ノッペラ壁景

| コメント(10)

今日は、東西線・南砂町駅から北上し、砂町銀座へ行ってきました。が、この写真は、砂町銀座で撮ったものではなく、そちらへ向かう途中で撮ったものです。
見るからに、手前に在った建物が取り壊され、従来は目に触れることのなかった壁面が露出した…という状態です。手前にあった建物とよほど接近していたのでしょう、とにかく、窓というものがひとつもありません。これほどベタッとした壁…というものも、ななかな目にできるものではありません。しかも、いかにも敷地の都合でこうなった…という凸凹デザインです。まるで、コンクリートの屏風でも立てたように見えてきます。なんとも意図されないインパクトがあり、思わずシャッターを切らされた…という感じです。
ところで、上空に見える白い点は、ドット抜け…などではなく、いちおう月です(^^;

【場所】江東区南砂町5丁目あたりです。

コメント(10)

おおっ・・・。「むかって左壁面の、アフロヘアの方は、どなたでしょうか?」と質問したくなります。骸骨のアフロヘアー?破壊された手前の家の怨霊が、張り付いているのでしょうか?まあ、気のせいですね、きっと。でも、この模様はすごいです。

>wakkykenさん
あ、やはり見えましたか〜。右にはクマかイヌが見えませんか?(^^;

masaさん、右のほうですが、巨大なコアラに見えました〜!

>wakkykenさん
コアラのほうが近いですね…確かに…。

これって、反対から見ればふつーの三階建てビルなんですか?
まるで城壁ですね。
たぶん、駐車場のところに先にあった建物の持主から、このビルを建てるにあっていろいろ条件が出されて、その条件の1つに「我が家側を見下ろす窓を作るな」というのがあったんじゃないかと思います。でないと、これだけ徹底して窓を作らなかった理由が分かりません。通気採光を考えれば小窓ぐらいは欲しいものです。
わがマンションも建築にあたって隣接した住宅から「見下ろされたくないので厳重に窓に目かくしを作れ」という条件を出されたらしいです(今はそっちもマンションになってしまったので、目かくしをはずしています)
この城壁?は、住民同士のそういう確執を物語っているように読み取れるんですけどね……。

> 館 淳一 さん
大変にお返事が遅れ、失礼いたしました。これ、仰いますように、表側からはフツーのビルに見えます。が、横にまわりますと、この有様(^^;です。
しかし、さすがにお読みになられます。僕などは、「おお〜ビョーブだ!ビョーブだ!」というだけで、そういった推理方向に頭がまったく行ってませんでした(^^;
それにしても、こうも開口が無い…という例は、ボロ隠しとして全体をトタンで覆った建物以外には、見た記憶がありません。何やら、館さんがご想像なさっているような事情がありますでしょうね。機会があったら聞いてみたいものです。

遅ればせながら、失礼いたします。
左はモンキーで、右は白熊に見えます、そして真ん中にはスマイルが…。
このようなお写真を見せられるとやはり広角が欲しくなります、が…シクシク、涙。先に望遠だと言われております。

>cenさん
あ、ほんとだ、モンキーに見えますね〜。右はどうやら、皆さん、クマ系ですよね。それにしても、スマイルが見えない(^^; 以前のサザエさんも見えなかったし…(^^; 妄想力欠乏症なのかな〜(^^;
しかし、先に望遠ですか〜。cenさんの感じですと、広角が欲しいところですよね〜。そうだ、「広角だと遠くが撮れるよ」と、yukiりんsanをだましましょう!(^^;(^^;

>masaさん
個人的な恣意な推測(妄想?)につきあってくださり、ありがとうございます。
いえね、これだけ隣人との交渉を拒絶した屏風のような外壁は、ぼくもほとんど見たことがないので。工場とかなら分かりますけど。

あと考えられるのは、この駐車場になってる敷地にあった物件の性状ですね。騒音を発したり悪臭を発する工場、貯蔵場のようなものだったら、ビル側のほうで自発的にこういう窓なし壁にしたかもしれません。

いったい何がこんな屏風壁を作らせたのか……と考えると妄想は尽きませんね。(^_^;)

>館 淳一 さん
こんばんわ。いえ、妄想についていくのって、割と好きなほうですので…(^^;
ところで、もう少し左側が写り込んでいるカットを確認してみましたら、この建物の1階は美容室、2階がパブレストラン、3階がスナック、となっていました。
ま、3業種ともに、さどど側面・裏側に窓を設ける必要はないとは言え、やはり建物としては異常ですよね。これは真相究明せねば…と思い始めました(^^;



ninepeace.jpg




月別アーカイブ(Archives)



写 真 集





おことわり

エントリー、コメント、トラックバックにつきましては、管理者の判断により削除させていただく場合があります。予めご了承ください。
Powered by Movable Type 4.22-ja





copyright © 2004-2019 masa