低湿地橋詰景

| コメント(6)

低湿地帯には、当たり前ですが、坂らしい坂というものが見あたりません。高低差が無いわけではありませんが、あったとしても、その多くは、階段にして2、3段程度です。が、そんな低湿地にも坂はあります。判で押したように、橋のたもとに…。
ここは、丸八通りと仙台堀川緑道が(立体)交差する位置です。したがって、仙台堀川が埋め立てられるまでは、それを跨ぐ橋が架かっていたわけで、この坂は、その橋のたもと…ということになります。
しかし、こうして見ると、高層マンションも見えてはいるものの、風景全体がフラットで、都心のビル林立景や長屋の路地景を見慣れた目には、なんとも不思議に映ります。
また、都心で、坂道は見慣れているはずですが、やはり、「道路は水平」と、頭のどこかに強くインプットされているらしく、更に、パッと目に飛び込んでくるブルートタンの工場がフラットかつ横長であることも手伝ってか、「どれが水平な線なのか?」迷ってしまいます。頭では分かっていても、目と三半規管がそれに付いてゆけない…といった感じです(^^; 結局ここでは、同じ構図で、かなりの枚数を費やすことになりました。

【場所】江東区南砂5丁目あたりです。

コメント(6)

道路向かい側のプラタナスの街路樹の立ち姿を見るとカメラを構えるmasaさんの姿勢が想像されますね。(^_^;)
しかし、このブルートタンの工場はインパクトあるなぁ〜。

こういう緩い斜面に建っている、横長の建物は好きですねぇ。それにこれだけ目の覚めるようなブルートタンとくれば、もう、これは心が凪ぐではなく、心が波立ちます〜。ベタベタ貼ってあるポスター系(黒ワンコ探偵事務所もやっぱりある。。。)もこうやって遠目に見るとアクセントになっておりますしね。後ろの三角+台形屋根も素晴らしい造形で、眼福、脱帽〜。

>iGaさん
こんにちわ。ここは、樹木の三半規管(^^;も迷うくらいですから、きっと磁場に異変が起きているのだと思います(^^; どうやっても、安定せず、参りました。
でも、この工場は、なかなか秀逸ですよね。正面(写真で言うと右側)から見ると、左手の樹木がアトムの頭髪になって、それもなかなかでした与(^^;

>neonさん
こんにちわ。neonさんは、やはり、運河の匂い系に敏感(^^;でいらっしゃるんでしょうね。この総ブルートタンの建物は自動車工場でしたが、これだけ離れた距離から全体を眺められる…という物件はなかなかありませんよね。
しかし、低湿地を歩いていますと、ご指摘のように、クロワンコと共産党・公明党のポスターとのお付き合いが深くなります。いつも「何とかならないものか」とイラついていましたが、今回、初めて好感を持ちました(^^;

写真の砂町橋も取り壊されて、元のフラットな状態に戻す工事が進んでいます。

>yossyさん
こんにちわ。お知らせいただき、大変ありがとうございます。なんと大がかりなことが始まったのでしょう。これはこの目で確認に行きます。また何かありましたら、ぜひ、お知らせいただきたく思います。どうぞ宜しくお願いいたします。



ninepeace.jpg




月別アーカイブ(Archives)



写 真 集





おことわり

エントリー、コメント、トラックバックにつきましては、管理者の判断により削除させていただく場合があります。予めご了承ください。
Powered by Movable Type 4.22-ja





copyright © 2004-2019 masa