月夜の町のピラミッド

| コメント(6)

夜空に浮かんでいるのは月です。決してドット抜けではありません(^^;
ここは、松島3丁目。昔、「○に鍵」と書いて「マルケン」と呼ばれるカフェー街だったところです。連日、大勢の客が押し寄せ、それは賑やかだったということです。「現金が飛び交う土地柄だから、周囲に巡らされていたドブをさらうと、お金が出てきたものだ…」と、この一画に住む高齢の婦人から聞きました。
長屋や小さな愛らしい平屋が密集した、雰囲気のある濃密な一画だったようですが、昨年の春頃から、ポツポツと取り壊しが始まり、いまでは、建物が建っている土地と空き地とが半々…といった状態になっています。残っている家が、三角屋根の平屋で、シルエットが愛らしいだけに、ガラ〜ンとした空き地に立って、それを眺めていると、昔を知らない僕でも、なんだか、実に淋しい気がします。
この日は、雲ひとつない澄んだ夜空に、三日月が浮かんでいました。表通りの街灯が、道の向こうに並ぶビルを照らしだしています。が、手前の、切り離され、1棟だけになった家の裏側には光が当たらず、黒いシルエットになっています。これを見ているうちに、ふと「これは、トタンで作った、下町のピラミッドだ」というイメージが頭に浮かびました。馬鹿げた想像です。が、それに近いものを感じてしまうんですね〜、この風景には…。かなり本気で…。

【場所】江戸川区松島3丁目あたりです。

コメント(6)

masaさんって そのエネルギーの強さで
写したい対象物を 目の前に持ってきたり
味のある人物を歩かせたり
この写真のように ばっちりの光の加減を作り出したりしてるんでしょ?

こんなに次から次へと 不思議やわ〜〜〜〜〜。

>光代さん
あ、バレましたか…。このピラミッドは、段ボールを切り抜いて…なんてウソですよ(^^; 実は、結構努力家(^^;なんですよ〜。コツコツの積み重ね、石も積もれば…と思って撮ってます。

こ、こ、これは……。(絶句)
「Kai-Wai散策ベスト画像集」を作ったら、ベスト10に入る一枚ですね。
そうだなあ、冗談ではなく、本気で写真集、作って欲しいものですね。

>館 淳一 さん
こんばんわ。ご評価くださいまして、大変ありがとうございますm(__)m 実は、こういったスタイルを模索していました。したがって、館さんにコメントをいただけたのが、とても嬉しいです。ただ、自然光と人工光とのバランスのうえに成り立っていますので、運が良くても、1日1枚程度しか撮れません。が、このスタイルは今後も追いかける積もりでいます。重ねて、ありがとうございました。

こんばんは、masaさん。江戸川区の町並みに、ピラミッドのある静寂な世界が、夕方の一瞬に、出現するというわけですね。実際は、いろんな音も聞こえるのかもしれませんし、周りの空き地の状況を知らないので、写真からは、静寂さを強烈に感じます。不思議ですね〜。現実には、この地域、不動産売買や再開発の波が襲ってきているのでしょうが、そのような現実を超越したところで、異空間の世界につながっているシーンが瞬間、見えてくる、とでもいいますかね。個人的には、いいオジサンなんですが、こういうファンタジー系の妄想、けっこう好きなんです(^^;)。

>wakkykenさん
こんばんわ。いや、まさに仰る通りの想像(妄想?)を僕もしていました。2つの風景レイヤーが一瞬姿を見せるんですよ。片方は、この低湿地帯の原景でもあり…という感じなんですね。



ninepeace.jpg




月別アーカイブ(Archives)



写 真 集


おすすめ




おことわり

エントリー、コメント、トラックバックにつきましては、管理者の判断により削除させていただく場合があります。予めご了承ください。
Powered by Movable Type 4.22-ja





copyright © 2004-2017 masa