『公開シンポジウム』のお知らせ

| コメント(17)

先日のエントリー「東大構内を歩こう (10)」で、ある研究者(渡辺よしひろさん)にお会いしたことを報告しましたが、そのときの話題の中心は、ひと言で言うと「ブロガーとコミュニティ」ということでした。
現在、街中で再開発が行われ、それが地域コミュニティの弱体化につながっているのは、(おそらく)誰の目にも明かですが、ご自身が熱心なブロガーでありネットの世界に精通なさっている渡辺さんは、それを補足・補強する意味でも、ブロガーの存在は大きい...との認識をお持ちでした。そして、今後は、ブロガーを中心としたコミュニティを、より表面化させ、行政・公的機関などへのパイプとなれるような何ものかを構築する必要を感じていらっしゃるようでした。
実は、同じようなことを、僕も感じていましたので、こういった点では意気投合。これから歩調を合わせられるところでは、歩調を合わせて...ということになりました。
今日のエントリーは、そういった問題に関連する『公開シンポジウム』のお知らせです。詳細は以下にたたんであります。僕も出席の予定ですが、町歩きに興味をお持ちの方々や町歩き系ブログを運営なさっている方々のなかから、ひとりでも多くの方と会場でお目にかかれたらな〜と思い、直前ではありますが、アップした次第です。

【写真の場所】文京区本郷二丁目あたりです。

『地域と大学連携のための公開シンポジウム』開催のお知らせ
〜文京区と東京大学との連携を考える〜
東京大学130年の歴史が変わる!地域と大学の連携によって生まれる価値(未来)を生み出すことを目的としたシンポジウムが開催されます。

■開催情報
日時:2007年4月7日 18時開場18時半開始
会場:文京シビックセンター
主催:産文学地域連携研究会 
共催:文京赤門会/文京区友の会
参加費:無料

■タイムスケジュール
18:00 開場
18:30 シンポジウム開会(コーディネーター挨拶、パネリスト紹介)
19:45 休憩
20:00  懇親会開始(会費:2,000円)
21:15 統括
21:30 シンポジウム終了

■パネリスト(敬称略)
○佐倉統 (大学枠)
理学博士。東京大学大学院情報学環教授(文化・人間情報学コース長)
行動生態学を修め、現在は情報学環にて「分野の越境」をテーマとした、異分野コミュニケーションの研究と実践を積極的に行っている。

○米倉伸三 (産業枠)
株式会社ミイレー代表取締役社長。東京本郷ロータリークラブ前会長。
千代田区内の行政・大学・地域産業との連携推進事業「エドバレー」プロジェクトの会長として、産官学地連携の旗手を務めた。

○渡辺よしひろ (コーディネーター)
学際情報学修士・政策科学修士。東京大学大学院情報学 環学際情報学府博士課程。
コミュニケーション・デザイン領域における研究およびその実践としての地域情報の発信・コミュニティづくりをおこなっている。「文京区友の会」代表。

■申し込み要項
FAXかメールで下記記入して申し込んで下さい。
・氏名
・電話番号(FAX番号)
・シンポジウム参加(懇親会参加の可否)
FAX:020-4664-7179
メール:contact@yosihiro.net
■ 問い合わせ先
事務局長:田中舞
お問い合わせ:090-6506-0056 (留守番電話の場合はメッセージを残して下さい)
メール:contact@yosihiro.net
詳細情報:http://yosihiro.net/

コメント(17)

さきほど、メールで参加を申し込みました。

>tamさん
えええっ、tamさんのご都合がよろしいのでしたら、参加者としてではなく、パネリストとして壇上にあがっていただきたく思います。…と僕が勝手に決められることではありませんが、ご連絡させていただく可能性があります。宜しくお願いいたします。

わたしも参加を申し込みました。念願のご挨拶ができればうれしいです。(ちょっと緊張します・・・)

主旨に共鳴するところがあるし、おもしろそうだとも思ったので参加を申し込んだまでのことですが、もしもそんなことになったら、そういうことでやります。

こんにちは、
異分野のコミュニケーションと、地域情報の発信という点でたいへん興味がございます。
先ほど参加を申し込みました。

>braryさん
こんにちわ。やっとお目にかかれるんですね! 「ブログの力」で紹介されて以来…ということになりますから、いや〜嬉しいです。もしや、会場前に、玉井さんのモールトンと、braryさんのミヤタアルマックスGが並ぶのでしょうか?(^^;

>tamさん
ありがとうございます。当日、会場で、渡辺さんから、何らかのお願いがあると思いますが、どうぞ宜しくお願いいたします。玉井さんにご参加いただけるなんて、計算外でしたので、とても嬉しいです。ありがとうございました。

>M.Niijimaさん
こんにちわ。ご参加いただけるとのこと…ありがとうございます。シンポジウムのみならず、写真のこともお話できそうで、たいへん楽しみです。どうぞ宜しくお願いいたします。

面白そうなシンポジウムですね。
そこで、どんな対話がなされるのかこの耳で確かめたいところです。ブログコミュニティはソーシャルキャピタルになりうるのか?なんてね。
と、書きながら諸般の事情で参席できなくて残念です。(^_^;)

>fuRuさん
こんにちわ。こういったことは、僕の柄ではないのですが、渡辺さんの一途な気持ちに引っ張られた感じなんです。僕も、街がよろしくない方向に変わってゆくのを、ただ見守るだけではイカン…と、このところ徐々に思うようになっていましたので…。アースダイビングに参加なさるような方々には、きっと興味深い内容になると思います。また機会をみてぜひ!です。

masaさん、今夜はお世話になりました。
シンポジウムの内容が興味深かっただけでなく、masaさんおよびこのブログにお集まりになる素敵な方々とお会いできたこと、たいへん嬉しく思います。
これからもどうぞよろしくお願いいたします。

>M.Niijimaさん
こんばんわ。今日はご出席くださいまして、ありがとうございました。こちらこそ、お目にかかれて嬉しく思います。しかし、こんなにすぐにお目にかかれるとは思ってもいませんでした。
写真についてはあまりお話できませんでしたが、また次回にでも…。今後ともどうぞ宜しくお願いいたします。

>tam(玉井)さん
明日からのラオス出張を控えていらっしゃるにも関わらず、お時間を割いてくださいまして、大変ありがとうございました。これからも、何かとご相談させていただくことがあると思います。どうぞ宜しくお願いいたします。

>iGaさん
お忙しいなか、足をお運びくださいまして、ありがとうございました。突然お顔を発見したときは、なんだかヤケに嬉しかったですよ(^^; 今後とも、鋭いご意見をいただきたく思いますので…。

>braryさん
ブログ開設以来、ほぼ3年経ってやっとご挨拶できました。braryさんの、ユーモア以上の「おかしみ」などと言うほかない雰囲気の、あの文章の大ファンとしては、念願叶ったり…でした。しかし、才色兼備とはよく言ったもの。ズノー&ニンゲンセイは姿形に現れるものだと確信いたしました。

>Nishijimaさん
既に上記コメントでやり取りさせていただきましたが、お越しいただき、本当にありがとうございました。次回は写真中心でぜひ!です。

昨日は本当にありがとうございました。みなさんともお目にかかれて嬉しく存じました。
masaさんが、なぜいつも訪れた場所の初対面の方たちからいろいろなお話をお聞きになることができるのか、お人柄に接してよくわかったのでした。

masaさん、きのうはどうもでした。
佐倉先生が言われていたように、私学と比べると旧帝大はこれからと云う印象でしたね、何れにせよ渡辺さんのようなフットワークの良い若い人達がリーダーシップを発揮して行くのでしょうね。

因みに20以上の大学を抱える地元八王子では駅前ビルで「いちょう塾」という講座を開設しています。
http://www.hachiojibunka.or.jp/gakuen/icho-juku/top/index.htm
それと、造形大の産学公連携ではこんなことを行なってるようです。
http://www.zokei.ac.jp/collaboration/sangaku.html
それと、佐倉先生が言われていた大学図書館の連携もアイデアはあるようですが、まだ具体化はされていないと思います。

>braryさん
お目にかかり、研究者のイメージが変わりました(^^;

>iGaさん
足を運んでいただいたばかりか、いつものことですが、関連情報まで、ありがとうございます。各地域の大学も、それぞれに、地域との連携を模索しているようですね。ポイントは、大学に人を呼び込むことではなくて、玉井さんも仰ってましたように、いかに大学が街に出てゆくか…ということなんでしょうね。そういった点で、渡辺さんのアイデア(外部カフェ構想など)は興味深いですし、支持したい…と思うのでした。
また、虫のいい話ですが、アイデアをお借りできたら…と思います。どうぞ宜しくお願いいたします。



ninepeace.jpg


che.jpg


月別アーカイブ(Archives)



写 真 集





おことわり

エントリー、コメント、トラックバックにつきましては、管理者の判断により削除させていただく場合があります。予めご了承ください。
Powered by Movable Type 4.22-ja





copyright © 2004-2020 masa