総板張建築

| コメント(14)

このところ、平屋の看板建築に惹かれます。ん? 昨日の書き出しと同じですね(^^; ま、実際、そうなんです。看板建築に限らず、平屋が気になっています。
そこで、今日は、ずっと頭から離れない平屋看板建築の写真をアップすることにしました。この建物は、過日、下北沢を歩いているときに出会ったものです。
看板建築と言っても、全体が板張りです。相当に風化が進み、痛みも出ています。もう植物にも絡まれています。見るからに、廃屋かな?という状態です。が、この写真を撮った時点では、この裏側にある窓から、電球の明かりが漏れていました。現役の建物なんですね。
ところで、手前の自動販売機が邪魔と言えば邪魔ですよね。が、この場合、販売機を覆うテントの形が、真四角なこの建物の外形を引き締める役割を果たしているように感じます。ここは、道路が左下がりになっていて、なおかつ、自動販売機の左側が手前にくるように設置されているため、テントが左上方に一直線に伸びているように見えます。その伸び方に、なんとなく力感がありませんか? そして、右側の窓のあたりの四角と、このテント部分がうまく拮抗しているようにも感じます。風化の具合といい、なんだかカッコ良く感じるんですね〜、この建物。

【場所】世田谷区代田5丁目あたりです。

コメント(14)

う〜ん ただものではない! この建物。
俗世間を超越してしまっているカッコ良さが際立ちますね.。 

>いのうえsan
反応していただけましたか〜(^^; こういう建物に、京島LGのcenさんに手を入れてもらって再生、なんてやってみたくなります(^^;

はい、ご指名にお預かりありがとうございます!自由度100%という感じですね、もうこのまんまで十分カッコいいし、板張りのハゲ具合といい、つる性植物の絡み具合といい、どうやら再生が自然と進んでいるみたいですね(^^; もっともっと、ということであれば、自動販売機にクレマチスですかね〜?(^^;

平屋に惹かれるお気持ち、よっく解ります。究極のかたちとも言えますよね。この建物はいいなあ〜、どこか感じるかっこよさは、私に関して言えば、昔本牧の米軍住宅地にあったバス停の板張り屋根付きベンチを想起させられるからかも知れません。色はまミドリでしたけど、何か似ています。だからLGさんに・・というのも、なるほどな〜と思います。

これ、あのときの家ですよね。当たり前のようですがイエというものは、本来平屋なのです。これは、よく言えばぼくの持論、悪く言えば勝手な思い込みですが、Blogパトロールにカードをもらわないように、自分のところちゃんと書こうと思っています。

はじめまして。
以前から見させていただいていました。
見ごたえのあるものばかりで興味深いですね。
私もトタン張りだとか、風化して味のある建物が好きで見つけると写真を撮ったりしています。
 
この建物の前はよく通るのですが、ずっと廃屋だと思っていました。住んでる方がいらっしゃるとは驚きです。
ぼろぼろだけど、なんか惹かれるのですよね・・・ 立派な柿の木もありますよね。画像左に見えていますが。
ところどころ板が抜けているのもいい感じです。

>cenさん
あ、お呼び立てしまして…(^^; 僕は、cenさんに、自動販売機を波形トタン仕上げにしていただきたいかな〜(^^;

>neonさん
米軍基地系の匂いと言われると、どことなくそんな気がします。この建物に関しては、国境という概念は無用ですね(^^;

>玉井さん
はい、玉井さんと一緒に、裏の部屋の灯りを確認した、あの建物です。「イエは本来平屋」ということ、当たり前のようですが、超高層ビルを含む2階建て以上の建物ばかり見ていますと、感覚がズレているようでして、妙に新鮮に響きました。

>オオトリさん
はじめまして。コメントをありがとうございます!
ここを通りかかった時は、僕も廃屋だと思いました。が、左側奥に窓があり、そこから灯りが漏れているのを見て、びっくりした次第です。この建物は、季節や光の具合が異なる時に、また撮っておきたいな〜と思います。ちょくちょくお通りになるというオオトリさんが羨ましいです(^^;
今後とも宜しくお願いいたします。

波形トタン仕上げの自動販売機、是非やりたいです!
その上に鉄線(クレマチス)は、しつこいですよね(^^;

おっと、熟成させて出てきましたですね。
先日、小田急線から眺めて、ちゃんと記録しにいかなくちゃと思ったばかりでした。

>BP(AKi)さん
ここは、何度か撮って、いちばん良い表情を…と思っていましたが、もう一度行くというのはなかなかできません。内藤靴店も…です。

>cenさん
ははは、クレマチスに異様なこだわりが…。何か理由かオチがありそうですね〜(^^;



ninepeace.jpg




月別アーカイブ(Archives)



Photo Gallery

写 真 集


おすすめ




おことわり

エントリー、コメント、トラックバックにつきましては、管理者の判断により削除させていただく場合があります。予めご了承ください。
Powered by Movable Type 4.22-ja





copyright © 2004-2016 masa