LARK飛行船団

| コメント(8)

大田区の北糀谷で撮った写真です。この、建物を背にして並んだ自動販売機などのかたまりですが、道路に面しているというのに、見た感じが、なんとなく変です。どことなく違和感を感じます。
実は、この建物、全体を見るとこんな感じになっています。この全景写真の左端にちょっとだけ写っているのが、旧呑川を埋め立てた跡地である緑地公園です。ということは、僕が立っているあたりは、昔は川で、この建物は、その川縁に建っていたことになります。そして、商店用に建てられた看板建築ですから、当然のことながら、看板部分が正面を向いているはずです。ところが、川が埋め立てられ、そこが幅広の道路になり、人通りも多くなったため、昔の表通りが横道になってしまった…ということのようです。そんなわけで、脇役に徹していればよかったものが、そうもいかなくなり、後追いで、側面の正面化(^^;に取り組んだ結果がトップの写真…ということでは?と想像しています。人に歴史あり…建物にも歴史あり…ですね(^^;

【追記】このエントリーは、一昨日、いったんアップした後、SafariとFirefoxで見比べ、あまりに画像表示に差があるため、取り下げたものです。その後、皆様よりアドバイスいただき、試行錯誤した結果、どうやら、どちらのブラウザで表示させても、ほぼ同じに表示されるファイルを出力することができました。僕のWin環境でも、それなりに納得できる表示になっています。
最良の結果を生んだのは「現像済みファイル->Photoshop->ウェッブ用に保存(ICCプロファイルを付加"しない")」という操作で生成したjpegファイルでした。どのブラウザで表示させても、肉眼では見分けがつかないくらいでした(これでも、本格的にやっていらっしゃる方に比べると手抜きです。僕がPhotoshopではなくElementsしか持っていない…ということもあります)。が、それは面倒なので、ここにアップした画像は、フツーに現像ソフトでjpeg出力したものです。その際に、「ICCプロファイルを付加"しない"」設定にして出力します。要するに、SafariにICCを読ませない(悪く言うとダマす)…という方法です。ま、消極的な方法なんですが、手間いらずで、とりあえず有効なので…。

【場所】大田区北糀谷2丁目あたりです。

コメント(8)

>masaさん >みなさま こんにちは
以前、運動会場の真っ青な空に、この赤に白抜きのロゴが入った飛行船がゆったり、ふんわりと飛来したのを思い出しました。こんなに揃って飛んできたらさぞ愉快でしょうね。
なかなか良いトタン状態で、グレーというか白に近い物になって行くこの過程もなかなかよいものでございますね。LARK飛行船団が吊ってあるアングルアームにも古(いにしえ)には幕が張られていたのでしょう。やっぱり緑か赤かな〜とか妄想(妄走)しながら「全体を見る」をクリック ウ〜ン 成る程。
旧呑川が暗渠化され道に川幅を感じていると、何か幻の流れを感じますね。
人住むところに水ありき、きっと呑川水系を中心に集落が出来上がっていったのでしょうか。(Wikipedia)で、「その昔牛が誤って川に落ち水を飲んでしまうことがあったから」、などといった語源説の一つをを読むと、何かほのぼのと幸せを感じた与太郎でした。 話が牛だけに妄(モー)タイヘンです。 ゴメン与太郎

>菊坂の与太郎さん
こんにちわ。与太郎さんがこの家から、いろいろと読み取られるように、こういう家一軒でも残っていると、この町の昔を偲ぶことができますよね。戦前のこのあたりは、家などはポツリポツリ状態で、建っている建物の多くは海苔の工場だった…と聞きました。川沿いには、定番・染物屋さんもあったそうです。また、旧呑川は、暗渠化ではなく、埋め立てだそうです。京浜蒲田駅周辺は、いま、大再開発が進んでいます。風景が大きく変わりそうです。

知らないうちにこんなことになってて、横向きで、ちょっと恥ずかしそうです。「おしり」のところにLARKたちが無邪気にとんでいるのも照れ隠しみたいで愛らしいです。いちばん端っこの洗面器の植木(こけている)、芸がこまかい。ナイスタイトルです!

こんばんはmasaさん、 brary さんもこんばんは、愛情が注がれた解釈で思わず微笑んでしまいました。そうですか埋め立てですか。息の根止められちゃったんですね。
しかしどんどん変わって行っちゃいますね。是非、これからも一つでも多く今留めなければ失なわれてしまう物、選んで記録に留めて行って下さいね。足元にも及びませんが与太郎も頑張ります。
東京工業大学からそして池上本門寺、海老取川まで三区またいでいるとは、イヤたいしたもんです。
19年度の最初の史跡巡りは九品仏だとか・・・masaさん、先端走ってますね。部屋番号も保存されたようで、ありがとう、そしておめでとうございました。・・・菊与

>braryさん
こんばんわ。こういうのって、雑整然っていうのでしょうか…。良いですよね〜。braryさんの視線の芸も細かいです(^^; なんだか、カメラをお持ちになられたら、面白い写真をお撮りになりそうですね(^^;

>菊坂の与太郎さん
あれ〜、もう次のコメントをいただいてました〜。実は、お詫びしなくちゃいけないようです。今日も、この辺りを歩いてきました。そして、旧呑川緑地も歩いてみました。すると、大きなマンホールがあって、近づくと、ゴーゴーと音をたてて水が流れていました。どうやら埋め立てではなく暗渠化が正解のようです(本来は、真相をチェックしてからお返事すべきですが…(^^;)。地元の方のお話を鵜呑みにし、「埋め立て」などと書いてしまい…失礼いたしました。
歴史館さんからの月報のようなもの、届きましたね。

>masaさまへ
はい、届きました。お名前が載っていたので嬉しかったです。
▲前文、及び以下削除自由
と・とんでもない小生は現場に行っていないので鵜「呑み川」ですが、masaさんは現場に行って再び確かめていらっしゃるじゃないですか、その努力に頭が下がります。また場所によっては新呑み川に切り替わって埋め立てた場所もある筈です、それを地元の人は見たのかもしれませんね。 本郷 菊坂の与太郎

>菊坂の与太郎さん
鵜「呑み川」…いいですね〜(^^; このあたりには、川あり堀あり海岸線ありで、大森とも縁が深いようで、なかなか興味深い土地柄ですよ。しばらく通うことになりそうです(^^;



ninepeace.jpg


che.jpg


月別アーカイブ(Archives)



写 真 集





おことわり

エントリー、コメント、トラックバックにつきましては、管理者の判断により削除させていただく場合があります。予めご了承ください。
Powered by Movable Type 4.22-ja





copyright © 2004-2020 masa