山腹の侘錆景

| コメント(24)

長らくお休みさせていただきました。実は、法要のため、郷里・山口に行っていました。昨夜、東京に戻りましたが、山口滞在中、けっこう神経を使ったためか、家に着くと、もうグッタリ。でも、しばらく放っておいた拙ブログをのぞいてみると、コメントスパムでいっぱいです。やれやれです。とりあえずそれらを削除。が、昨夜は、それ以上は何をする気にもなれず、休んでしまいました。

が、今日からリセットです。まずは、山口土産「侘びしい錆びつき波形トタン屋根」(^^;です。この建物は、長門市日置にある、千畳敷という見晴らしの良い丘に上る道沿いに建っています。
とにかく、凄いトタンの継ぎ接ぎぶりです。場所によっては、いったい何枚重なっているものやら?です。錆びて穴が空いた箇所にその上から…という作業の繰り返しが、この姿を生んだことは想像に難くありません。
もう左の端から植物と絡み合った状態で、自然に戻りつつある家ですが、まだまだ現役です。それは、軒下に置いてある自転車が使える状態であることからもお分かりいただけると思います。また、この建物は右に続いていて、途中から瓦屋根になっています。そして、その隣りにも古い別棟の家があり、以前に、その家の煙突から煙りがのぼっているのを見たことがあります。
しかし、ここは小高い山の中腹です。交通手段は車以外にありません。集落があるわけでもなく、ほんとうに人里離れた位置にポツンと建つ1軒家です。ここに家を建て、今日に至った理由が気になります。が、この家の玄関が開き、誰かが姿を現すのを待つ時間はなく、それは分からず仕舞いのまま帰ってきてしまいました…。

場所】山口県長門市日置あたりです。

コメント(24)

masaさんお帰りなさい。コレコレこれがなければ一日が終わりません。何かホットしました。
お疲れ様でした。しかし、masaさん郷里が山口とは知りませんでした。あのG.E..ガントレット氏が天皇を案内し世に紹介した秋吉台・秋芳洞を思い出していました。そうそう元国鉄APもまもなく解体とかまた、機会があったら建物と会話してみてください。お願いします。与

>与太郎さん
こんばんわ。拙いブログを、いつも暖かい目でご覧いただき、ほんとにありがとうございます。しかし、与太郎さん、お詳しいのは東京ばかりではないのですね〜。参りました。僕は山口で生まれましたが、山口に居たのは3才まででして、実に山口のことを知りません。秋吉台と秋芳洞にも1度だけ行ったことがある程度です(^^; ガントレット氏のお名前も初耳ですし…。いや〜お恥ずかしい限りです。
ところで、元国鉄APって、本郷の元国鉄職員アパートのことですよね(^^;

ハイ、仰せの通りです。
今から埋蔵物遺構調査結果を楽しみにしておる次第です。地元の移り行く姿を憂い、時間があると工事現場に赴き徘徊する病気です。

イヤ〜、ガントレット氏の事は、たまたま知っていただけなんです。テヘ! ではまた・・・与

お帰んなさい。
凄いですね、この屋根はトタン板がワラ屋根と化しているように見えます。
台北の円環にあった不法占拠のバラックのトタン板のレイヤにも感心したけれど、この屋根も凄いです。

>与太郎さん
元国鉄職員アパートは、低層の団地の一部を切り取って本郷に移植したような雰囲気で、なかなか良かったですね。が、既に囲われてしまいましたね。あそこは埋蔵物遺構調査されるのでしょうか…。僕もできるだけ気をつけます。

>iGaさん
このところご無沙汰しています。申し訳ありません。20日は、wakkykenさん、iGaさんとご一緒できず、残念でした。ところで、この建物もなかなかな状態ですよね。よほどトタン板が有り余っていたのでしょうか(^^; 欲を言えば、も少しだけ、配色に気を使って欲しかったですよね(^^; そんなこと言ってる場合じゃないのでしょうが…。

お帰りなさいませ
矢張り一日1回はこちらを見ないと・・
すんごい屋根ですね
殆んど魚のウロコのようですが、台風など来ると全部纏めて飛んで行きそう

>GG-1さん
こんばんわ〜、早速のコメントをありがとうございます。いや〜なんだか、PC画面に向かってブログ繋がりの方々とお話してますと、日常に帰ったようでホッとします。ブログ中毒なのでしょうか(^^;
ところで、このトタン屋根ですが、山の中腹ですから、吹き上げる風で簡単に持ってかれるような気がしますよね〜。現にいちばん上の部分がめくれてますし…。でも、何やら上手いこと固定してるんでしょうね。秘密は「トタンのウロコ張り(^^;」でしょうか?

masaさん、おかえりなさい。
僕も帰阪してから「何をする気にもなれず」でした。ってか今も?(^^;)

ところでトタンですが、屋根の方は錆びてしまってよくわからないけど、壁面には青色の波板トタンがありますね!
山口あたりの西方まで行くとまたよく見掛けるものになるんでしょうかね〜。
それとこんな人里離れた一軒家でもマルフクの看板があるんだな〜と。。

masaさん、お帰りなさいませ〜。大変お疲れ様でした。
で、帰京一発目がこれですか〜!すごいですね!ここまでくると、パッチワークなんてかわいいもんじゃありませんね。現役というのもオドロキです。今にも継ぎ接ぎトタンがずり落ちてきそうに見えます。トタン葺きと言った方がいいような。。。でも色はなんだかちょっと愉しいですね。これだけ緑に囲まれていると、侘錆も長閑な趣ですね。

おひさしぶりです。
海が近そうですから色づくスピードも早そうですね。。
てっぺんの波板でない反ってる1枚が気になるなぁ...

masaさん
おかえりなさいませ。
この何ともいえない、むくり加減がたまらないですね。
ひょっとして、わらぶき屋根の上にトタンを載せているのかもと思いました。
ところで、新しい自転車がおいてあるところをみると
ひょっとして、今も誰かが住んでいる??

>m-louisさん
先頃のm-louisさんのハードなスケジュールに比べれば、体力的には楽なものでしたが、神経疲れってのは、けっこうきますね。
トタンの色ですが、僕もこの家の前に立って、「あれ、ブルーがあるな〜。neon-louis理論(^^;によれば、関西には無いはずなのに…(^^;」なんて思いました。でも、関東のブルーより淡い感じですよね。もしや退色?ってこともありますか…。
それからマルフク看板、僕も同じこと思いました。特に、先日、高輪の路地裏で「え、こんな所にも…」と思ったばかりでしたので…。これ本当に全国区ですね(^^;

masaさん、お帰りなさい、

 山腹の侘錆景の写真、いつもながら良い雰囲気ですね。無造作に波板を重ねたように見えて、軒先の部分はちゃんと斜めにカットしてあるなど、それなりのこだわりがありそうです。

>neonさん
こんにちわ。留守中、neonさん関連エントリーを看板にさせていただきました〜、ありがとうございます。
この家、なんだか凄いことになってますでしょう。トタン部分だけを見ると、どひゃ〜という感じなのですが、仰るように緑に包まれているせいか、ほのぼのムードも感じますね。手前の草もかなり効いているような気がします。

>nOz さん
こんにちわ〜。コメントをありがとうございます。この位置は、海とのレベル差は相当にありますが、やはり潮風の影響が相当にありそうです。僕も、あの1枚が気になるんですよ〜(^^; 風でめくれたんですかね〜。それとも、車のウィングや飛行機のフラップのような効果でもあるのか?(^^;です。

>fuRuさん
こんにちわ。早速コメントくださいまして、ありがとうございます。「わらぶき屋根の上にトタンを載せているのかも」とは想像もしませんでした。というか、そういう視点では見ていませんでした〜。
いちおう、切り妻部分というのでしょうか、屋根がつくる建物側面の三角部分は、土壁になっていました。でも、山の麓には水田や畑が拡がっていましたから、あり得ますよね。うぬ〜残念…。次回は、屋根の裏側の様子を観察してきますね。

>じんた堂さん
こんにちわ。コメントをありがとうございます。ここでの生活は、想像ですが、時間の単位が我々とは異次元のように違うでしょうから、トタンの配置なども、意外と、時間をかけてじっくりと…という感じだったりするかも?ですね。お陰様で、なんだか、トタン達人ワザが隠されているのかも?なんて気分になってきました(^^;

masaさん、こんにちは。すでにたくさんのコメントがズラッとならでいますね〜。私も含めて、祝・更新復活!!・・・です(^0^)。左端のほうから順番に自然のなかに取り込まれつつあり、屋根もトタンから右にいくと瓦屋根になっている・・・。いや〜拝見してみたいですね、こちらのお宅を。最初は、トラクターや様々な農機具を納める農作業用の物置なのかなと思っていましたが、こちらは住居なのですか。トタンの葺き方が、本当におもしろいですね。古くなり穴があいたトタンは引き抜いて新しいものを差し込むようなこともされているのかなと想像しました(そうだったら茅葺屋根と少し似ています)。軒下の緩やかなカーブがまた、独特の味を出していますよね〜。

masaさ〜ん、おかえりなさ〜〜〜い!
いや〜凄いですね!トタンの継ぎ接ぎぶりと侘び錆びぶりに脱帽です!しかも現役とは素晴らしい!
自然の風化はよいですね。LGも見習わなければ!

>wakkykenさん
こんばんわ。拙ブログの不可欠必殺コメンテーターとして、これからもよろしくお願いいたしますm(__)m
このトタン屋根の家ですが、現役とはいえ、さすがに住空間としては使われていないようです。どうやら倉庫・物置になっているようでした。それにしても、補修のために、屋根のうえにあがっても大丈夫なのかな?という雰囲気です。古い建物のようですから、意外と、柱や梁はしっかりしているのかも?ですね。なにしろ、住人の方のお話をうかがってみたい!という感じです。

>yukiりんsan
こんばんわ〜。帰ってきましたよ〜。cenさんは元気でしょうか。先日は、LOVE GARDEN仕様のTHE DEAD T を着た京島帰りwakkykenさんの姿にびっくりしましたよ〜。あんな落とし穴もあるんですね〜(^^; さすがLGさんです(^^;
ここはね〜。凄いですね〜。これからは山口に行くたびにチェックしなくちゃです。ここから自然に帰るまでがしぶとそうな建物でした。

はじめまして!
トタン、いいですね、この枚数の多さにはグッときます。

>  さん
はじめまして。コメントをありがとうございます。都会ではちょっと考えられない枚数ですよね〜。今後とも宜しくお願いいたします。



ninepeace.jpg




月別アーカイブ(Archives)



Photo Gallery

写 真 集


おすすめ




おことわり

エントリー、コメント、トラックバックにつきましては、管理者の判断により削除させていただく場合があります。予めご了承ください。
Powered by Movable Type 4.22-ja





copyright © 2004-2016 masa