食堂 アンチヘブリンガン

| コメント(47)




タイトルだけをご覧になると、「この名前、いったい何なんだ?」とお思いになるでしょうね。僕もそう思いましたから...。とても一度では憶えられません(^^; ま、その謎解きは後ほど...ということで、まずは、どうして、このお店に行ったか?ということです。

実は...、ご存知の方も多いと思いますが、『住む。』という季刊誌があります。その秋号(9月21日発売予定)で、なんと僕が、「街歩き術」というページを担当させていただきました。そして、先日やっとその作業が完了したことを祝って(^^; お疲れ様会を...ということになり、その場として、編集部の方が「アンチヘブリンガン」なるヘンテコな名前(^^;のレストランを選択してくださった...というわけです。
集まったのは、『住む。』編集部の方々は勿論ですが、やはり秋号に登場なさる玉井さん、そして、編集部に対し、ラグビー仕込みの強烈なタックルをなさり、僕を後押ししてくださった秋山さん、そして僕、というメンバーです。こうなると、当然のように揃い踏みしたくなるiGaさんは、残念ながら...でした。

ま、そんなわけで、早い話が、寄り集まって夕食を食べた、飲む人は飲んだ、というだけのことなのですが...(^^;。 わざわざそのことをエントリーするわけは、会場となった「アンチヘブリンガン」にあります。こちらが、何もかもが手作り感覚。しかも、ご主人が「小津安二郎が好き、ライ・クーダが好き、伊丹十三フリーク」などなど、といった趣味をしていらしゃるのです。ついでに「錆び好き」とか...です。もうたまりません。僕は、食べるのも忘れて(と言いながら、しっかり食べている(^^;)、あちこち眺め回しておりました。感覚的には、かなりラブガーデンさん[LOVE GARDEN / LOVE GARDEN 06.02.18]に近いものを感じながら...。しかも、出される料理が、どれも美味しいんですね〜。最後に食べたパスタ(アーリオオーリオ)なんて、ほんとに、食に疎い僕ではありますが、最高に美味い!って思いましたね〜。

いや、なんだか、いわゆる一目惚れってやつですね、これは...。場所的にウチから近いというのも、個人的にはうれしいですしね〜。ちょくちょくお邪魔させていただくことになりそうな予感です。

あ、そうそう、忘れるところでした。こちらのヘンテコな名前のことです。これは、薬の名前「ヘブリン丸」に由来しているのだそうです。そんなの架空のものだろう!とお思いの方は、どうぞこちらをご覧ください。なんと、実在するんですね〜。これにも驚きです。なんでも、このヘブリン丸という薬は、お腹を緩くする効能があるそうで、こちらの食堂で食すれば、その反対にお腹がしっかりする...というので、頭にアンチを付けて「アンチヘブリン丸」=「アンチヘブリンガン」となった、とのことです。ちょっと面白いですよね。これに、更に、映画が絡んでいるのですが、それについては忘れてしまいました(^^;

【後記】本日(9月15日)、またもアンチヘブリンガン行ってきました(^^; また、あのパスタが食べたくなったもので...。で...です。実は、店名の由来ですが、「お腹がしっかりする云々」というのは違うそうです。あくまでも、小津映画「秋日和」に出てくる「アンチヘブリンガン」からとったものだ、ということでした。うぬ、すると、僕は誰の説明を聞いたのだろう?です(^^; 空耳にしては長すぎますしね(^^; ま、とりあえず、ご報告です。

【場所】千代田区猿楽町 2-7-11 ハマダビルヂング2階です。

コメント(47)

9月21日、早速書店に駆けつけまする。

>m-louisさん
調速コメントをありがとうございます。書店とお書きになった意味が、しばらく???…でした(^^; 「あれ、青木書店さんエントリーと間違われたかな?」などと…(^^; そうなんです。誌面を汚させていただきました(^^; よろしくお願いいたします。

masaさん。
住む。は素敵な雑誌ですよね。そんな雑誌に玉井さんともども出られているとは。私も発売日が楽しみです。

アンチヘブリガンはスタイリストの高橋みどりさんの最新刊『くいしんぼう』でも、お気に入りとして紹介されていたのです。店名の由来の説明にユニークさを覚えていたもので…。
みどりさんは古本散策のついでに猿楽町の裏通りを探してみて!と粋な紹介でした。

ライ?クーダーとデイヴィッド?リンドレーのスナップ。90年前後かな?

追記

高橋みどりさんの著書『くいしんぼう』によれば、小津作品の『秋日和』に登録する薬で売られているお薬。だそうです。

>スコッチエッグ♂さん
いや〜玉井さんはともかく、僕の担当ページは、どんなもんですかね〜。他のページとの落差が大きくないと良いけどな〜と、祈るような気持ちです(^^;
それはともかく、僕が忘れてしまった、アンチヘブリガンと小津『秋日和』との関連について教えてくださいまして、ありがとうございます。スッキリしました(^^;
ライとデヴィッドの公演っていつ頃だったでしょうね。この写真は、お店に置いてあった、その時のパンフですから、それを見れば年月日の確認ができます。近々に確認しておきます。

ライとリンドレーの公演いかれたんですね。
2人での公演は確かストーンズが初来日する頃と同じくらいだったと思います。当時ストーンズの事だけに気をとられライとの公演はライブレポートをミュージックマガジンで後悔したのを覚えております。それぞれは来日してるのに、2人一緒はそれ以来ないですからね。
弦楽器の達人2人が椅子の背後にズラリと並べられたギター達と共にステージの写真は圧巻でした。
2人とも歌に弦楽器だから、と言うわけではないからかも知れませんが、組み合わせとしては
ライは息子のヨアキムを伴って、一方デイヴィッドは、ハニ?ナッサーとか打楽器奏者を伴っての来日が多いですよね。

ちなみに私はジャクソン?ブラウンとのコンビネーションが素晴らしいですね。デイヴィッドのスライドギター。
叙情的歌心を一層盛り立てますからね。

アンチヘブリガンから大きく脱線してしまいました。

それはそれは・・・。発売を愉しみに往来堂に走らせていただきます。今後も色々展開していくと好いですね。

皆さまおはようございます。

ホ〜!
masaさん、おめでとうございます。
ファンの一人としましては、嬉しい限り、私も早速行きつけの本屋に予約いたしましょう。
 
しかし、お店の由来ふるってますね〜 ヘブリン丸と命名者の御関係は???
色々想像しちゃいました。でも、それだけは・・ウン・・。 近いので週末には、探検隊結成です。 与

ひゃー、カッコいい!
masaさんのこのセンス、たまりません。
すべてクーっとうなりたくなるお写真です!
masaお兄様(おじちゃまから昇格)に連れて行って頂くお店がまた増えたと喜んでおります(^^; 「住む。」の発売楽しみです。

>masaさん、スコッチエッグ♂さん
既にスコッチエッグ♂さんからコメントがついていますが、アンチヘブリンガンは、小津安二郎の「秋日和」に出てきます。法事の後に清洲橋近くの料亭で皆が集まっているときのシーンに”本郷3丁目の薬屋・・・アンチヘブリンガン、アンチピリン・・・”のような話があったと思います。それにしてもLOVEGARDEN、青木書店、アンチヘブリンガンと、私の訪れてみたいお店リストは、このところmasaさんからの情報でどんどん膨らんでいます。もちろん「住む」も、楽しみにしています!

 Blogで、見た写真とはくらべものにならない。実物の方がずっといいと、僕は遅刻して店に入るなり言いました。この人がBlogにエントリーして、その写真を見たらほかのBlogの写真は・・・とも。だから、ぼくも写真をとらずアルコールもわずかなワインにとどめ、食べることに心血をそそいでいました。自然に料理の写真をとるのも忘れてしまった。masaさんが撮るからいいさと思っていたのです。・・・そうか、料理は撮らなかったんだ、この人は。
masaさんも文には書いているけれど料理もうまい。店のご夫婦もいい感じだし。そして、店の雰囲気はこのとおり。
店の名を聞いたときに、僕は「アンチ屁ふり丸」という、屁止め薬なのかと思いました。「ヘブリン丸」とGoogleすると、参天製薬の製品なんですね。

>スコッチエッグ♂さん
僕は、どうも、デヴィッド・リンドレーに良い印象がなくて…。僕には濃すぎるのかもしれません(^^; 何か、これを聴け!というお勧めアルバムがありましたら、ぜひ教えてください。聴く側の年齢によって、同じ音でも響きが違って聴こえることがありますから…。

>neonさん
あ、僕のページではなく、玉井さんのページ主体にお考えください(^^;

>菊坂の与太郎さん
こちらのお店、ご主人お二人が雰囲気あります。夜になると周囲はまるで静かで、隠れ家ムード…。ひじょうに良いと思います。ぜひいらしてみてください。(って、何故か宣伝モードになってる僕です(^^;)

>yukiりんsan
あ、お兄様…ですね(^^) こんど、アンチヘブリンガンにも行きましょう(^^; 歳をとると素直・単純になります(^^;
写真は、不満の残るものが3枚ありますが、組み合わせの関係(横位置の写真2枚は使いたかった)から出してしまいました。ここ、ほんとにcenさんと行きたいと思ってます。

>じんた堂さん
またもモヤの晴れるようなコメントをありがとうございました。これはもう、小津BOX購入なんてこと考えてないで、早めにレンタルで観る手ですね(^^; こちらのお店、じんた堂さんが、古書店巡りの後、腰を下ろし、獲物のページをめくってらしたりしたら、もう絵になります(^^;

>玉井さん
昨夜はご一緒させていただきまして、ありがとうございました。やはり、お店というのは、ご主人の人柄を映すものですね。ほんとに心地よい時間を過ごすことができました。料理も本当に美味しくて…。玉井さんに、新潟で、つくっていただいたオムレツも忘れられませんが…(^^; ところで、やはり、料理の写真も撮るべきだったな〜なんて反省です。

masaさん、とうとう『住む。』が発売されますか。記事、楽しみにしていま〜す(^0^)/。さて、「アンチヘブリンガン」ですが、ここの食事は、お腹をしっかりさせるのですか!!ということは、子どもの頃からお腹が弱い僕のための食堂みたいなもんですね(^^;;。ところで、『Kai-Wai散策』のコメント欄で刺激を受けて、永井荷風関係の文書を読んでいると、荷風もお腹(腸)が弱かったことを知りました。「断腸亭」って、断腸花という花が好きだったのと、腸が弱かったことからこのような命名になったとは知りませんでした。なんだか、親しみを感じますね〜。さて、『住む。』の販売日は、21日ですか?玉井さんの記事も気になります。neonさんもお書きになっていますが、いっそう、さらに『Kai-Wai散策』が展開していくと好いですね〜(´- `*)。

masaさん
いまアンチヘブリガンにおります。
masaさんのブログみた旨を伝えると、喜んで迎えてくれました。マスターはまだこのエントリーはみておらず、私も一緒に奥でみたのですが、格好良い写真にうなっておりました。

こんばんは。なにやら出遅れてしまって、、、というのも、チャドク蛾にやられてしまって、かゆくてかゆくて(^^;
こんなカッコいいお店の引き合いにだして頂き、感謝感激です!ありがとうございます。是非ともご同行させていただければ、学ぶこと多く、のってしまいそうで恐いです(^^;
写真も構成も流石masaさんという感じで、この雰囲気や空気がきっとすごく好きなのだな〜、と伝わってきます。
真ん中の下の写真は、入り口のドアの一部でしょうか?たまりませ〜〜ん、最高です!
このような重厚さは経年変化のみがもたらしてくれるのでしょう、とても人工的には創りだせまcen.
すばらしい食堂です(^^;

実際にマスターと話すと、風貌や醸し出す雰囲気はcenさんを思い浮かべます。
まさに食堂という感じでした。

アラン トゥーサンのカバー曲を歌うボズ?スギャッグス。が静かに流れておりました。

>wakkykenさん
次回ご出張の際、この界隈に投宿なさる場合は、ぜひ、こちらへ…。もちろん、邪魔でなければ、喜んでご一緒させていただきます(^^;
ところで、「断腸亭」の由来は知りませんでした。妙な名前だ…と思っていましたが、そういうことだったのですね。
『住む。』の記事のほうですが、モノクロ3頁ですので、あまあり期待なさらないでください(^^;

>スコッチエッグ♂さん
なんと…もういらしたのですか〜。しかも現地からのコメント…凄い。ありがとうございます。でも、以前からアンチヘブリンガンさんのことはご存知でしたし、注目なさってたんですよね。
僕は、今日、なんと、アンチヘブリンガンのご主人お勧めの神楽坂「麦丸」を訪ねました(^^; こちらは、お店がまるまるアート作品でした(^^;

>cenさん
あちゃチャドクですか〜。それはいけませんね〜。あいつにやられるとひどいですよね〜。経験から、よ〜くわかあります。お大事に…。
ところで、何かあるたびに、お呼び立てしてるようで、返って申し訳ありませんm(__)m いや、でも、お店に入った途端に LGさんを思い浮かべたんですよ。中下の写真は、店内の壁にかかっている大型の鏡の一部なんです。このヤレ具合が…もう…この…でした(^^; ぜひご一緒したいです。

>スコッチエッグ♂さん
ね、cenさんと共通するもを感じますでしょう。スコッチエッグ♂さんもそうおっしゃるのなら、これはもう定説レベル(^^;ということにしましょう。
ところで、こちらのご主人は、音楽には相当にドップリ浸かってらっしゃるようですよ。USルーツ系もさることながらボサノバなども大変お好きなようです。
アラン トゥーサンの曲ですか〜。僕は、古めのR&Bも好きです。ノリの良いのも良いですし、南島のビーチバーなんかでそれ系のスローバラードなど…もうたまらないですね(^^;

masaさん、それでは次回の東京では、ぜひ、こちらの「アンチヘブリンガン」で夕食をご一緒させてください。スコッチエッグ♂さんのブログにもコメントを書かせていただきましたが、こちらの食堂のマスターご自身が、「昨日のがこうなっているのか!」とおっしゃったこと、大いに納得しています。言い換えれば、「ここまで魅力を引き出していただけたか!!」ということですよね。ところで、マスターのお勧めでいかれた「麦丸」というお店、饅頭カフェなんですって!僕は、呑むのも好きですが、餡子系も大好きです。岩崎サナエさんという女性が経営されているようですね。うちの娘と同じ名前だな(←どうでもいいけど)。ネットでも、紹介されているようですが、素敵な雰囲気ですね〜。

まんじゅうカフェ むぎまる
は神楽坂にあるカフェですよね。
寒い日に行ったのですが、スチームで一階客席が真っ白。
二階は掘りごたつで、ぜひ女性と一緒でオススメします。しっぽりとなれます。
ちなみにアンティークと雑貨のラ ロンダジールはオススメです。

>wakkykenさん
あ、もう是非ともこちらで…ということにいたしましょう。ところで、そんな魅力を引き出した…なんておこがましいもいいとこです。写真は、ウソもつきますが、そこに在るものしか写りませんので…。しかも、いわゆる「お店紹介記事」ですと、こうはいきませんよね。拙ブログでは、片寄った編集が可能…ということだけです。
麦丸さんには、早速、玉井さんと突入してきました。アンチヘブリンガンのご主人の首に巻かれているのは、実は、麦丸さんの手拭いであることにも気づき、僕も入手してきました。麦丸さんは、店ごとアート作品でした。凄いです(^^;

>スコッチエッグ♂さん
コメントをありがとうございます。麦丸2さんに行って、ハッと思い出したのですが、麦丸1は、鶯谷アパートの1階にあったんですよね。僕は、昔、そのアパートの写真を、撮ってるんです。びっくりしました。いずれスキャンでもしてアップしたいな〜と思った次第です。

masaさん。「片寄った編集が可能…」で、「昨日のがこうなっているのか!」というのだったら、なんともハッピーじゃないかと思うんですけど(^0^)¥。ところで麦丸は、玉井さんと突入ですか。お酒を召し上がらないお2人ですね。大いに納得(^0^)。僕は甘辛両党なので、こんど仲間に入れてくださ〜い。ネットでみただけですけれど、御饅頭、田舎のおばあちゃんの御饅頭みたいで、ぜひ食べてみたいです。でも、中身は、「ヨモギ地にチーズ」だとか、「ヨモギ地にあんチーズ」だとか、未経験のものもあるようです。御饅頭とお茶(チャイを含む)でカフェ。ご自分のスタイルと信念がおありなのでしょうね。そういう意味では、「堀切の青果店」のコメント、「青木書店さん、アンチヘブリンガン、この青果店、いずれも同じような匂いのエントリー」という部分とも共振しあうだろうし、もっと拡大すれば、トイミサイルやuzume閣下ともそうなのかな、なんて思ってしまいました!!

>wakkykenさん
麦丸さんにもぜひご一緒しましょう。とにかく、ふかしたてのまんじゅうは美味しかったですよ。2個食べました(^^; そして、さすがにwakkykenさんです! トイミサイルも閣下も同列だと、僕は思っています。ストリート系であることを忘れていない…ということ。これが僕にはとても嬉しいんですよ。そして、そして、それがMyPlaceにつながる…という感じです(^^;

わぁ、雑誌見ますね!

こんばんは。90年ころのライ・クーダーとデビット・リンドレーの「ファミリーコンサート」(たしかどちらかの娘さんが参加していたのでそういうツアー名だったと記憶しています)、新宿厚生年金に聞きに行きました。だからmasaさんとスコッチエッグ♂さんのやりとりには激しく反応してしまいましたよ。

>mitsubakoさん
あ、僕のページ大したもんじゃありませんよ(^^; が、ご覧いただけたら嬉しいです。

>だねかsan
こんばんわ。僕は、もう、何に関しても濃さがなくなってきてまして(^^;(^^; スコッチエッグさんとだねかsanの詳しさにはついて行けないのですが、ライはとにかく昔からリアルタイムで好きです。彼のライブは、なんと観ていないのですが、初来日時の舞台写真や、チキンスキン録音時のハワイでの写真など、オリジナルプリントで持っていたりします。ところで、デビッド・リンドレーも聴いてみるべきかな〜と、思っています。

はじめまして。アンチヘブリンガンにときどきお邪魔しているものです。昨日もうかがい、「お店の素晴らしい写真が載っているブログがあるよ」と伝えると、「その写真を撮ってくれた方がさっきまでいたのよ」とのことでした。お店の魅力をきちんと伝えてくれる写真だと思います。建築関係に興味がある人間なので「住む」も見てみます。

>NEGIさん
こんにちわ。ある意味で、片寄った写真の良い面を見てくださったようで、ありがとうございます。もうちょっとのところでお会いできたんですね。残念です。でも、アンチヘブリンガンさんには、これからも、ちょくちょくお邪魔させていただきますので、いずれお目にかかる機会がありそうですね。その節には、どうぞ宜しくお願いいたします。コメントをありがとうございました。

masaさん、こんばんは。予定どおり、『住む。』は、今日、発売ですか?京島のパリ(バリではない)にある(?!)LGのマダムにご指摘いただき、気がつきました。僕は、明日、いや明後日かな〜、書店で購入しようと思います。

今日、立ち読みしてきました(^^;)
読み始めは少しお堅く感じられたんですが、後半の方は masaさん節が端々に伺えて、ニンマリとほくそ笑んでしまいました。
AKiさんもご自身のブログで書かれてますけど、写真が白黒ミニなのが何とも残念です。将来的には「私的街歩き術」がカラー写真多数掲載の『藍い宇宙』のような本にまとまることを期待してます。

masaさん、m-louisさん、こんばんは。m-louisさんは、もうお読みになったのですね〜。僕もですね〜、『masa流Kai-Wai散策術』みたいな本が出版されてほしいです。なんとなく、もうじきだと勝手に期待していますけど。しかし、読み始めが少しお堅くですか〜。ますます、早く、書店に行きたくなってきました。まだ職場なんですが、帰宅するまえになんとしても購入しようという気になっています。

masaさん、皆さん、こんばんは、
きょう9月21日は何の日?masaさんの写真が掲載されている雑誌「住む」の発売日ということで、昼休みに駅前の本屋で購入してきました。ページ137、写真の下に「都会の谷戸に・・・・」と地図が、その間にmasaさんの名前が。その先は実物を見てのお楽しみですね。

masaさん、m-louisさん、じんた堂さん、こんばんは。実物、さきほど購入して帰宅しました〜。とりあえず、確認!!あとで、じっくり楽しみます。

>wakkykenさん、m-louisさん、じんた堂さん
いやいや、ひどく恐縮してしまいます。散財していただくにしては、僕の担当させていただいた頁は、期待にお答えできない状態です。申し訳ありません。話をお受けした時には、写真が白黒ミニ扱いとは知らずに…とか、あれこれありました。また、前半は、ザックリ書き替えてますので、m-louisさんのご指摘には、「やっぱ分かります?(^^;」とう感じですね。散財なさった方々には、何らかの方法で補償させていただかねば!と思います(^^;

masa 様
お言葉に甘えまして、またコメントさせていただきます。
『アンチヘブリンガン』・・・
PHOTOを拝見したところ、とてもステキなお店ですね!
鏡がまたたまらないです・・・(ウットリ)。

かなり話題はズレますが、かなり前、
『フライド・グリーン・トマト』という映画がありました。
ワタシの大好きな映画です。
あの中に出て来る「ホイッスル・カフェ」がとても気にいっています。何だか「アンチ・・・」さんのPHOTOを見ていたら、
ふと、あの映画を思いだしました。
どちらも、手作り感・・が印象に残ったからかもしれません。
今度是非伺いたいと思います。

>O-TSUKAッ子さん
なんとなんと、こちらのコメントにお返事差し上げていませんでした〜。いま、スパム退治したときに気づきました。大変失礼いたしました。
こちらは、とにかくお勧めです。僕は本当に映画を観ませんので、残念ながら『フライド・グリーン・トマト』という映画も観たことがありません。しかし、アンチヘブリンガンのご主人は、映画界に片足を突っ込んでいるくらいに映画がお好きですから、O-TSUKAッ子さんともお話が合うのでは?と想像します。
コメントいただいてますのが3月ですから、もしやもういらっしゃってる可能性もありますね〜。

ご無沙汰しています。
あーー、このお店は本当に大好きなんです!
よく行きますよ。。。奥様が明るくて大好きです!

>mistubakoさん
こちらこそ、ほんと〜にご無沙汰しております。申しわけありません。
ところで、こちら、いかにもmitsubakoさんにお似合い…という感じがします。あ〜近々行きたくなりました。

(コメントいただいたのが旧ブログのほうでしたので、こちらで、新居(^^;のほうに移転させていただきました。ご了承くださいませ)



ninepeace.jpg


che.jpg


月別アーカイブ(Archives)



写 真 集





おことわり

エントリー、コメント、トラックバックにつきましては、管理者の判断により削除させていただく場合があります。予めご了承ください。
Powered by Movable Type 4.22-ja





copyright © 2004-2020 masa