菊坂花園景

| コメント(37)

今日は、パソコンのデータの引っ越しなどに時間を費やし、いつの間にか夕方になっていた...という一日でした。データの移動...とひと口に言いますが、これが、やってみると、データ量が半端ではなくなっていることも手伝って、なかなか大変ですね。基本的には、外付けHDを介しての移動なんですが、データをコピーしている途中で、どういうわけか?作動停止してしまい、再起動、コピー開始、作動停止、再起動...なんてことを繰り返しているうに、時間なんてどんどん過ぎていってしまいます。結局、一日中、家に釘付け...ということになってしまいました。が、一歩も外に出ない...というのも悔しいので、いつものパターンなのですが(^^; 近場の菊坂を歩いてきました。
このブログを始めた頃と比較すると、もうすっかり様変わりした...と言っても過言ではない菊坂ですが、範囲を限定して見れば、まだ昔の下町風情が残っています。こちらのお宅などは、もう貴重な風景の構成要素になってきました。いつも雰囲気があります。しかも、園芸がお好きで、いつも鉢が並べられ、季節の花や植物が、通行人の目を楽しませてくれます。今日は、また、ずらりとチューリップの鉢が沢山並べられていて、それが渋い背景に映え、実にきれいです。いや、見事でした。
ところで、このチューリップは、菊坂町会の催し物か何か(?)のようで、園芸店から購入して、路地に並べたものなのでしょう。が、それでも、元からある路地園芸の草木がつけた花などと相俟って、通る者に、なんとなく春を感じさる光景をつくっていました。このところ、気温が安定せず、真冬のように寒い日があったりしますが、風景は、確実に春の様相を呈してきていますね。

【場所】文京区本郷4丁目あたりです。

コメント(37)

実は僕も一昨日くらいからバックアップ作業を開始して、いざこれからクリーンインストールというところです。
この作業は大容量化すればするだけ時間掛かりますね(泪)

しかし、菊坂同様に谷中界隈も(いや日本中どこでもか?)ブログ前夜と現在ではほんの数年の話なのに、様変わりしたところがメチャ多いように思います。

ただ、チューリップは昔は子供の花という印象でしたが、最近はいろんな品種が開発・輸入されて、渋い味わいを演出するのにも一役買ってくれてるような気がします。
個人的には小学校の花壇で咲いてるような昔のチューリップも好きなんですが。。

masaさん、こんばんは、
インストールは無事完了しましたでしょうか?ところで、この菊坂の家、花のいろどりも良いですが、ちょっと太めのタイヤをはいたミドリの自転車も良いですね。軽量なスポーツ車でなくフレームがしっかりした実用車のように見えますが、この風景にあっているような・・・。このごろ、こういうしっとりした風景を見るとほっとします。

何時も猫がうろうろしている場所ですね。長屋もだいぶ減ってしまってだんだんと菊坂らしくなくなってきています。

>m-louisさん
こんばんわ。ま、僕の場合は、実は、力技勝負(^^;が多いので、余計に時間と手間がかかっているのだと思います。でもまあ、引っ越し先Macの気分が良いのが救いになってます。
ほんとに拙ブログに掲載している建物のなかにさえ、かなり消えているものがありますから…。最近の様変わりは一気呵成…って感じで、ほんとにもの凄いものがありますよね。
チューリップって、気がつくと、ほんとに種類が増えていますね。しかし、路地園芸で、こんなに大量のチューリップが並んでいるのは、他所では目にしたことがありません(^^;

>じんた堂さん
こんばんわ。引っ越しはまだ続いています。なんせ、旧マック->外付けHDへのデータ移動に、異常に時間がかかっています。USB1ですから(^^;
ところで、仰いますように、停めてあったのはお仕事自転車でした。最近は数が減っていますが、こうして見ると頑丈そうなブレーキレバーやリンケージなどなど…なかなか味がありますよね。しかし、こんな雰囲気も、ほんとうに限定された範囲だけ…になりつつあります。

>tadanzakaさん
こんばんわ。このときも、猫が居ましたよ。そいつのお尻が写ったカットもあります(^^; しかし、この右手の路地は…もう路地じゃなくなりましたね。菊坂も、もうちょいで終わり…という感じがして、残念でなりません。

>masaさん >じんた堂 >tadanzakaさん >みなさま
こんにちは、おお「菊坂」特に雑歩庵界隈の方たちは会長初め、花好きの方が多く季節に関係なく路地にゴザなど敷いて、楽しい一時とお花とお話を楽しんでいらっしゃり、アアいい雰囲気だなあ〜といつも思っています。自分たちが中に入れてもらえる頃まで続けていて欲しいなと・・・。思っている与太郎です。そしたら、masaさんもご招待してっと。七輪の会もイイッスネ、魚は釣れたかな?。大活躍tadanzakaさんの姿が嬉しくまた、眩しいです。

本郷 菊坂の与太郎

きれいな花とたくさんの緑。
町中でこういう光景に出会うとほっとしますね。
窓をおおっているのはハゴロモジャスミンではありませんか?
もうじき白い小さな花がたくさん咲いて、あたりにバニラのような甘い香りを漂わせるのでしょう。

>菊坂の与太郎さん
そういえば、菊坂はときどき歩けど、雑歩庵さんには長いこと寄ってませんね〜。おそらく最初のハロウィーン以来かな(^^;ってかんじです。このチューリップ大作戦は、町会というよりも雑歩庵さんの発案なんでしょうか…。
しかし、仰るように、そろそろ、地元オフ会のようなものがあっても良いですね。

>アンヌさん
こんにちわ。路地の園芸って、ほんとうに良いものだな〜と、歳をとるつれて(^^;、より強く感じるようになりました。見事なお庭で咲き誇る花も良いですが、路地の花は、控えめで、実に愛らしいですね。ところで、窓を覆ってるツタのようなもの、ハゴロモジャスミンっていうんですか? なんとも花の名前を知らないのでいけませんが、白い小さな花を咲かせるアレでしょうか…。こちらのお宅はには、鉢植えの根が地面に通ったピラカンサの大木もあり、それは見事です。いまや貴重な菊坂の風景になっています。

ワァ〜、アンヌさんのコメント素敵です。
与太郎うっとりしてしまいましたmasaさん。
やっぱり「Kai-Wai 散策」いいブログです。

そうそう転送作業終わりましたか・・。
うちも時々、バックアップ転送速度が追いつかなくなり「データーの一部紛失可能性あり」などと表示されコピーでやらないと青ざめる事がしばしばあります。ミラー+与び

masaさん、こんにちは、すっかりご無沙汰してますが、いつも拝見しております。菊坂は懐かしい。
東京を離れてもうすぐ2年、そこに住んでいたことが夢のように思えるのですが、このような光景を見ますと、菊水湯に向かって坂を上っていった記憶が呼び覚まされます。きつい坂の感覚を体が覚えているみたいです。
では、また、よろしくお願いします。

>菊坂の与太郎さん
アンヌさんのお書きになる文って、素敵でしょう…。アンヌさんのサイトに掲載されているエッセイもぜひお読みになってください。素敵な絵・イラストも描いていらっしゃいますし…。ほんとに、拙ブログは、素晴らしいコメンテーターに恵まれています。もちろん、与さんもそのおひとりです与(^^;
既存マシンのデータバックアップは、やっと終わりに近づいてきました。どうしても外付けHDにコピーできないファイルはメール添付やサーバー経由などなど…結構大変でした。が、もうそろそろ、Macメインになりつつあります。

>MASAYUKIZさん
こんばんわ。ここでは…お久しぶりです。が、僕も東京・大坂・見聞録は巡回させていただいています。最近の2年間って、昔の2年間よりも、脳のなかを通過するデータの量が遥かに膨大ですから(^^; 記憶のおぼろさ…って感じのものが、より強まるのかもしれないな〜と思います。その感じは、なんとなく分る気がします。でも、2年前ですか…。その頃と比べると、菊坂もだいぶ変わりましたよ。でも、あの匂いのようなものは、まだかろうじて…という感じです。

masaさん、masaさんこそいい文章を書かれるので、誉めていただいて光栄です。
拙サイトも勧めてくださってありがとうございます。

この場をお借りして、本郷の与太郎さん、はじめまして。
うっとりなさったのは、きっとハゴロモジャスミンが咲いているところを想像なさったのでしょう。
想像力が豊かな証拠です。

葉の形が似ているのと、赤いところがつぼみのように見えるのでそう思ったのですが、ハゴロモジャスミンじゃなかったらどうしましょう。
masaさん、花が咲いたら教えてくださいね。

ごめんなさい。
「本郷の」と書いてしまいましたが、「菊坂の」与太郎さんでしたね。すみません。

>アンヌさん
こんにちわ。いえ、とんでもない。僕は、本当に文章が書けなくて、エントリーできない…ということがよくあるんです(^^; アンヌさんの文章には、本当に感心してしまいます。良いですよ〜。
え〜、で、植木職人の経験がありながら、僕は花の名前を知りません(^^; で、ちょっとチェッックしたところ、ハゴロモジャスミンで間違いないようですね。
ところで、与太郎さんですが、「本郷の」でも「菊坂の」でも、共に正解ですよ(^^; そのうち「文京の」から「東京の」におなりになります(^^;

masaさん、与太郎さん、アンヌさん、皆さん、こんばんは、
私も窓辺に茂っているのは、ジャスミンのように思います。神田淡路町の八百屋さんにも大きなジャスミンがあって、花の時季になると、その匂いが遠くからわかりました。だんだん大きくなって二階の屋根まで届くほどになりましたが、いまはどうなったのでしょうか?そういえば、そろそろ開花時期のような・・・ジャスミンを求めての町歩きもいいかも。もっとも、私の場合は花よりダンゴならぬ飲茶コースに行きそうです。

>じんた堂さん
こんばんわ。気をつけて歩いていますと、このジャスミン系のつる花って、けっこう目にしますよね。しかし、アンヌさん、じんた堂さんに言われるまで、こんなに大きくなるものだとは思っていませんでした。先日、大田区南部を歩きましたが、あのあたりでも、ところどころで目にしました。ジャスミンとは知らずに…ですが(^^;

>Apple masaさん こんばんは
>アンヌさん 「ピンポン」、Appleさんの言うとおりmasaに正解です。東京都・文京区・本郷・旧菊坂町産れの与太郎です。
井戸の中の蛙なので菊坂が一番しっくりです、でも歳を重ね「本郷地区」全体に徘徊地域が広がって来た小生です。
ちなみにmasaさんは。東京地域を通り越し千葉地域もかなり徘徊するようになり症状が悪化しているようですが・・・・。ホッ・ホッ・ホ・(^^;(^^;(^^; (ネッ! masaさん)
閑話休題、
ハゴロモジャスミンっていうんですか?花の名前に詳しいといいですね。天女に会ったようなここちが致します・・・ポッ!アンヌさん 今後ともヨロシクお願い致します。

>じんた堂さん ウ〜ンやっぱり結論は其の線になりますかね。
ジャスミンティーいいですね。ハーブティ−も好きです。トワイニング系ならクィンマリーもいいな、戦艦の名前みたいなプリンスオブウェルズだと
効き過ぎちゃってお腹壊しちゃいます与。じんた堂さんは本が似合いそうだから本を片手に、啜る方なんでしょうか。おおカップから湯気が。優雅〜。
朝日を背にじんた堂さんのお姿が見える気がします。・・与言者     本郷 菊坂の与太郎

>菊坂の与太郎さん
こんにちわ。昨夜、コメントに気づいていたのですが、画像をあれこれいじくって疲れてしまい、お返事が遅れました〜。
ほんとに、徘徊癖というのは、歳とともに症状が悪化しますね(^^; この先どうなるのだろう?と心配になります。ま、そのあげく行方不明…なんてこともよろしいか?(^^;なんて考える今日この頃です(^^;
ところで、今月29日の一箱古本市では、じんた堂さんが根津オヨヨ書林前に出店なさいます。そのあたりで合流できたら良いですね(^^)

masaさん、菊坂の与太郎さん、皆さん、今晩は、さきほど中国から帰ってきました「じんた堂」です。
 先々週も同じ挨拶をしましたが、じつは今週同じ場所にまた出張してきました。さてジャスミンティーではないのですが、中国で地元の人とある中華レストランに行ったら、テーブルの上にすでにお茶が出ていたました。それを飲もうとしたら”それは食事前にハシと食器を洗うものだよ”と言われました、こういう習慣もあるんですね!実際には清潔な店なので、あえて食器を洗う必要はないようで、ハシ洗いはセレモニーのような感じでした。

 ところで4月29日の「一箱古本市」を宣伝して頂きありがとうございます。ダンボール一箱の出店ですが、もし興味がありましたらご覧下さい。なお「じんた堂」の出店場所は根津のオヨヨ書林、ちょうど根津神社ツツジ祭りと重なりますので、そのついでに立ち寄って頂ければと思っています。

>じんた堂さん
お帰りなさい! このところ出張つづきでいらっしゃいますね。
しかし、ハシを洗う…なんてことは初めて聞きました。やはり所変われば…ですね〜。
ところで、29日は、当初予定が入りそうだったのですが、それが解けましたので、そこそこの時間、お邪魔させていただく積もりです。どうぞ宜しくお願いいたします。楽しみですね〜(^^)

masaさん、アンヌさん、じんた堂さん、
皆さん、今晩は、

■色温度
masaさん、いいんですよ。分かります分かります、与太郎も見てもらう各家庭のモニターの色温度によってかなり表現が歪曲されてしまうのが悩みで、作品にカラーバー信号やチャート・グレースケール等を同時に映し込み、見る前に各家庭のモニターを調整してくださるようにクレジットを入れたりしていました。
■徘徊おじさん/ハイサイおじさん
どこぞのピアニストの再来ですね、というと謎のプロカメラマンてとこでしょうか、オヤ、駄目です、キット面が割れていててマスコミの記事に載ったらもうおしまいですね。スグLGや他の方が保護して家に連れ戻されちゃいます与。
■昭和枯れススキ
昭和の傘(masaさんのサイン入り)長い事スミマセン。当日回収してもよろしいでしようか。
■森川町の話
昨日の歴史館友の会総会後の講演会で樺山先生がミュージアムの楽しみ方を、教えて下さいました。その中で東京都写真美術館例の恵比寿ガーデン近く。紹介に於いて木村伊兵衛氏を取り上げてくださりなんと森川町の写真を取り上げられた事はとても、嬉しい出来事でした。ちょっとトリミングされており本多邸の銀杏の木近くの大八車などは写って居ませんでしたが宮前交番や宮前青果店の話を出して下さいましたよ。
◆じんた堂さま、お帰りなさい最近西行なんですか。孫悟空の様な活発なご活躍で。スゲー。ところで何時ぐらいから開店されるんでしょうか。地誌目当てにぶらついてみたいです。 逢えるといいな。 箱に店名書いておいて下さいね。 本郷 菊坂の与太郎

>菊坂の与太郎さん
■色温度:これは、もう、どこかで割り切るしかありませんよね(^^;
■徘徊:面ワレはごく一部の方に対して…ですから、心配ありません(^^;
■昭和枯れススキ:はい、了解です。現在、僕んちの倉庫で安らかに眠っています。が、傘はともかく、アームがけっこう長いです(^^;
■森川町の話:以前に、NHKが木村伊兵衛さんの特集をやっていましたね。あれは、あの交番のあった位置を間違えていましたね(^^;

■色温度:masaにそのとおりですね。(^^;
■徘徊:面ワレはごく一部の方に対して…ですから、心配ありません(^^; そういえばそうかも・・・
■昭和枯れススキ:えっ!倉庫で傘眠っているんですって!!それもアーム付きで。ひゃ〜それは嬉しい、かなり昭和エレジー度が上がりました。では長いので後日、足元にひれ伏しに参ります。殿 ※管理人さんにもお礼が言いたいので・・勝って言ってスミマセン。 (^^; 与
■森川町の話:そうでしたか。多分途中からのエアチェックだったから録り損なったかな、もう一度見てみます。NHK木村伊兵衛さんの特集・・・(^^;  先日の伊兵衛風 masaさんの作品思い出しました。 ウットリ 

>菊坂の与太郎さん
んなわけで、できれば、29日、オヨヨ書林さん前で…ということで、宜しくお願いいたします!

降られそうになりましたが学士会館から今戻りました、どうやら建物ま近の工事は予定通り始まる物のなんとか交渉遺憾では
今の建物が残る希望も出て来ている模様です。
■「じんた堂」古書店
はーい、オヨヨ書林さん近く「じんた堂」古書店ですねよろしくお願いします。  幸せ者 根津の与太郎に明日はなります。

>菊坂の与太郎さん
おお〜やっとお会いできそうですね! 明日はお天気も良さそうですし、スコッチエッグさんも夕方に登場なさる気配。じんた堂さんのところは、なんとなく賑わいが予想されますね。楽しみにしています。

>masaさんみなさん今晩は、
そのようですね。お天気もよさそうでなによりです。みなさん午後に移動をかけるのかな?
 お会いできるのを楽しみにしております。どうぞヨロシクお願い致します。 菊坂の与太郎
PS.昭和枯れススキの枝つき傘は、後日殿のもとにはせ参じます。 忍

>菊坂の与太郎さん
はい、僕の場合は、午前中はちょっと無理です(^^; 午後、できるだけ早い時間に…と思っていますが、2〜3時頃になってしまいそうです。与さんのご都合が悪ければ、コメントをお願いいたします。極力それに合わせます!

>masaさん 
ハイ、午後2〜3時の間ですね、喜んで御伺いさせて戴きます。
 (*'-^)-☆。ワ〜イ 本郷 菊坂の与太郎

>菊坂の与太郎さん
了解いたしました! よもや午後2〜3時には遅れないと思います(^^;(^^;

>masaさん >じんた堂さん>みなさま 今晩は、
本日は、素敵なアイボールありがとうございました。
思っていた通り素敵な方達だったのでますますファンになってしまいました。
次回の一箱古書店開催に合わせ、Kai-Wai 散策の関係者を含めたオフ会がもてると愉しいでしょうね。
やっと御逢い出来た幸せ者今晩は、興奮で寝不(根津)の与太郎になりそうです。
今後とも、ヨロシク。帰りの散策も楽しかったです、ありがとうございます。

そうそう、じんた堂さま、例の本に沖積世から縄文期までの氷河融水、そのさらに遥か遥か三浦層郡の堆積時代の浦和辺りまで海だった説、
文京のあゆみと同じ昔の説が載っていましたよ。 TNX”  菊坂の与太郎

>菊坂の与太郎さん
こんばんわ。今日は、初めてお目にかかれ、とても嬉しく、また楽しい時間を過ごすことができました。どうもありがとうございました。やはり、こうして、画面のずっと向こうで、キーを叩いていらしゃる方のお顔を思い浮かべることができると、感覚が違ってきますね。
次回の一箱古本市では、おっしゃいますように、じんた堂さんのお店を囲む輪を、いまひとる広げさせていただくのも良いな〜と思いました。しかし、本日は、本当にありがとうございました。

masaさん、菊坂の与太郎さん、昨日はありがとうございました。
お二人に来ていただき楽しい時を過ごすことができました。今回の本は、自分自身が読むつもりで持っていたものですが、いずれも、私よりはるかに細かく町を歩かれ、さまざまな活動をされている方々のもとへ行くことができ、良かったと思っています。これからもよろしくお願いします。

>じんた堂さん
こんばんわ。こちらこそ、昨日はありがとうございました。とても楽しい時間になりました。なんだか、貴重な良書をあんなに譲っていただき、かつオマケまで付けていただき、申し訳ない気分です(^^; なんだか、むしり取るとはあのこと…という感じですね(^^; とにかく譲っていただいた本は大切にし役立たせていただきます。次回古本市でもどうぞよろしくお願いいたします。



ninepeace.jpg


che.jpg


月別アーカイブ(Archives)



写 真 集





おことわり

エントリー、コメント、トラックバックにつきましては、管理者の判断により削除させていただく場合があります。予めご了承ください。
Powered by Movable Type 4.22-ja





copyright © 2004-2020 masa