イッポンギな家

| コメント(8)

たわけたタイトルですが、ま、ご勘弁ください(^^;
ここは、西荻です。西荻の駅から北に向かってしばらく歩くと、女子大通りと呼ばれる通りにでますが、この建物は、その通りに面して建っています。
実は、この写真は、以前にアップした建物を、真横から撮ったものです。以前アップした写真には、はっきりとは写っていませんが、実は、この家に接するように、大きな樹が生えています。杉並区が配布しているブックレット(探したのですが、手元に見あたりません)に掲載されているイラストには、葉を繁らせた大樹も描かれています。きっと、この家と大樹がセットになり、名物的な存在だったのだと思われます。
が、おそらく、樹のこの大きさですから、根で家を持ち上げはじめたり、半端ではない量の葉を落としたりで、樹は、不本意ながら憎まれっ子になってしまい、途中からバッサリと切られてしまったのでしょう...。
樹皮がかなり剥がれていますが、徒長枝が伸びているところを見ると、まだ生きているようです。なんとか、この家と折り合いをつけながら、共に生きのびて欲しいものです。

【場所】杉並区西荻北3丁目あたりです。

コメント(8)

目白で、似ているのを以前、みつけました。
http://af-site.sub.jp/blog/archives/2004/11/post_161.html

>fuRuさん
コメントありがとうございます。あ、あの木ですね!
あの家、住人は退去しているようですね。僕が通りかかった時は、近くの建設現場の人たちの飯場のように使われてましたよ。

masaさん、おはようございます。こちらの写真も「東銀座の柳と紫陽花」とはまた別の意味で絵画的でおもしろいです。東銀座は「色」でしたが、西荻は「構図」ですかね(←じつはよくわかっていない・・・)。これだけの大木ですから、普通に育っているとかなりの枝ぶりだったのでしょう。巨樹マニアとしては、とても悲しいことなのですが、まわりの生活と樹の生長とのあいだに齟齬がうまれてしまったのですね。fuRuさんのリンクされている欅の樹はすばらしいですね〜。僕はいつも、こんな大きな樹のそばで暮らしてみたいと思っています。幸せな気持になれると思うのですね〜(←実際に暮らしたことがないので、大変さはわかっていないのですが・・・)。

わははっ。このタイトル、ウケました。masaさん、おはようございます。実は私も wakkyken 様と同じく、masaさんが、前回の「東銀座の柳と紫陽花」との対比を意識されたのかなぁ・・・なんておもいました。前回はモネ、今回はセザンヌといったところですか・・・。ん〜っ、違うかなぁ。このたびは三次元的理解を前面に押し出したような絵ですね。前回は緑との良い調和だったけど、このたびはその逆のパターンですかね。どこか哀しさと滑稽さを感じます。

>wakkykenさん
はい、「東銀座の柳と紫陽花」および「中村活字で名刺を」からの連想によるエントリーです。本文にも書きましたが、この大樹+古屋は名物だったようです。
幹がかなり太いですから、枝も相当に張っていたに違いありません。手入れするにはクレーンが必要でしょうし、冬場に落ちる葉の量は半端じゃないですよね。それが屋根や雨樋などに積もるとやっかいですよね〜。東京じゃ、落ち葉を燃やすってこともできませんので…。

>Cezanneさん
おお、ウケましたか(^^; ありがとうございます。なんとも他に思いつかなかったんですよ〜。モネさんとセザンヌさんなんて、Cezanneさんのブログのコメント欄みたいになってきましたね(^^;
ところで、「哀しさと滑稽さ」ですが、僕がモヤモヤと感じながら言葉として出てこなかったものを、ズバリと言っていただいた気がします。そう、そんな感じがして、ここでは、しつこく、何枚も撮ってるんです。

すると6本並ぶと六本木?
下らんコメント失礼しました
此処まで大きくなると植え替えにも巨額のお金が掛かるし区の方で保護樹木にするとかナンか手は無かったのでしょうかねえ
巨木のある光景は好きなのですが・・・
神社などでの巨木を見ると神性さすら感じます
長く生きて真っ直ぐ大きく高みへと伸びていく巨木の前では人を敬謙な気にさせます
それが生活の直ぐ横に有るのはうらやましい限りだと思うのですがねえ
家が持ち上がった当事者はそんな事を言ってられないのかもしれませんね

>GG-1さん
わははは、すると、六本木には「ロッポンギな家」or 「イッポンギな家六軒」が存在するorしたわけですね(^^; いや〜そんな由来があるとは知りませんでした。
確かに、樹齢が数百年などという大樹って、そばに立って見ると、もう怖いですよね〜。神が宿るわけだと思います。それにしても、無いと羨ましいですが、在ると邪魔だったりするのが、人間の感覚なんでしょうね〜。天の邪鬼ですよね。



ninepeace.jpg




月別アーカイブ(Archives)



Photo Gallery

写 真 集


おすすめ




おことわり

エントリー、コメント、トラックバックにつきましては、管理者の判断により削除させていただく場合があります。予めご了承ください。
Powered by Movable Type 4.22-ja





copyright © 2004-2016 masa