ワビオウ

| コメント(20)

新小岩に行ってきました。総武線の車内から街の様子を見るかぎり、新小岩あたりは、すでに再開発が進み、大小様々な規模のマンションが林立していて、もう古い建物などはみじんも残っていないように感じられます。そんなわけで、これまでは、新小岩は通過していました。しかし、新小岩と言えば、昔は、南の町外れ(実際には隣区になる)に遊郭もあり、永井荷風も足を伸ばしたと聞きます。何も無いということはないだろう...が、ま、何も無ければ無いで...と思い、とにかく歩いてみました。
駅に降り立ってみると、なんとなく、「無い」ほうの予想が当たったかな?という感じです。が、何も無ければ、中川の風景でも見て帰ろう...と思っていましたから、さほどどうとも思わず、とにかく北に向かって歩を進めました。が、やはり、電車の窓から見ただけでは分からないものです。途中、「暗渠化された川だな」と、すぐにわかる遊歩道を横目に、「これは旧道かな?」と思しき道を選んで進んでいくと、けっこう古い建物が点在しています。そして、まったく思いもかけないところで、突然に目の前に現れたのが、今日の写真の建物です。
いや〜もう、その素晴らしさに、力が抜けて、その場に座り込んでしまいそうでした。もう絶品ですね。このワビオウにあっては、あのサビオウも、うかうかしていられません(^^; いい勝負です。いや...もしかすると、こちらに軍配が上がるかも?ですね。とにかく魅力の塊。参りました。しかも、これ、現役です。
近所の方の話では、こちら、住居として使われているだけで、煙突から想像するようなご商売はなさっていないそうです。が、どう見ても、この裏手の部分は、昔は、何か火を使う仕事場にでもなっていたのでしょうね。それにしても...新小岩、あなどれません。

【追記】画像を追加しました。左から見るとこんな感じです。
【場所】葛飾区東新小岩あたりです。

コメント(20)

すみません、どうしてもコメントしたくて・・・。もう、こんな⇒(^0^)顔をせざるをえませんね。こちらの「ワビオウ」、さすがに「オウ」がつくだけあって貫禄十分なんですが、やはりなんだかニヤッと笑っちゃうんですよね〜。僕には、なんだかもう、ユーモアたっぷりという雰囲気なんです。壁面の青トタンの継ぎはぎ具合、背後の煙突付きの赤トタン2階建て。子どもが小さいときに、顔のついた機関車トーマスってのをテレビで一緒に見ていましたが、こんお宅にも顔が見えてきそうです。傾いた煙突は、なんだか、ちょっと跳ねた薄くなった髪の毛にも見えてきました。

masaさんすみません。↑の傾いた煙突は、傾いたアンテナです。masaさんは、町を歩かれると、このような立派なお宅に出会えるんですね〜。これも、シックス・センスなんでしょうか。

>wakkykenさん
こんばんわ。早速のコメントをありがとうございます。よろしいでしょう(^^; この家…。いやもう大変です。これは取り壊し(て欲しくないですが)まで密着物件ですね。素性は、聞くまでもなく、元は長屋で、裏手の2階部分が建て増しですよね。両側に長屋がつづいていた姿も見たかったですが、それらが取り壊されているからこの姿を見ることができる…という皮肉。しかし、こんな家が、よくも残っていたものです。感慨…(^^;

>wakkykenさん
あ、了解です。アンテナがきっちり傾いているのが、これまたチャームポイントですよね(^^; 僕の場合、歩く距離が長いだけです…。

これは見れば見るほど『絶品』です。
まるで『ミルフィール』のようにトタンを重ね重ね、「結果こうなりました」って感じですごい。裏なんてトタンで出来た『炭焼き小屋』のようです。←全然違いますけど(苦笑)
このお宅「賀正」シールが貼ってるところを見ると住んでるい方が居るようですね。

多分、新小岩だったと思います15年以上前の話ですが駅前に風俗店が密集していた印象が強く残っています。
ちょっと中央線に見られる『サブカル系』のお店が以外とあって「面白いな」と思ってましたが風俗店の密集度にはビックリしたのをおぼえてます。今はどうなっているのかあの日以来ですが、考えてみたらあそこは『旧赤線』だったのではと思っています。

>aoiさん
こんばんわ。『絶品』との判定、ありがとうございます。これ、裏手の建て増し部分が無かったら、ただの古家で終わったのかもしれませんが、煙突付き部分が効いてますよね〜。ほんとに、ぱっと目に入ったときは、ほんとに目を疑いましたから…。
新小岩は、本文にもチラと書きましたが、遊郭があったそうですね。やはり、何処でも、土地の記憶というものは、そう簡単に消えないんですね。いまは、そういった店がだいぶ消えたのでしょうか…昨日、歩いたかぎりでは、そうそう目にはつきませんでした。

コメントに困るくらい チョーかわいい!

近づいて見てみることが出来たら、
赤い煙突部分の建物が 色々語ってくれそうですね。
こういう扉に使われているガラスは
もう手に入らないものです、きっと。

>光代さん
こんばんわ?おはようございます?(^^;
ほんとに、コイツ、お年は召してますが、愛らしいですよね〜。お伽噺にでも出てきそうです。周囲も撮ってありますので、また機会をみて、アップしますね。仰るように、木枠の引き戸も、改修するとしたらサッシにしなきゃいけないようですし、ガラスも網入りじゃなきゃいけないようです(消防法によると思う)。もちろん、この手のガラスは入手できないでしょうね。その辺りはご専門ですね(^^;

んん〜エエわあ
兎に角張りました的な側面トタンのパッチワーク振りがタマラン

裏の建て増し部分もエエですわ〜

賀正シールがあるところを見ると
未だ何か御商売をやっているのですかね

それにしても
この手の物件には、政党ポスターが貼られている場合が多いのは何故なんでしょう

>GG-1さん
こんにちわ。この建物、両面ともに全面トタンパッチワークでして、それぞれに、ひじょうによろしかったです。ここでは商売なさっていないということでしたが、なんでもビジネスオウナーだ…ということでした。この家が気に入って住んでいらっしゃるようにお見受けしました。
しかし、ほんと、政党ポスターってやつ…そこいらじゅうですね。本気で、引き剥がしたくなります。ま、剥がさないんですけど、こいつには絶対投票しない!と思っちゃいますね(^^;

出遅れましたが、大変スバラシイです(neon泣)
ああ小岩方面にも今年は行かなければ。。。
かたちも色も非常に好みです。
ああ描かなければ。。。

>neonさん
こんにちわ。小岩・新小岩あたり、なかなか素晴らしいですね〜。もすこし昔だったらさぞかし…という感じです。ま、それは何処もですね(^^; とりあえず周囲も撮ってありますので、資料写真が必要…とあらば、いつでも仰ってくださ〜い。

>masaさん
>本気で、引き剥がしたくなります
御酒を召し上がらないのが幸いしてますね。(^_^;)

>iGaさん

>>本気で、引き剥がしたくなります
>御酒を召し上がらないのが幸いしてますね。(^_^;)
あ、は、はい(^^; ラグビー部員じゃなかったことも…ですかね(^^;(^^;

ビジネスオウナーって何?

朝からこの自転車がずっと気になっています。
はみ出ているのは何なのかしら?
何のために使っているのかしら?
・・・・・などと 考え中。

そしてここの「主」の正体を知りたいのです。
きっと 少し年配のおじさんだろうと思われますが・・・・・。

左側も好いですね〜!
こちらはグレーなんですね。
で、あの、・・・右側を正面から、は、お撮りになっていらっしゃるでしょうか。。。?

>光代さん
あ、ビジネスオウナーって、要は事業主って感じで使いました。ここは住居で、何もなさっていないのですが、どうやステーキレストラン(フランチャイズチェーン店と思われます)を2軒くらい所有していらっしゃる…と聞きました。ただし、これはご近所の方のお話です。
この自転車は、僕が撮影しているときに、近所(と思われる)のおばさんが、ちょんと停めて、どこへやら行ってしまいました。こちらのお宅の自転車ではないんです。
こちらのご主人にも、そのうち、偶然に…ということになると思いますので、またご報告いたします。
それより光代さんブログの「…ムスメ」が気になってしょうがありませんが(^^;

>neonさん
左側も渋くて、それぞれに良いですよね。黒のガムテープによる修理が十字架にも見えて…。右側正面からも撮っていますが、さすがに引きがなく、僕の持っている広角レンズでは、全体をフレームに入れることはできませんでした。

ムスメについて
 あの車庫のシャッターは ほぼあの位置で
いつも中途半端に開けてあり 車を見たことがありません。
一体何が出入りするために半端にあけて有るか 見当が付かないのです。


masaさんのワビオウのカラーが 気になっています。
この独特のブルーと さび色の赤は
海の近くでよく使われていますよね。
それがここにあるのを 面白く思いました。

>光代さん
ムスメについては、光代さんのブログに書き込みすべきでしたね。ついこっちで言及してしまい、失礼しました。でも、面白いです。
ブルーのトタンは、東京の下町では、実によく目にします。これが東京のトタンの標準色か?と思うくらいに…。以前、「地方によるトタンの色」が話題になったことがありましたが、海にブルーが多いというのは気がつきませんでしたね〜。もしや「海・山・平野」といった違いによる色の変化があったりしたら、それこそ面白いですね。これからは、そのあたりも注意してみます。



ninepeace.jpg


che.jpg


月別アーカイブ(Archives)



写 真 集





おことわり

エントリー、コメント、トラックバックにつきましては、管理者の判断により削除させていただく場合があります。予めご了承ください。
Powered by Movable Type 4.22-ja





copyright © 2004-2020 masa