川縁の小屋

| コメント(10)

タイトルからすると、ここから川が見える…という感じですね。が、しかし、そうではなく、この小屋の背後にたつ家の向こう側に、現在の海老取川の堤防がある…という位置関係です。ということは、現在の堤防ができる前は、ここはまさに川縁と言える場所だったのだろうと思います。
このあたりも、もう相当に、家の立て替えが進んでいます。中間的な古さの家は少なく、新築か古家か…の二極化が、ここでも進んでいるようです。ま、当然のように、古屋のほうが少数ですが…。
ところで、そういった古さを感じさせる建物のなかに、けっこう小屋が多いのが気になりました。「羽田は漁師町だった」ということを耳にして以来、それらを目にすると、当時ちらほらと建っていたという家には、漁の道具などをしまっておくための小屋が付きものだったのでは…と想像を膨らませてしまいます。
この小屋は、ちょっと奥まったところに、ひっそりとたっていました。周囲は草ボウボウでしたが、人が踏み分けてできた道が小屋までつづいているところを見ると、まだ使われているようです。年数が経っていそうな割には、波形ボードもトタンも、状態がそう悪くもありません。こういった小屋は、とかく、グリーンやブルーに塗られ、そこにサビが加わり…という例が多いのですが、こいつは色が地味で、なかなか渋くせまっています。そして、簡素で、すっきりとしてバランスも良く、惹かれるものがありました。

【場所】大田区羽田5丁目あたりです。

コメント(10)

masa-san、ごぶさたしております。
ちょっと今、興奮気味にコメントを書いています!
というのも、半月ぶりくらいにこちらにお邪魔しましたら、うちの近所の写真が目白押しじゃないですか!

カーク-sanに続いて、とうとうmasa-sanまでもおいらのフィールドに足を踏み入れたのですね(笑)
はい、なにを隠そうおいらは生まれも育ちも大田区北糀谷、そして現在は羽田に暮らしているのでした。
それにしてもさすがです。ピンポイントで数々の聖域を見つけられてますね!
いやぁ、困ったなぁ、どこからコメントしてよいやら。
というわけで、ここにまとめてコメントさせて頂きますが(^^;)

まずこのエントリー物件。
おいらは小屋のそばにある3ヶ所に目をつけました。
スケルトン#2
Summicron sneaks into 羽田#7
ツッパリ Magazine Rock’n Roll (怠慢編)

つづいて「パッチワークの壁」これも見つかっちゃったなぁ(笑)
側面コンポジション#5
トタンのブルース

羽田の路地は、何度訪れても興味が尽きません。
「路地ノムコウ」というテーマで収集したものがあるので、そちらも。
路地ノムコウ - a photoset on Flickr
この中の#1〜#20は、羽田の路地迷宮となっております。

と、自分の写真紹介はこのへんにしておいて。
カーク-sanのところでもコメントしてますが、「LARK飛行船団」こちらのタバコ屋には小学校の同級生が、「ヤレオウ」こちらのおばさんは、うちのおばあちゃんと茶飲み友達ということで、よく存じ上げております。
それからそれから、あーあそこにはおいらの出身幼稚園が!
もうどれもこれも、サムネールを見ただけで一瞬にしてわかってしまいます(^^;)

masa-sanとは、いずれ同行させて頂きたいと思っていましたが、これはもうバッタリお会いしてしまう日は目前ですね(笑)
ということで、再来訪お待ちしております。

長々と失礼いたしました。

masaさん,お久し振りです。
なんだか忙しくて,weblogの更新もサボりがちです^^;
今日は久々に,コメントしてみたい写真がエントリされていたので,思わずコメントです。

“アンクルトムがドアの向こうから出て来そう”な感じの小屋だなぁ,と。
なんか,トム・ソーヤの秘密基地みたいだなぁと。

思った次第でありますっ!^^ゝ

>McCOCKさん
こんばんわ。コメントをありがとうございます。これは強力な方が登場なさったものです(^^; 心強いです!
このあたり、他の方へのお返事にも書いていますが、川あり堀あり海ありですし、地形がこぢんまりとして把握しやすいところが、非常に面白さを高めていますね。それにしても、この辺りの路地は、もうほんとうに濃密ですね〜。通ってよいのかいけないのか…の判断がつきかねる路地ばかりという感じがします。
しばらくは、通うことになりそうですから、そのうちバッタリの可能性が大になってきましたね〜。その節には、どうぞお手柔らかにお願いいたします(^^;

>hikkoさん
うわ〜こんばんわ〜、お久しぶりですね〜。hikkoさんのブログはもう専門的になってきましたから、時々、生存確認にお邪魔していました(^^;(^^;
ところで、おっしゃる感覚、わかります。そんな感じがありますね。羽田のトム・ソーヤは、裏手の海老取川に浮かべたイカダで遊ぶんですよ(^^;きっと(^^;
それはそうと、時には遊びにいらしてくださいね〜!

McCOCKさん ごぶさたしておりますなんてmasaさんのブログでご挨拶させていただいております。

そうなんですよね、いつの間にか北方面に行っておられるかと思いきや、突然、南下されておられて僕もビックリでしたよ〜。足が速いです。

今年はまだ蒲田周辺に行っていませんが、横浜でもときおり青戸をとっていますよ〜。

こうなったらmasaさんと3人で「蒲田青戸同盟」でも結成しちゃいましょうか。

>カークさん
こんにちわ。なんだか、アナログでもデジタルでも、世間は狭いですね(^^; いよいよ、アナログでも、このあたりでバッタリがありそうですね〜。
ところで、県境はなかなか越えられませんが、そのうち横浜の青戸というところ、ぜひ歩いてみたいですね〜。僕の場合、アオトと聞くと、葛飾しか思い浮かばない状態ですので(^^;

ちわっ〜!ちょいとお久ぶりです。
やわらかな新緑に小さな小屋。よいですね〜 美しいですね〜。しかもあのシャベルがたまりません!ポイント高いです。この小屋からmasaジィが手ぬぐいのほっかむりで出てきてくれたらなお嬉しいですねぇ〜。(^^;

masaさん、ご無沙汰いたしております。2+です。いや〜〜、私もこの辺り比較的近いもので時々散歩しますからmasaさんの写真、毎日楽しみなのです!カークさんにも、McCOCKさんにも楽しませていただきました。私の家は羽田から多摩川を上って5km位の所。自宅辺りの町工場はたいていマンションになってしまいましたね。ところで、路地でばったりお目にかかったら銭湯でもご一緒しましょう。お背中流します(^_^.)

>yukiりんsan
おかえんなさい!いや〜LGさんブログにもなかなかコメントできず、申し訳ないです。この小屋、渋めで、出すとこに出したら(って何処に?(^^;)、なかなかのものですよね。はいはい、yukiりんsanとミクちゃんのためなら、ほっかむりでもふんどし(^^;でも…なんでもいたします与(^^;

>2+さん
こんばんわ。こちらこそ、ご無沙汰ばかりで申し訳ありません。そういえば、2+さんは、このあたりカークさんとバッタリだったんですよね? 割と狭い範囲ですから、もしや?という感じもします。その節には、どうぞ宜しくお願いいたします。ところで、3丁目のお風呂屋さんだったと思いますが、薪の整頓具合が素晴らしく、そちらもそのうちアップするつもりです。



ninepeace.jpg




月別アーカイブ(Archives)



写 真 集


おすすめ




おことわり

エントリー、コメント、トラックバックにつきましては、管理者の判断により削除させていただく場合があります。予めご了承ください。
Powered by Movable Type 4.22-ja





copyright © 2004-2017 masa