荒木町段坂路地景

| コメント(14)

昨日は荒木町の階段路地景をご覧いただきましたが、今日は、荒木町の段坂のある路地景です。
「段坂」なんて言葉があるのか?と言われると困りますが、「段畑」という言葉がありますから、ま、いいか...という程度の発想です。
荒木町は周囲全体が斜面になっていますが、場所により傾斜の角度は様々です。その傾斜角度に応じて、擁壁や階段、坂になっているわけですが、傾斜が極めて急な場所は、狭いスリバチ内の土地面積を少しでも有効利用するかのように、垂直に切り立った石組みの擁壁に、坂にするには急過ぎる斜面では階段、そして、傾斜が緩やかな斜面は、写真でご覧いただけるように、所々に段を設けた坂になっています。すなわち「段坂」なわけです(^^;
そして、これが石畳になってるところも多く、かなり雰囲気があります。「晴れてよし」「曇ってよし」「降ってよし」と、三拍子揃っています。写真はその証拠です(^^; ちょっと暗いですが、左から、撮影時のお天気は「晴れ」「薄曇り」「雨」です。
残念ながら、これらの段坂も、コンクリートで補修されたり、マンホールも愛想のないものに変わっていたりはします。そして、坂の両側にもマンションが建つ時代になっています。が、それでも、こうした折れ曲がりながらだらだらとつづく段坂なんて、東京では、そうはお目にかかれません。
昔は、この石畳の段坂をそぞろ歩くと、カラコロと下駄の音が響いてきたり、どこからともなく新内が聴こえてきたりしたのでしょう。でも、今でも、ちょっと想像力のスイッチをONにして、そんなことを想いながら段坂を歩けば、この町には、まだひと昔前、いや、うっすらと江戸の匂いすら残っているのを感じ取ることができるはずです。

■関連エントリー:荒木町小盆地景 / 荒木町階段路地景 / 荒木町坂道景 / 荒木町界隈凸凹地図 / 段路地の粋

【場所】新宿区荒木町あたりです。

コメント(14)

石畳のやさしさ、段坂の趣き、“ゆっく〜うり歩こお〜お、お〜お労労♪〜(ローレルでしたっけ?)”

左から、撮影時のお天気は「晴れ」「薄曇り」「雨」>masaさん。ということは、何度も何度も足を運ばれているのでね!!真性スリバチのなかで暮らすって、どんな気持ちなんでしょうね。普通ではなかなか経験できないことですからね。真性スリバチの底で、ゆっくり生ビールを呑みながら、スリバチにつて語りあってみたいです。

>cenさん
石の段の部分が、自然に角がとれて、ま〜るくなってるのが優しく可愛いですよ。

>wakkykenさん
まだ4度です。しかも短時間で…。まだまだですね。でも、すこしずつ、昔の姿を想像できるようになってきました。ここは、スリバチの底に池があり、その池を確保するため、住民が土地を買い取り、公園にしています。そこの椅子に腰掛けて缶ビールというのも良さそうです(^^;

wakkyさんは、ビールがお好きなようで…
ここでは、たらい桶に井戸水で冷やしておきましょう!
もちろん、石畳に水は打っておきますよ、
わたしの仕事ですから(^^;
自然に角がとれて、、、そうですよね。

>cenさん
wakkykenさんは相当な酒豪でいらっしゃいます。
ところで、ここの底にある池でスイカなそを冷やせる、なんて時代もあったに違いないです。

一番右の写真の景を、きれいな抽象画にしてみたいです。。。

>neonさん
幻想の世界が繰り広げられそうですね〜。

masaさん
 荒木町を紹介してくださりありがとうございます。

mixiではカークさんに発見されました(笑)

masaさんはお酒飲めないんですか〜?
荒木町はお酒の町でもありますよ♪

>こうらsan
うわ〜っ、地元の方が登場してくださいました! ありがとうございます。今後のエントリー、緊張しちゃいます。
そうなんですよ。僕は下戸なんです。これが原因で、どうも夜の町徘徊ができません(^^; 情けなくなります。
荒木町には今後もお邪魔いたしますので、どうぞ宜しくお願いいたします。

20代の頃、市ヶ谷本村町の事務所に勤めていた時期があり、田中土建のビルまで昼御飯を食べに出てました。裏が荒木町の坂道、旨いコロッケをつくる肉屋があり、足りなかった昼御飯を新聞紙にくるんだアツアツで補給。この坂道をのぼったり下りたりしながら、すり鉢歩行を楽しんでいました。「鬼平犯科帳」にもたびたび登場しますね。

>shinさん
詮索するわけではありませんが、秋山さんのご友人shinさんでいらっしゃると拝察したします。コメントくださいまして、ありがとうございます。
そして、荒木町に関するエピソードをありがとうございます。改めて知ったことですが、荒木町に親しみを感じていらっしゃる方というのは、想像以上に多いようですね。
「鬼平犯科帳」に登場するとは知りませんでした。なんせ犯科帳はまだ読んだことがありませんもので(^^; が、近所に「鬼平犯科帳」研究で有名な西尾さんがいらっしゃいますので、荒木町についてお訊きできるな!と、いま思いつきました。今後とも宜しくお願いいたします。

随分頻繁にいらっしゃってるのですね!
すり鉢の底にいますので、お茶でも飲みに来て下さい(^^

>ciceroneさん
ええ、驚き〜。下手するとバッタリお会いした可能性ありですね。上にコメント下さっている こうらsanと同じ町会員じゃないですか〜(^^; 世間は狭い(^^;
しかし、あの底、子育てには非常によろしい環境ですね(^^;



ninepeace.jpg




月別アーカイブ(Archives)



写 真 集





おことわり

エントリー、コメント、トラックバックにつきましては、管理者の判断により削除させていただく場合があります。予めご了承ください。
Powered by Movable Type 4.22-ja





copyright © 2004-2019 masa