無計画緑化ハウス

| コメント(20)

所用で目黒区に行ってきました。目黒区内とはいっても、場所により、うちからは、東急目黒線乗り入れの三田線を利用し、品川区北端にある武蔵小山駅で下車して歩いたほうが、乗り換えも無いので便利だったりします。
所用と言っても、人と待ち合わせているわけでもなく、時間については融通がききます。したがって、例によって、裏道に入り込み、嗅覚頼りにウロウロしながら目的地を目差しました。
すると、現れました。バラックが寄り集まっている一画が…。目黒にも在るんですね〜、トタンを多用した建物が残っているところが…。ほんとに、人が住んでいるところは、台地だろうが低地だろうが、実に、僕らを楽しませてくれます。
そんなわけで、その一画から道1本隔てたところで撮ってきたのがこの写真です。なんと、屋根から切り妻部分まで、発砲スチロールや素焼きの鉢植えがびっしりと並んでいます。壁面は言うに及ばず…です。右側には藤まで這っています。ほんとにお好きなんでしょうね、植物が…。
ここまでくると、意図しなかった屋上緑化効果が期待できるのではないでしょうか(^^; そもそも、発砲スチロールがこれだけ並ぶと、それだけでも断熱効果がありそうですし…(^^; なにしろスゴイですね、全身毛だらけ…というふうにも見えて…(^^; これは大いに気に入りました。

【場所】目黒区目黒本町あたりです。

コメント(20)

これはすご〜〜い!

でも 屋根が落ちないかとちょっと心配になりました。
車から想像してみると 若い方がいらっしゃるようですが どうやって水遣りをしているのでしょうか?
ううむ・・・・手ごわい!

>光代さん
こんばんわ〜。それです、水遣りです。どうするんでしょうね。電柱にハシゴが固定されていますので、やはり、それで屋根にのぼるんでしょうかね。基本的には、雨頼みなんでしょうが…(^^; いや街は面白い人で溢れてますね(^^;

これは私も大いに気に入りました!
ピカピカの軽自動車が、突然異空間から迷い込んだような存在感も素晴らしいです。
目黒区といえば、オシャレなカフェや雑貨屋が寄り集まっているところを思い浮かべますが、あったんですねぇバラックも。
うれしい一瞬ですね。

masaさん、こんにちは。第4回アースダイビングはご苦労様でした。山谷、深みのある地域のようですね。古い資料と重ね合わせて、歩いてみたいものです。ところで、このエントリーですが、目黒区ですね。『Kai-Wai散策』では「すごい猫」以来2つ目のエントリーです。まあ、たまたまということなのでしょうが、まったく土地勘のない場所なので、逆に、ちょっと気になります(落語の「目黒の秋刀魚」程度・・・)。さて、こちらのお宅、いつか屋根が黄色い車の上にグシャッ・・・なんてことが頭に浮かんできて、屋根の強度が気になります(少し重みで沈んでいる?)。しかし、迫力ありますね〜、スゴイです。屋根の上の発泡スチロールには、下からホースで水をやることができそうですが、たしかに屋根の切妻にも、鉢植えがギッシリ並んでいます。ここは、どうやって水をやるんでしょうね・・・。いろいろ想像してしまいますね〜。こういう傍を歩く人々に、どうしてもいろんなことを想像させてしまうお宅というのは、どこかに潜在的なパワーを秘めているんですよね〜。「想像ハウス」、スゴイです。

>McCoCKさん
こんにちわ。こちら、緑化については無計画でしょうが、園芸については確信犯ですね(^^; 突然現れたときは唖然としました。このあたりのバラックは戦後すぐに建てられたものだそうです。もしや?と思い、周辺にも足を伸ばしてみましたが、徒労に終わりました。僕も、まさか目黒でこんな家に出会おうとは思っていませんでした。広いし深いですよね〜東京ってのは…(^^;

>wakkykenさん
あ、目黒の件数で、僕の間違いに気づきました。「目黒のプチガウディ」を東京市部に入れてました。すみません。というわけで、これで目黒区は3件目になります。ところで、こちらのお宅ですが、おっしゃるように凄くパワーを感じます。ここまできますと、wakkykenさんお好みのお稲荷さんの匂いを発散しているように感じました(^^; 黄色い車の後方には、実は、巨大な穴があって、それが他の町に通じている(^^;…なんて感じです。お稲荷建築とでも名付けますか…(^^;

masaさん、こんにちは。地域別のカウンターは自動ではなくて“手動”だったんですね(^^;;。ええと、それでですね、こちらのお宅、実際に祠があるかどうかは別にして、お稲荷系なんですか。富士山の溶岩なんかがちょっと転がっていたりすると、富士講ぽくっていいんだけどな〜。ところで、McCoCKさんへのお返事で、「まさか目黒でこんな家に出会おうとは」とお書きになっていますが、目黒ってのはそういう地域なんですか。目黒区目黒本町は、山手線から少しはなれたところにありますね。GoogleMapでみると落ち着いた住宅地という感じでしょうか?そのなかに、とつぜんこのような宗教的パワーさえ感じさせる(^^;;お宅が出現すると余計に驚きますね〜。

こっ、これはすごいです〜
画家・大竹伸朗が狂気乱舞しそう!
もはや現代アートの域に達してますね。
私、こういう熱気が結集した造形物は、好みのものとそうでないものがありますが、この写真は好きです。
黄色い車、アクセント効いてますね。

ところで、アースダイビング、先約があり行けませんでした(T_T)
いつか是非参加したいです。

>wakkykenさん
はい、かなりアナログなんですよ〜このブログ。お稲荷さん系なんて口から出まかせですが、なんとなく同種の匂いを感じました。祠・溶岩の有無は不明ですが、般若の面(^^;がありました。黄色い自転車の左上に鏡が見えますが、そのまた左上です。なんとなく白っぽいものがそれなんですが、見えますか。
目黒区は、僕の若い頃から、高級住宅街と洒落た店の混在した地域というイメージです。特に、目黒通り沿いには、高級外車ディーラーやスーパー、ショップなどが並んでいました (港区ほど芸能系の匂いが濃くない感じ)。そこに…ですから、少なからず驚きました。

>greenagainさん
こちら、かなりなものですよね。大竹伸朗さん、早速google検索しましたら、なんと目黒生まれなんですね。この家と同郷でいらっしゃる(^^; さもありなん(^^;です。僕も、コテコテ系には拒否反応示すことが多々です。アクが強すぎるものはどうもダメです。が、こちらは、なんとなく爽やか(言葉が適切ではない感じがしますが)というか、あっさりさっぱりしたところがあり、気に入りました。やはり密集しているのが植物だからでしょうか…。
アダイもさることながら、バクテーのほうが、超伸び伸びになってますね。ずっと気になっているのですm(__)m

masaさん、こんばんは〜。般若の面ですが、「左上に鏡が見えますが、そのまた左上」には、うちのパソコンだとよく見えませ〜ん。左上の左上だと、真っ暗になってしまうんですよね、残念。でもね、右上にある、どうも鏡っぽい物体の左上には、なんだか、お面っぽいものが見えますが、違いますよね〜・・・。masaさんのような解像度の高いディスプレイが欲しいものです。ところで、greenagainさんがコメントに書いておられる大竹伸朗さんの作品って、面白いですね〜。展覧会は12月24日(日)までなのでそうですが、出張の折に、観てみたいな〜という気持になっています。それはともかく、港区の芸能系ってのは?…何でしたっけね?港区って聞くとオシャレな場所っていう先入観がありますが・・・。僕のばあい、芸能って聞くと、伝統芸能→ex.お神楽となってしまうんです(~0~)ゞ。

>wakkykenさん
こんばんわ〜。僕の説明が悪かったようです。それですよ、それ。もやっと白っぽく見える…。港区と言うと、麻布・白金・高輪・赤坂・六本木…などの地名を思い浮かべますが、この辺りには高級住宅とその住人を目当てにした店などが多く、したがって、成功した芸能人・タレント・ファンション関係者などにとっては、この辺りに住居を構えたり姿を見せたりすることが一種のステータスシンボルになっている感があります。ま、そういった傾向が強いということですが…。

あらら、すみません、芸能違いでした・・・。伝統芸能のほうがすぐに頭に浮かんでしまって・・・、芸能界や芸能人というのが頭に浮かんできませんでした〜。なんだか、おかしいなと思ったんですよ。恥ずかしいです(*~-~*)ゞ。でも、港区というのは、そんなに、そんなところなんですか(←ちょっと意味不明ですけど(^^;;)、知りませんでした。

>wakkykenさん
もう、わきたけんのすけ とか、わきたけんのじょう とかに、改名してください(^^; は、港区は、僕がガキの頃からそんな雰囲気があります。昔のほうがもっと高級感・お洒落感が強かったように感じます。

いやどうも、masaさん、何も知らないってのは怖いもの知らずですね・・・(^^;;。なんだか、ここ1年ちょっとで東京のことをいろいろ勉強させていただきましたが、どうも平均値からすると、ずいぶん偏っているような気がしてきました・・・。でも、それでもいいんです、僕は(^-^)\。

>wakkykenさん
確かに、最初から下町低湿地帯に突っ込む人も珍しいですよね(^^; ま、まわりがいけない(^^;という話もありますが…。

いえいえ、まわりの方たちのせいにするなんて・・・、僕のばあいは確信犯的ですから。大丈夫ですよ(^_−)−☆。

>wakkykenさん
確信犯的…ということは、こちらのお宅と同様…ということですね(^^; オチになりましたね(^^;

masaさんは「市民遺産」とでも言ったらいいような物件を探しあてる天才ですね。ぼくも「なにかないかな」と思って毎日うろついていますが、とてもmasaさんがここに挙げたような物件にお目にかかることはありません。何でかなあ。磁石のようなものが体内にあるんでしょうかね。

ところでこのお家ですが、左端にある「山本塗装」と見える看板の家なのでしょうか。車があり脚立があり、ということで何か商売をしているのは確かなんですが、ペンキ屋さん、ということであれば納得できるような部分も。
ただただ屋根が落ちないようにと祈るばかりですが。(笑)

>館 淳一 さん
こんにちわ。コメントをありがとうございます。なんですか、いわゆる名建築として通っているものよりも、ついつい、こういった無印系に惹かれてしまいます。出会う確率につきましては、ウロつく時間が長いだけだと思われます(^^;
ご指摘のとおり、こちらは塗装屋さんのようです。看板には「高級焼付 山本塗装工業 株式会社」と書かれています。この「高級焼付」というのがまた、ちょっとブレたようなフォント(^^;で泣かせました(^^; ほんとに屋根は心配になります。



ninepeace.jpg




月別アーカイブ(Archives)



写 真 集


おすすめ




おことわり

エントリー、コメント、トラックバックにつきましては、管理者の判断により削除させていただく場合があります。予めご了承ください。
Powered by Movable Type 4.22-ja





copyright © 2004-2017 masa