックバック(3)

既にAKiさんiGaさんのブログで、それを追ってtamさんのブログでも報じられているように、昨日(3月2日)、関西からwakkykenさん、関東からnatsuさんをゲストに迎え、次回アダイの打ち合わせを口実にした「ビール・ホッピーを浴びながらAKiさんの独演を楽しむ会(^^;」が、銀座「傳八」で行われました。そこに、いつものように、僕もチャッカリ同行・同席させていただきました。
関西からわざわざwakkykenさんがいらっしゃるわけですから、この独演会は、佃島から築地場外あたりをミニ・ダイブするという付録付きになりました。そのコースについてはこちらをご覧ください。結構歩いています。全長約6km。所要時間は1時間45分、内移動時間が約1時間、停止時間が約45分間というデータを得ました。小雨が降ったせいもあり、多少急ぎ足になっていたのか? 移動時の平均時速は約5km/h、全体平均時速が約3.2km/hと、なかなかのハイペースのダイブになりました。
ところで、今日の写真は、言わずと知れたAKiさんがデザインされた、三原橋「傳八」です。いまさら…という感じではありますが、これは「この写真には、クルマも通行人も写ってないぞ〜」という自慢エントリーなのです(^^; それにしても、この両サイドがカーブした横長のデザイン、それを助長するかのような横長のスチール製の窓枠、カッコイイですね。その傳八で、大笑いしっぱなしのアースダイニングが行われた、という報告でした。

【場所】中央区銀座4丁目あたりです。

トラックバック(3)

Blog版「環境社会学/地域社会論 琵琶湖畔発」 - 盛岡・東京・まちと人びと (2006年3月 4日 02:37)

■充実した旅が終わったあとは、職場には仕事が山済み。うんざりです。ただし、雰囲気だけでもと思い、写真だけアップしておきます。文章は、目の前の仕事がとりあえずなんとかしてから…。盛岡と東京で、広い意味では(私の定義では)「まちづくり」にかかわる皆さんとお... 続きを読む

昨日3月2日午後は、次回のアースダイビングの企画の打合せということで、wakkyken さんの上京に合わせてアースダイニングなる催しが行われた。東京アースダイバーの幹事の面々、masa, iGa, tam, AKi、そして wakkyken さんと友人の natsu さんの6人が江戸東京博物館に集... 続きを読む

 わきたさんの盛岡出張の帰りがけに東京に寄っていただいて、アースダイビングわきた版の下打合せをすることになった。AKi、iGa、masa、わきたさんとその研究者仲間の萩原さんがいらした。初対面だというのに待ち合わせは「江戸東京博物館で」というだけのおおまかな約... 続きを読む

コメント(18)

masaさん、こんばんは。昨日は、たいへんお世話になりました。宿題をやらないまま岩手と東京に出かけたので、8月31日に泣きながら夏休みの宿題をやっている小僧のように、職場でパソコンにむかいながら泣いています、、、シクシク。苦しくて『Kai-Wai散策』に逃避し、涙に滲むつぶらな瞳で新しいエントリーを拝見すると、こ、こ、これは!!masaさんの腕だと、「傳八」はこんなふうに写るのですね。これは、驚異だ。「根津の表通り」(2/15)と同様に驚きました〜。ところで、昨日、さらに驚いたことは、あの「独演会」でした。そのうちに絶対「人間国宝」間違いなしです。

>wakkykenさん
こんばんわ。昨日は、過密なスケジュールのなか、時間を割いてくださいまして、大変ありがとうございました。愉快に笑えるってのはヨロシイですね〜。
その反動で、お忙しそうですね。あれだけお湯割りをお浴び(^^;になった後ですから、体調維持にお努めください。
この写真は、やはりデジ一眼の力ですね。この一瞬にシャッターが切れてくれればどなたでも可能、という感じですよ(^^;
AKiさんは、本来、夜の銀座でお仕事なさるべきお方でした(^^; すれば…、今頃は、丸源ビル以上のビルオウナーになっていらしたに違いありません(^^;(^^;(^^;

いや、いや、すばらしい。これで傳八も輝いて見えます。やはり、月とスッポン......。そういえば、スッポン・ビルなんてありましたですね。

いゃあ、素敵ですね。店の中の雰囲気も伝わって、もうひとりのアキちゃんもお喜びでしょう。

>AKiさん
銀座とは言え、クルマと通行人の切れ目があるものですね。AKiらめずに待ったのが良かったです(^^;

>iGaさん
「AKiさんデザインのビル」という時に、全景写真として使えそうなのが嬉しいです。

今回停止時間が短いですね
矢張り天候の所為でしょうか

傳八、なんか聞き覚えのある名前だと思ったら
建物の一階にある中古カメラ屋に良く行っていたからでした
一階ばかりで二階を良く見ていなかったです〜
(バチあたり)

>GG-1さん
やはり「わっ来た」じゃなく「わっ雨」が歩調を速めたようですね。
僕も、実は、こちらの三共カメラさんで中版カメラを購入しました。ですが、30年以上前のことですので、当時はまだ傳八ではなかったんですね(傳八への改装は1987年とのことです)。と、ちょっと責任回避(^^;

なんだか楽しそうでありますね。
銀座の傳八も行ったことがありますが
新宿が多いかもしれませんね。
新宿の店主からは
なぜか毎年年賀状が届きます。

>fuRuさん
こんばんわ。いつものように…独演会と化しまして、爆笑につぐ爆笑でした。
実は、今回のミーティングは、今後のアダイに向けての顔合わせということで、アダイ幹事とわきたさん、ナツさんのお顔を存知あげている僕が仲介役を仰せつかったというわけです。
ところで、こういった「ミニダイブ+ダイニング」という分科会(^^;があっても良いですよね。

翌日、古いエントリーを見ました。masaさんの写真の腕はどんどん向上しているのですね。しかし、すてきなもののすてきなところを見つける眼は、ずっと変わらない。この写真も、ビルと傳八が魅力的です。下におさまった店たちも、なんだかmasaさんに魅力的に撮ってもらおうと手をつないでいるみたい。

>玉井さん
ええ〜っ、玉井さんにそう仰っていただくなんて、小学校で、先生に花丸付きで褒められた習字などを教室に貼られた時のように嬉しいです。しかもツボツボで…トンと仰ってくださるだけに…です。ありがとうございます。
腕や感性はなかなか進化しませんが、ブログというメディアに頻繁に写真を掲載し、いろいろな方の眼に晒され、コメントもいただくことにより、少しずつチェックポイントが増えているとは、自分でも感じています。今後とも、苦言を含め、ご助言いただきたく思っています。

三原橋の地下のポルノ映画館ではSMショーなどやってて、職業柄(?)ちょいちょい「取材」に行ってたんですが、あの上にこんなすばらしい建築があるとは、恥ずかしながら知りませんでした。
AKiさんのブログで土浦亀城の設計と知って思わずのけぞりました。ひええ。(*_*;)
道路を挟んで左右対称というのは、橋の欄干というイメージ。土浦亀城はそれで橋の記憶をとどめようとしたんですかね。
この画像もまた素晴らしいですね。通行人はいないけれど、店のなかの人の姿が雰囲気があっていいです。

> 館 淳一さん
コメントをありがとうございます。そうでした、歌舞伎座〜時計台の辺りは、館さんのテリトリーですね。実は、この日も、時計台のある長屋を見てから傳八へ…というつもりが、「ラーメン食べたい!」ということになってしまいました。
僕は、土浦亀城と言われても、?でして(^^; googleで調べてみてビックリしたクチです。次回、AKiさんや玉井さんにお会いした時に、その辺りのお話を伺わねば!と思った次第です。しかし、橋の欄干イメージという発想は全くありませんでした。が、そう言われてみると、まさにそんな風に見えはじめますね!

こんにちは。 地方巡業からやっとオフィス仕事に戻ってまいりました。 さて今度のアダイ、またまた面白そうですね。 バクテーはからまないのかな? 

>いのうえsan
長期出張、お疲れさまでした〜。お疲れが出ませんように…。次回アダイにつきましては、もう、iGaさんとwakkykenさんにお任せでして、本筋の話はサッパリなんです(^^;

masaさん お久しぶりです!

久々に拝見してみたら傳八がっ・・・!!
この建物、うちの会社のすぐそばにあるんですが、masaさんの写真で観ると別人のようですね!!しかもこんな人気のない晴海通りを取れるなんてすごい・・・撮影時間はいったい何時だったんですか?(笑)

ちなみにこの建物のいちばん右端(築地より)にある「陸羽茶寮」という中国茶のお店は本国では相当の名店なんだそうですよ!

※いまさらなんですが、リンク貼らせていただきました!ご迷惑でしたらご遠慮なくおしゃってくださいね。

>meizaさん
うお〜meizaさん、お久しぶりです! 3人目なんて話しはまだないですよね(^^; (超遅れましたがおめでとうございます!)
この写真はですね、5時28分45秒に撮ってます。無人・無車状態になったのは、ほんの一瞬のことで、まさかほんとに撮れるとは思ってませんでした。うまくいっちゃいました(^^;
お茶屋さん情報、ありがとうございました。このところ、ジャスミンティーを探していたのですが、美味しいのを何処で探せば良いのか?と思ってたところです。こんど行ってみなくちゃ、です。
リンクだろうと何だろうと、ぜひぜひ宜しくお願いいたします。meizaマンセー!でございますよ(^^;



ninepeace.jpg


che.jpg


月別アーカイブ(Archives)



写 真 集





おことわり

エントリー、コメント、トラックバックにつきましては、管理者の判断により削除させていただく場合があります。予めご了承ください。
Powered by Movable Type 4.22-ja





copyright © 2004-2020 masa