中村活字で名刺を

| コメント(33)




僕は、長い間、名刺を持たずに生活してきました。ま、ほとんど名刺を使う機会もなく、なんとか仕事をやってこれた...というわけです。ところが...ブログを始めてからというもの、徐々に初対面の方にお会いする機会が増え、その度に、言い訳をしながら、昔撮った写真が印刷されたポストカードに、名前と住所を手書きしたものをお渡ししていました。ま、それはそれで「手作りの味だ」などと自分を騙していましたが、やはり、正式な場合はマズイですよね〜(^^; これまでお会いした方で「該当するぞ!」という方(ほとんどの方です(^^;)、ほんとに失礼いたしました。この場を借りて、お詫びいたしますm(__)m

というわけで、「いよいよ名刺が必要だな〜」と、切実に思い始めていたのです。

そこで、ウチの近所の印刷屋さんに依頼し、とりあえず作ってみました。すると、これが意外に(と言っては失礼ですが)良いのです。が...です。じっと見ていると、何となく味が足りません。原因は印刷方法でした。フラットな感じで、印字したという雰囲気がないのです。「うぬ〜?」と、あれこれ考えているうちに「昔ながらの活版印刷で作ってみる」ことを思いつきました。ネットで調べてみると、何人かのブロガーが「中村活字さんで名刺を作った」という記事をエントリーしています。読んでみると、これが、かなり良さそうです。で、早速、今日、足を運んでみました。
で、とにかく、お店(と言うより工場という感じ(^^;)に入るなり、応対してくださったご主人に見本をお渡しし、活版印刷による名刺作成をお願いしました。ご主人はもう手慣れたもので、注文には「数分もかからなかったかな?」という感じです。その時点で、目の前には、既に、僕の名前分の活字が並んでいましたし...。

が、ここからが、長くなりました(^^; 僕の顔に、よほど「活字などに興味あり〜」と書いてあったのでしょうね、ご主人が、「中に入りたかったら入っても良いよ」とのお言葉。「ええ〜っ、僕、初めて来た客ですよ...良いんですか〜」という感じでしたが、この際です。お言葉に甘えました。
中に入ってみると、家の古い造作などから気になります。ご主人に伺ったところ、「昭和初期の建物で、昔は銅板張りの看板建築だった」とのことです。そして、いよいよ活字やら印刷機械やらの置かれているスペースに突入です。いや〜何もかもが年月を感じさせるものばかりで、実にしびれます。こんな感覚を味わったのは初めてかもな〜という感じです。また、ご主人が鷹揚な方で、何でも見せてくださるのです。というわけで、あちこち写真に撮らせていただいたのですが、今日は、その一部を紹介です。

左の写真は、正面入口を入るとすぐに目に入る、活字を並べた棚です。ここにズラリと、漢和辞典と同じ順序で、活字が並んでいるそうです。全体を見渡すと壮観です。
中の写真は、印刷用に組み上がった活字(活字組版)です。このひとまとまりになった活字の塊を印刷機にかけ、刷り上げるというわけです。ここで面白いことをうかがいました。この活字組版がのっているボードを「ゲラ」と呼ぶのだそうです。それを手動印刷機で試し刷りしたものが「ゲラ刷り」というわけです。「ゲラ刷り」という言葉は聞いたことがありましたが、「ゲラ」というものが存在するなんて、今日の今日まで知りませんでした。いや〜勉強になります。そこで、ちょっと「ゲラ」の語源を調べてみました。
広辞苑によれば「(galleyの訛) 1 組み上げた活字版を収める長方形の盤。三方に縁がある。2 ゲラ刷(ズリ)の略」とあります。そこで、こんどは英和辞典で、galleyをひいてみると「ゲラ 《活字組版を入れる浅い盆》」とあります。そして、galley proof が「ゲラ[校正]刷り」という記載もあります。うぬ〜、ゲラの語源は英語のギャレーだったんですね〜。
で、次ぎに右の写真ですが、この機械は、なんと活字そのものを作る機械でした。もっと寄って見るとこんな感じです。また、活字の母型というものがあり、それはこんなものでした。

いやいや、名刺を注文しに行ったつもりが、とてもよい勉強をさせていただきました。もう「名刺なら東銀座の中村活字さん」ですね(^^; 僕は、もう、こちらで決まりです!

【追記】関連エントリー:作字ってなんだ?
【場所】中央区銀座2丁目あたりです。

コメント(33)

活字は良いですよね
昔、書体を売る会社にいたので文字にはとても興味があります
masaさん、もしかしたら飯田橋にある大日本印刷に行くと、いろいろと楽しい発見がありますよ。

>たくsan
こんばんわ。コメントをありがとうございます。たくsanがそう仰るのですから、機会を見て、大日本印刷と凸版印刷をハシゴしてみようと思います。やはり、こういうゴツイ機械モノには惹かれます。

ああ、私も名刺について、根津オフ会で切実に必要性を感じました。今日、一軒、覗いてきた所ですよ。
中村活字さん、とても良さそうですね!
「こんな感じ」「こんなもの」の写真、いずれも激しく琴線がなっております。
私も中村活字さんに突撃しちゃおうかしら?
いいですか?masaさん。

>greenaginさん
あ、同士現る(^^; もう、ここ、お勧めです! ご主人も従業員?の方も最高。しかも納期も早く、もう明日の午後には受け取れるんですよ! ぜひぜひ名刺仲間(^^;になりましょう。お作りになったら、名刺交換オフをやりましょうね(^^;

masaさん、すごい行動力です!
このエントリー、あまりに面白いので凝視熟読してしまいました。「活字文化」とか言ってもぜんぜん「活字」じゃないので、こういうお仕事がないと忘れてしまいますね。かっこいいなあ、しびれるなあ、母型。
しかも価格も思ったより全然高くないんですね。自分の名前が「活字」になる!って、とてもすてき。

たびたびすみません。ゲラの語源(驚)を拝見して、最近知ったことを思い出したのですが、「ルビ」はruby typeなのだそうです。うぬ〜。

うわ〜、ぐずぐずしていたらmasaさんに先を越されました。。。実は私も中村活字さんで作ろうと思っていたのですよ。というのも、今回の展示を通して仲良くなった「東京浪漫劇場」という素敵なサイト http://www.tokyo-roman-theater.net のtomoさんのウェブログに、やはりこちらで名刺を作られたことが載っており、お会いしたとき頂戴したのですが、すんごく素敵だったのです。名刺というものが大好きな私は、(まだ以前作ったものもあるのに)もうこれはここで作るしかない!と思っていたところでした。やはり、活版の字は深みがあります。
masaさんの名刺是非交換して下さい!私も早くいかなくては〜。。。

masaさんおはようございます。
自分の属す社会とは別に
行動する場合印象付けも兼ねて
名刺は役立つでしょうね。

私もつくりたいのですが
どのような肩書きや紹介の文句が
ふさわしいのでしょうか・・・

ブログにあるような自己紹介とは
チョイトちがいますよね。
是非ともmasaさんの名刺欲しい

というか早くお目にかかりたいです。
オフホワイトのGジャン姿の後姿を
頼りにどんな風な・・・と
想像するばかりです。

ここで作ったという名刺を昨年頂く機会がありました。
確かにすてきです。こんどぜひmasaさんのを頂にあがります?!

>braryさん
このエントリーは、工程などをもっときちんと取材してエントリーすべきだな〜と思いつつも、興奮で、昨夜アップしてしまいました(^^; いや〜こういう職って、たまりません。こちらには、活版印刷用の飾り縁(線)などもあって、これがまた…でした。
しかし、ルビの語源ががruby typeとは…思いもよりませんね。活字の大きさの呼称からきてるんですね〜。
ところで、ゲラですが、最初は語源辞典にあたったのですが、ゲラは収録されていませんでした(^^;

>neonさん
あれれ、neonさんも中村活字さん狙いだったのですか〜。きっと僕より前にご存知だったようですね。そうそう、昨日、「東京浪漫劇場」さんのお名刺、サンプルとして見せていただきました。すごく良いですね。その場で「同じ紙を使ってください」とお願いしたところ、「この方は、紙を持ち込まれたんです」とのこと…。いや凝っていらっしゃいます。ブログの方も流石ですね。
ところで、neonさんの名刺は、neon手書きフォント以外にないような気がしてましたが…やはり活字ですか(^^;

>スコッチエッグ♂
ほんとに、お目にかかりたいですね〜。ブログで知り合ってから随分時間が経ちますのに、すれ違うことはあっても、ななかか…ですもんね。
名刺って、考え始めると、つい考え過ぎてしまって、なかなか印刷に持ち込めないですね。
昨日、サンプルを見せていただいたのですが、「表に名前(黒)、裏にブログのURL(赤)のみ」という名刺がありましたが、かなり潔くてカッコ良かったですよ。

masaさん、こんにちは。僕も「該当するぞ!」で「昔撮った写真が印刷されたポストカードに、名前と住所を手書きしたもの」をいただきましたが、それはそれで、大変印象深いものでしたよ。でも、こんど新しくお名刺をおつくりなったのであれば、ぜひにでもいただきたいものです。それが、「活字組版」によるものであれば、なおのこと・・・です!!僕のものなどは、仕事用のものなので、味も素っ気もない名刺なのですが、masaさんの名刺って・・・いろいろ想像しています。ところで、鉛色の活字組版と木製のgalleyや棚、ゴツゴツした印刷機械+照明、この組み合わせはなんともいえず美しいですよね、これは。そして、そんなことを考えていて頭に浮かんできたのが、どういうわけだか、交通博物館に展示されいた(僕は結局見学できませんでしたが・・・)戦闘機「疾風」のハ-45型エンジンなのでした(2006年01月13日「交通博物館/万世橋駅遺構」)。

>wakkykenさん
あ、その節は失礼いたしましたm(__)m しかし、あまり期待なさらないでください。「活字組版」を活かしきるまでデザインできませんので…。また、活字である関係上、イラストなども使用していませんので…。今日、既に中村活字さんから、ファクスで校正刷りを送っていただき、印刷ゴー。もう、そろそろ受け取りに出ようかな?というところです(このスピードも凄いです)。
こちらは、「中村活字」という看板通り、いかにも「活字専門・活字一筋」という感じでシビレました。仰いますように、ハ-45型エンジンなどを思い浮かべますね。重い金属で出来たアナログな機械、その鈍い光り具合って、やはり非常に魅力がありますよね〜。

>aiさん
えええ、中村活字さんって、想像以上にいろいろな方の名刺を印刷されてるようですね。しかも以前から…。もしやaiさんもこちらで…ってことはないでしょうね。
今年中に、なんとか、名刺交換オフを実現したいものですね。京島のcenさんからは、トタンに錆で名前を書いた名刺(^^;なんてものが出てきそうですが…(^^;

masaさん、こんにちは

 エッジの立った滑らかな曲線の文字は、活字印刷ならではですね。活字の母形、話には聞いていましたが、masaさんの写真ではじめて見ました。あーいう格好だったんだ!こども頃、活字はアンチモンの合金を溶かし、それを型に流しこんで作ると習ったので、箱のようなものを勝手に想像していました。いつもながら、masaさんの行動力と写真に脱帽です!私も、名刺を作ろうかな・・・。

ぼ、ぼくも、遅ればせながら、会話に参加させてください。
本日朝一でこれらの写真にしびれておりましたところ、出遅れました(^^;
正直、たまりません!のひと言であります、押忍!!
これらのもの達を抱いて寝たい、出来ることなら、我が物にしたい…が、しかし、、、
足ることを知れ!と言い聞かされてますので(^^;
まずは、masa大先輩のお名刺を、拝ませていただいて、ある者を納得させねばなりますまい。
今でこそあまり見なくなりましたが、タイプライターに打ちのめされた経験もあります、あれっ、ハリウッドのタイピストだったかな〜(^^;

うわぁ。。。いいですね。ぜひわたしもつくってみたいです。

>じんた堂さん
今日、刷り上がった名刺を受け取ってきましたが、やはり味があります。文字の大きさやタテヨコ比が、パソコンを使ったときのように自在に変化させられないのが、逆に功を奏し、妙にバランスしていて、気に入りました。母型については、僕は、まったく存在すら知りませんでした。本当に未知の世界を覗いたような感じです。じんた堂さんもぜひ! ついでに、あの栞もいかがでしょうか?(^^; (一箱古本市でいただいた栞、大切にしています)

>cenさん
これらを抱いて寝ると、朝起きたら、体中に活字の跡がクッキリで、「耳無しほういち」状態になっていると思います(^^;  ま、魔除けには良いかも?ですけどね(^^;
(耳無しほういち」なんて、いまの人は知らないですかね?)
タイプライターもメカニカルなやつ、よろしいですよね〜。ただ、和文タイプライターはノーサンキュです(^^;
で、タイプライターなんですか?タイピストなんですか?気になるのは…(^^;

>mitsubakoさん
mitsubakoさんの名刺となると…ですね〜。裏がモノトーンの写真で、表がよ〜く見ると手書きって感じですかね〜。大変そう(^^;
僕は、もう次ぎを考えてしまってます。紙質を考えて、もしかすると、紙持ち込みで…なんてことを…(^^;

masaさん,いつも路地裏を楽しく拝見しております.
活版印刷で作った名刺,いいですねえ.とても気になります.活版印刷は文字だけなのでしょうか?それとも,ちょっとした絵やイラストなどが用意されているのでしょうか?
そうそう.活版印刷で検索していたら,movable typeに活字という意味があることを知りました.

>yanzさん
こんにちわ。コメントをありがとうございます。中村さんには活字と同じ素材でできた「飾り縁」もありました。これは、いまではとても珍しいそうです。また、中村さんでは、活版印刷だけではなく、他の印刷方法にも対応していらっしゃいますから、「表だけ活版、裏は活版以外…」という方法で、イラストの入った名刺を作った方もいらっしゃいましたよ。
ところで、movable typeに活字という意味があるなんて、ずっとMTを使っていながら、知りませんでした。そう言えば、動かないのに「"活"字」って、"movable" type と同じ発想を感じますね。

そういえば、去年、西荻の小さな印刷屋さんで活字に非常に興味をもって眺めておられたmasaさんを思い出しました。
ご本人はとうにお忘れになっているかと思いますが、そのときからすでに今回の兆しがあったのかも知れませんね。良いですね。

>カークさん
ん、鋭い!(^^; 仰るとおりなんです。実は、活版印刷を思いついたのは、あの西荻の印刷屋さんのことを思い出したからです。で、それもあるし、久々に幻のベーシストにも会いたくなって、まずは西荻に行ったんですよ。ところが、あの印刷屋さんは書体がひとつしか無いんです。「探せばある」とのこことでしたが、あのご高齢ですから…。で、「どこか他にないかな〜」と、ネットで調べたら、中村活字さんに行き当たったというわけです。

あっ、そうなんですか、それで少し前に代わりに?ダッコちゃんが。
でも、中村さんに巡り会えて良かったですね。出会いって不思議ですね〜。

>カークさん
ご明答で〜す! そんなわけで、だっこちゃんエントリーになりました。でも、ほんと、中村印刷さんには、これからもお世話になりそうです。そして、なんと、ここにコメントくださってる方のおひとりが、既に行かれたそうです。

masaさん、こんばんは。新潟からはお帰りになりましたか?さて、活版印刷の名刺なのですが、neonさんのところからうかがったtomoさん(『東京浪漫劇場』)のブログ「東京写真日録」(←漢字は旧字体)で、「活版印刷で名刺をつくる」というエントリーを拝見しました。「少し紙が凹むくらいにグッとお願いします」なんて書いてあります(^0^)。いや〜、よろしいですね。

>wakkykenさん
なんとなんと、お返事するのを忘れているじゃありませんか〜。大変失礼いたしましたm(__)m
『東京浪漫劇場』のtomoさんのことは、中村活字さんに初めてうかがった時にお聞きしました。なんでも、tomoさんは、紙を持ち込みなさったそうです。さすがですね。で、実は、僕も、追加時には紙質を変えました。やはり多少厚みがあって柔らかめの紙のほうがググッときますね。

こんにちは。昔の記事ですが、こちらにコメントする方がいいかと思いまして。
早速ですが中村活字の「参考価格表」ページを本日更新しましたのでちょっとだけご報告です。
以前の参考価格表をご存知の方はちょっと高くなったイメージがついてしまうのではと懸念しているのですがそのフォローとしてコメントをさせてください。
実は以前の価格表は活版印刷のものではなく、オフセット印刷のもので適正価格ではなかったんです。
制作当時は活版で名刺を刷る人は殆どいなかった為、価格表にも特に載せず、うっかり活版印刷の料金は別途見積りなんて一文掲載するのも忘れていたわけなのです。
でも最近のブログ効果と口コミで活版印刷の注文が増えた中村活字さん。
このままではまずいと参考価格表を適正価格に訂正する次第に至った次第です。
活版印刷について興味があり、中村活字へ足を運んでくださる方が増えたことに伴い、少しづつホームページも改良していく予定ですので今後とも宜しくお願いします。

ちなみに昨日は店頭で偶然にもcenさんにお会いしました。
私は押上住まいなので何回かお店に行ったことあったんで驚きでした。
いつかmasaさんにもお会いできる予感がしてきた今日この頃です。

>meritojoさん
こんばんわ。なんとcenさんとお会いになっただけでもビックリしていましたのに、LOVE GARDENさんにいらしたことがおありとか…。世の中狭いですね〜。いやいや、驚きます。これは、いずれバッタリってことがありそうですね。その節には、どうぞ宜しくお願いいたします。
ところで、活版印刷による名刺の値段ですが、昨日、田中長徳さんとお会いしたときにも、話題になったんですよ。「いくら何でも安過ぎる」と…。ま、安いにこしたことは無いですが、僕は、やっと適正価格になったかな?というふうに感じますよ。問題ないと思います。

ご無沙汰しております。
大阪編拡大するのが楽しみです。

雑誌クウネル最新26号には
中村活字のおやじさん
が紹介されておりました。
知ってる人が出ているのがうれしいし
活字に目が行くのもうれしいです。

>スコッチエッグ♂さん
こんにちわ〜。こちらこそご無沙汰しています。クウネル情報をありがとうございます。中村活字さん関係となれば、放っておけません(^^; 早速、本屋さんに走ります。
あ、それから、地下鉄で無料配布されている雑誌(誌名失念(^^;)にも、中村さん記事がけっこう大きく掲載されていましたよ。ご存知だったでしょうか…。もう、おやじさん有名人ですね(^^;



ninepeace.jpg




月別アーカイブ(Archives)



Photo Gallery

写 真 集


おすすめ




おことわり

エントリー、コメント、トラックバックにつきましては、管理者の判断により削除させていただく場合があります。予めご了承ください。
Powered by Movable Type 4.22-ja





copyright © 2004-2017 masa