阿佐ヶ谷テラスハウス (5)

| コメント(4)

いつも拙サイトを訪問してくださる方には、「またか...」という感じでしょうが、今日も阿佐ヶ谷テラスハウスです。テラスハウスについては、もうあれこれ書くこともなくなってきましたので、この写真を撮った状況について...。
僕の背後には21号棟がたっているのですが、壁のすぐそばに生えている木が邪魔をして、その壁に貼られた21の番号が、離れた位置からは見ることができません。が、その番号の色がきれいなので、それだけでも撮っておこう...と、真下から番号を見上げる位置に立ってみました。そして、「もすこし離れようかな...」と、後ろを振り向いたときです。真正面に、まっすぐに伸びる木が目に入りました。その姿がとてもスッキリしています。そして、その木の向こうに、34号棟が見えています。
このとき、太陽は、もう西の地平線の近くにあって、しかも雲に隠れていましたが、34号棟には、仄かではあれ、その光が届いています。ところが、木には、それが届いていません。僕の背後に21号棟があり、それが西からの光を遮っているからです。その結果、コントラストは弱いのですが、順光と逆光の2つの風景(レイヤー)が重なって見えているように思え、シャッターを切った...という次第です。

■関連エントリー:阿佐ヶ谷テラスハウス (1) / 阿佐ヶ谷テラスハウス (2) / 阿佐ヶ谷テラスハウス (3) / 阿佐ヶ谷テラスハウス (4) / TOTAN GALLERY / TOTAN GALLERY の午後

【場所】杉並区成田東4丁目あたりです。

コメント(4)

色んな要素が「*」状に交差していて、それが面白いですね〜。
とりわけ右上の抜けた空間の電線の交差、そしてその向こうの空の色が泣けます。
それもこれもみんなこの中央の木のおかげなのかな?(^^ゞ

>m-louisさん
こんばんわ。画面の上下にある「*」状の交差、見えましたか〜。不完全交差(^^;ですので、隠し味…と思っていたのですが…。
写真を見るときに、僕たちは、実は、無意識に焦点をあちこちに合わせ直しばがら見ているわけですが。こういった構図は、それをよりハッキリと意識させる効果があるのでは?と思います。

この間はどうもありがとうございました。
写真を撮るって、一瞬の宝探しなんですね。

>iwakiさん
こちらこそ、和みの楽しい時間をありがとうございました。写真って、確かに、宝探しのワクワク感があります。iwakiさんがカメラをお持ちになったら、面白い写真が撮れそうに思えてなりません。



ninepeace.jpg




月別アーカイブ(Archives)



写 真 集


おすすめ




おことわり

エントリー、コメント、トラックバックにつきましては、管理者の判断により削除させていただく場合があります。予めご了承ください。
Powered by Movable Type 4.22-ja





copyright © 2004-2017 masa