西荻の活版印刷屋さん

| コメント(18)

一昨日、東銀座の中村活字さんで名刺を作っていただいた...という記事をエントリーしましたが (と、中村活字さんにこだわります(^^;)、実は、その前に、訪ねたところがあったんです。
それは、ずっと以前にカークさんと一緒に町歩きしたときに発見した、西荻の古い印刷屋さんでした。外観は、モルタルとタイルで仕上げた、古い看板建築で、西荻の町なかでも目を引きます。しかも、入口はガラスの引き戸で、そのフレームが何とも言えない淡いブルーのペンキで塗られています。大切に使われてきた古い看板建築...。言うことありません。
表から見ると、「印鑑・名刺・ゴム印・表札」などと営業品目が書かれていますが、僕よりも前に、こちらのご主人と話をはじめていたカークさんの背後から、お二人の会話を聞いていると、どうやら、こちらは活版印刷を主体にする印刷屋さんのようです。ご主人はご高齢でしたが、裾の長い前掛けとアームカバーという出で立ちで、いかにも昔の西洋の職人を想わせる出で立ちです。やはり活字にこだわりを持っていらしゃるのか...活字を見せながらのお話しが始まると、表情が生き生きとしてきます。このご主人の魅力に参ってしまった僕は、この時に「いずれ名刺を作るのなら、この方にお願いしよう」と思ったのでした。
という経緯があって、先日、こちら(三英印刷)で活版印刷の名刺をお願いしようと、西荻に行ったわけです。ところが、残念なことに、こちらはもう、使える書体がひとつしかありませんでした。「探せば在るのだけど、もう歳だから、探すのが大変でね〜」とのこと...。現在使えるのは楷書体のみでした。それでも良いかな?とも思ったのですが、今回は、書体にこだわりがあり、また、ご主人に無理な願いもできませんので、残念ながら、何もお願いせず、引き揚げてきた...というわけです。
でも、こちら、「記憶に残すためだけでも良いから、何か作っておきたいな〜」と思わせるだけのものがあります。

【追記】写真中の、円盤とハンドルの付いた機械ですが、これは、手動の活版印刷機だそうです。wakkykenさんが調べてくださいました。コメント欄にも書き込んでいただいてますが、これと同様の機械の使い方がこちらで説明されています。
【場所】杉並区西荻南2丁目あたりです。

コメント(18)

忙しくて。。。
 また、荒木町に来てくださいね。

 この前の土日 四谷界隈はお祭りでした♪

>こうらsan
こんにちわ〜。お久しぶりです! お忙しいのは何よりですよ(^^; 荒木町は、もう、これから何度もお邪魔します!

masaさん、こんにちは。とっても素敵で、可愛らしいお店ですね〜。扉のブルーのフレームむこうで、裾の長い前掛けとアームカバーのご高齢のご主人が作業をされているのですね〜(失礼ながら、そのお姿も想像のなかではカワイイ〜)。その作業をされるのが、黒いの大きな取っ手と丸い円盤のついた機械なのでしょうか。気になります。どういう仕組みになっているのか、気になりすぎます。大きな取っ手をグイっとひっぱるのだろうな〜きっと。

>wakkykenさん
こちらのご主人も、ニューワールドサービスのご主人に負けず劣らずいい感じなんですよ〜。やはり、愛らしい老人になんなきゃいけませんね(^^;
この機械、気になりますよね。でも、この時は、結局、名刺をお願いしないで引き揚げた関係上、使い方などを伺うことができませんでした。次回、何かお願いする時に…ですね。

masaさん、こんばんは。疲れて一度早い時間に眠っていたのですが、目が覚めてしまい、そういえばサッカーがと思い出し、起き上がってきたところです(^^;;(←というほどの、サッカーファンではないのですが)。さて、「この機械、気になりますよね」とお書きになっている通り、本当に気になります。あの黒い円盤、最初、小さな写真でみたいときは中華鍋みたいに見えたんですよ。「なんで、印刷所に中華鍋?」なんて間抜けなことを考えてしまいました(^0^)ゞ。

>wakkykenさん
こんばんわ。僕も、いちおう興味はあるものの、全試合録画してでも…といった気合いはありません。この機械ですが、この右側にも、小型の同型のものがありました。
機械のツヤなどからしますと、現役のようです。ハンドルがあるところを見ると、圧力をかけて、試し刷りする機械かな〜?などと想像しています。

masaさん、こんばんは。この機械、「活版印刷機」でした。となると、「な〜んだ、あたりまえやん」ということになってしまいますが(^^;;。まあ、印刷店にある機械なのですから、そういうわけですね。円盤には、インクを塗るようですね。こちらのお店の機械も、よくわかりませんが貴重な存在になっているような気がします。仙台の「せんだいメディアテーク」ではワークショップまで開催されています。こんどこちらのお店を再訪されたら、ぜひゆっくりご覧ください。いろんなサイトで活版印刷機を拝見していると、この機械にむちゃくちゃ関心がわいてきました。
http://city.hokkai.or.jp/~kubinaga/history/mizunosan_printing/mizunosan_printing.html
http://www.smt.city.sendai.jp/kappan/

>wakkykenさん
おお〜早速お調べいただき、ありがとうございます! 手動の活版印刷機なんですね〜。こちらの円盤はピカピカですから、ほぼ間違いなく現役のようですね。
これは実際に作業を見せていただきたいですね〜。驚くような動作をするんでしょうね〜。

masaさん、これで「年賀状」刷ってみたいですね。「活版印刷・年賀状ワークショップ」なんとのを、企画されませんかね、こちらの印刷屋さん。ぜひ、自分で年賀状の活版印刷やってみたいです。

>wakkykenさん
それ、面白い企画ですね。でもね〜、中村活字を知ってしまうと、ちょっときびしいものがあります。でも、何か考えられそうですね。また、考えてみたいです。

こんにちは、ずっと以前のカークです(汗)。
昨日は中古カメラ徘徊におつき合い頂きましてありがとうございました。
お陰さまでこのおじいさんのお年のようなライカを手にすることができました。
あんまり可愛いんで抱いて寝ちゃいました。
それはさておき、このエントリーを読んでいたらあのときの光景が見事に
よみがえってきましたよ、でも、活字は残念でしたね。
おじーちゃんライカがうれしくてそのすばらしいお名刺をいただくのをすっかり
忘れてしましました(汗)。
また、ニューワールドに行ってみます、今度はハンバーグを。

wakkykenさんのご指摘のとおり、
この淡いブルーのペンキで塗られた建具一式、間違いなく、コレ!です。
masaさんは、すべてわかっていらっしゃる類稀な、、予言者です(^^;

>カークさん
こんにちわ。昨日は、ほんとうに久々のカメラ屋徘徊をさせていただき、楽しかったですよ〜。しかし、忘れていた物欲がフツフツで、困っています(^^; いいですね〜アナログ機…。
そうだ、カークさん、西荻で名刺つくりませんか?(^^; で、名刺交換オフということで…(^^;
とにかく、今後とも、ヤジキタ、よろしくお願いいたします。

>cenさん
いや〜、京島方面では、予言者になるかと思うと、やせた老人になったりで…急がしい(^^;

モテモテ♪と言うことですよ〜(^^;

>cenさん
ぷ ぷ ぷ ー っ (^^;

そうですよね、僕の名刺はパソコンの宛名職人製?ですから、そろそろ考えないと、、、(汗)。
築地市場ともんじゃ焼きは雨で残念でしたね、西荻もしばらく行ってないし。
ブローニーも良いですね、なんてまたあおったりして(汗)。
こうらさん、今日、四谷に行きましたが人と一緒だったので春には寄れませんでしたが、また、トライします。

>カークさん
こんばんわ。僕も以前に、アルプスの熱転写式プリンターを持っていまして、文字の輪郭がクッキリと印刷されますから、自作したこともありますよ〜。それで十分だといえば十分なんですけどね〜(^^;
ブローニーですね〜、6x6, 6x7, 6x8, 6x9 いずれも良いですね〜(^^; 近々、またカメラ屋ヤジキタお願いするかも?です(^^;



ninepeace.jpg




月別アーカイブ(Archives)



Photo Gallery

写 真 集


おすすめ




おことわり

エントリー、コメント、トラックバックにつきましては、管理者の判断により削除させていただく場合があります。予めご了承ください。
Powered by Movable Type 4.22-ja





copyright © 2004-2016 masa