TOTAN GALLERY

| コメント(19)



阿佐ヶ谷テラスハウスのつづきです。今日、高円寺あたりから、善福寺川沿いに、阿佐ヶ谷までダイブしていらしたiGaさんと、阿佐ヶ谷住宅で合流し、TOTAN GALLERYをお訪ねしてきました。こちらは、阿佐ヶ谷住宅が取り壊しを迎える日まで、1階がギャラリーで2階がお住まい...というスタイルで、活動をなさるということです。詳しくは、TOTAN GALLERYのウェブをご覧いただくとして...。
お訪ねしたときに展示されていたのは、フォトブロガー・hanaさんの写真でした。が、ちょっと残念なことに、その展示も明日まで...。はい、明日(29日)が最終日です。時間の都合がつく...という方は、ぜひ足をお運びください。

左の写真は、阿佐ヶ谷テラスハウス25号棟のほぼ全景です。TOTAN GALLERYは、この棟の右端、赤い屋根の部分です。ぶらんこや滑り台のある広場が前庭同然。そして、すぐ裏手には善福寺川が流れています。広々として、実に良い環境です。
中央と右の写真は、ギャラリー内部です。ほぼ同じ位置から、庭に向かって撮ったのが中央の写真。入口に向かって撮ったの右の写真です。ま、説明しなくてもわかりますね(^^;

そこで、先日のエントリー阿佐ヶ谷テラスハウスに戻ります。そのコメント欄に、ミュゼットを軸とするアコーディオン奏者・岩城里江子さんが、「昔、テラスハウスに住んでいた」との書き込みをくださいました。それから話が盛り上がり、「じゃ、TOTAN GALLERYで岩城さんのアコーディオンの音を響かせることはできないだろうか...」というところまで発展していました。
そんなわけで、TOTAN GALLERY 発掘者(^^; iGaさんにもご一緒していただき、ギャラリー代表のおおかわsanに、その話をぶつけてみました。すると、ほぼ二つ返事で、「実現させましょう」とのこと...。話題は、岩城さんも音楽を担当なさっている映画「もんしぇん」にも及びます。すると、おおかわsanは、「もんしぇん」が上映されるポレポレ東中野ともご縁がおありだとのこと...。話は益々盛り上がりを見せました。
いやはや、これも何かの縁でしょうね。そんなわけで、どういうものになるのか、まだ分かりませんが、TOTAN GALLERY さんと、我が諸先輩・同胞ブロガーとの協働で、何かが生まれそうな気配濃厚です。これもブログの力か?

【追記】岩城里江子さんはこちらのエントリーにもご登場いただいています。アコーディオン奏者というよりも、アコーディオン弾きってほうがシックリくる方ですね(^^;

■関連エントリー:阿佐ヶ谷テラスハウス (1) / 阿佐ヶ谷テラスハウス (2) / 阿佐ヶ谷テラスハウス (3) / 阿佐ヶ谷テラスハウス (4) / 阿佐ヶ谷テラスハウス (5) / TOTAN GALLERY の午後

【場所】杉並区成田東4-3 公団阿佐ヶ谷住宅25号棟4号室です。

コメント(19)

『阿佐ヶ谷テラスハウス』ですが、以前区役所近くのアパートに住んでいたので何となく知っていて見かける程度でした。ここ2、3年内になって写真集になっていたりブログなどで紹介されていたのを見て、「阿佐ヶ谷界隈散策とあわせて行かなくちゃ」と思っていました。
誰も住んでいない様な印象が強く残っていたのですが、masaさんの写真がとてもきれいなので明るい別の印象が芽生えました。
また、時間が止まったかの様な雰囲気がたまらなく気に入ってしまいました。
将来ここはどうなるのか分かりませんが、ここは一度徹底的に見てやろうと思いました。
中々明るい時間に来ることが無い(夜が多いです)ので年内にも行って見ようと思います。
ここは青梅街道の印象を全く忘れさせてくれる閑静なとこで確かバスの「すぎまる」が通るぐらいで車も少なかったです。

>aoiさん
こんばんわ。コメントをありがとうございます。僕は、今回行ってみるまで、阿佐ヶ谷住宅については何も知りませんでした。が、行ってみますと、基本設計が優れているのでしょうか…実に心地よい距離感またはパースペクトが感じられ、とても惹かれました。ここを2,3年とり続けていらっしゃるというhanaさんのお話では、これから木々が葉を落とすと、また違った味が出て、それも素晴らしい…ということでした。僕も、ここは、取り壊されるまでに、あと何度か足を運ぼうと思っています。ところで、写真集にまでなっているとは知りませんでした。

おはようございます。
最新号のリンカランの20号に阿佐ヶ谷住宅の事が載っておりましたよ。
前川國男さんが設計に携わった事や『暮らしの教室』を主催されている栂野美樹さん(つがのみき)の事が紹介されておりました

http://kurashi-kurashi.com/

>スコッチエッグ♂さん
こんにちわ。いつもピッタリ情報をありがとうございます! 早速、本屋さんで立ち読み(^^;してきます。阿佐ヶ谷住宅は、敷地や建物だけではなく、住人にも興味を感じますね。

「阿佐ヶ谷テラスハウス」を撮影した写真集は南阿佐ヶ谷駅すぐ近くにある「書原本店」にあります。一度入ったらなかなか出て来れない面白い本屋さんです。
↓ここに詳細な案内があります。
http://www.inax.co.jp/Culture/pub/month/0012syogen.html

善福寺川ミニダイブは丸ノ内線・方南町駅をスタート地点にするのがベターですね。そのコースなら『TOTAN GALLERY』まで川沿いに歩いて4.19キロ、大人の足なら1時間弱で歩ける距離です。それに道草する時間を加えて3時間もあれば充分でしょうね。以上、調査ミニダイブによる報告でした。

>aoiさん
ああ、わかりました。入口がちょっと雑然としたビルに入っている本屋さんですね。次回、行ったときにチェックします。情報をありがとうございました。

>iGaさん
なるほど…です。たしかに、方南町を始点にしたほうが、善福寺川に出やすいですね。あの辺りのくねり具合には惹かれるものがあります。

はじめまして、こんばんは
こちらのブログをきっかけに阿佐ヶ谷住宅を知り、さっそく28日に見に行かせていただきました。3時頃トタンギャラリーの中にいるときに男性お二人が入ってこられたのですが、それがmasaさんとiGaさんだったようです。
私は一年ほど前から kai-wai散策を愛読させていただいているので、お見かけしたとき「あっ、もしかして kai-wai散策の方だったりして・・・」と思ったんです。ピンっときて!
自分がいた時のギャラリーの写真が載っていたので、何かちょっとうれしくなって の 初コメントでした。

>Qさん
こんばんわ。こちらこそ初めまして。そして、いつもご覧くださっている…とのこと、ありがとうございます。し、しかし…その二人、オジサンでしたか?(^^; もしそうならアタリです。いや〜知らないうちに行動チェックされちゃってたようですね(^^; もう…声をかけてくださればよいのに…です。これからも、どうぞ宜しくお願いいたします。コメントをありがとうございました。

>Qさん
はじめまして、もう一人のオジサン2号です。
最初にTOTAN GALLERYを訪れたときも、私のブログをチェックしていたブロガーのりりこさんと一緒でした。これからは表に出たときは品行方正にして、行動に気をつけよう。(^_^;)、、、当たり前か。

>iGaさん
あ、オジサマ(^^; ご登場ありがとうございますm(__)m

わはは!こんな事になっていたとは・・・・
すごいすごい!

この話が始まってから
いろんなシンクロがすごいスピードで
起こっております。

しみじみ

感謝。

オジサン・・・
こちらの業界(?)っぽい お二人だな〜ってちらっと見ただけなので・・・
よく思い出してみると、お兄さんだったかもしれません!!!
ただ、ステキなオーラが出てましたよお〜

2回来てくださった方ですよね。
よろしければ 記事TBお願いします。

>iwakiさん
いや〜ほんとに、トタンに…なんてつまんないギャグが出そうなくらいに、あれこれシンクロしてますね〜。歩いていると、東京は広すぎる〜なんて思いますが、こうなると狭いですね(^^; 追ってご連絡いたします。

>Qさん
あ、お返事まで…ありがとうございます。はい、はい、我々、町歩きしてますと、とかく「オニいサン!」と声がかかります(^^;(^^; って年ではありませんね(^^; もうオーラどころかオイル不足でカサカサです(^^;
もしも、また遭遇することがありましたら、ぜひご挨拶させてください。ありがとうございました。

>hanaさん
あら、hanaさん、コメントをいただき恐縮です。はい、写真とスペースに惹かれて2回もお邪魔させていただきました。個展中、あれだけあの場にいらっしゃるというのに感心いたしました。なかなか出来ることではありませんから…。ほんとにお疲れさまでした。TBは、以前に大攻撃を受け、TB不可(受けのみ)に設定してます。ので、ピンが飛ぶか否かわかりませんが、トライしてみます。今後とも、どうぞ宜しくお願いいたします。
追)いまTBトライしてみましたが、どうもエラーになってしまいます。申し訳ありません。

>aoi さん
教えていただいた書原本店に寄ってきました。写真集も立ち見(^^;してきました。「なかなか出てこれない…」とおっしゃる理由がよ〜くわかりました(^^; 濃い書店さんですね〜。が、今日のところは、その誘惑を必死で振り切って脱出してきましたけど…(^^;



ninepeace.jpg




月別アーカイブ(Archives)



Photo Gallery

写 真 集


おすすめ




おことわり

エントリー、コメント、トラックバックにつきましては、管理者の判断により削除させていただく場合があります。予めご了承ください。
Powered by Movable Type 4.22-ja





copyright © 2004-2017 masa