大阪ダイブマップ

| コメント(18)

長らく更新できませんでしたが、実は、11日から14日にかけて大阪を歩いてきました。もうかなり以前から、wakkykenさんm-louisさんと「大阪ダイブをやりましょう!」と話していたのですが、なかなかその機会を持つことができずにいました。が、今回、ちょっとしたキッカケもあり、やっとそれを実現することができました。
というわけで、まずは、大阪を歩いたコースを紹介させていただきます。この地図は、カシミール3Dで表示させた地図上に、GPS受信機が記録したトラックを取り込んだものです。3日間のすべてのコースを取り込んでいます。ただし、電車での移動時は、GPS受信機と衛星との交信ができませんので、それは表示されていません。

そして、この全体図では、コースの詳細が把握できませんので、歩いた日ごとの地図も用意しました。
12日と14日に歩いたコースを取り込んだ地図はこちら(528KB)です。赤い線は、12日に、wakkykenさんと供に歩いたコースです。大阪唯一の台地である上町台地の稜線を中心に、凸凹と町のなりたちを模索妄想しながらの散策です。
そして、青い線が14日に単独で歩いたコースです。こちらは、大阪のディープエリアで、溺れそうになりながらも、どうやら生還した…という感じです。
13日に歩いたコースを取り込んだ地図はこちら(136KB)こちら(272KB)です。前者は、東京の佃島を開拓した人たちの出身地、西淀川区の佃です。ここでのダイブについては既にwakkykenさんが記事をアップなさっていますが、「行ってみて良かった」と心から思える感動の散策になりました。そして後者は、m-louisさんも参加してくださった、低湿地ダイブのコースです。このコース、もう、撮影したい風景が目白押しで困るほどでした(^^;

とりあえず、実に大雑把ですが、地図でのコース報告です。拙ブログは、体系だてたエントリーを不得手にしていますので、単発状態にはなりますが、次回からしばらくは、大阪ダイブで撮った写真をアップさせていただくつもりです。

コメント(18)

いやいや、ダイブ長い大阪出張でしたね。お疲れさまです。
凸凹、てことは大阪の"5mMesh"も手に入れたと云うことですね。

>iGaさん
いや〜今回は、足にマメを作りながらの行進をしてきました。wakkykenさんと「iGaさんもいらしたらな〜」などと噂をしながら…です。ところで、5mメッシュですが、入手しようかな?とは思ったのですが、はまだ入手しておりません(^^;

masaさん、こんにちは。大阪ダイブ、大変有意義な経験になりました。ありがとうございました。masaさんがつくられた地図を拝見していると、はやくカシミールを使えるようにならないとと思います。空堀の盆地状に感じられた凹が、見えてきますかね。楽しみだな〜。ぜひ、また大阪、そして関西にお越しください。「次回からしばらくは、大阪ダイブで撮った写真をアップさせていただくつもりです。」とのこと、もうめちゃくちゃ楽しみにしていますからね!!もし、「グレーの塊」が炸裂しても、どうか大目にみてください。ところで、足のマメ、大丈夫ですか?

>wakkykenさん
こんにちわ。ほんとにほんとに…長時間にわたりお付き合いいただいただけでなく、意味のあるコースを練ってくださいまして、ありがとうございました。初めての大阪、ひとりでは、とてもあのようにカバーすることなどおぼつきません。今日は足を休ませながら、どのあたりからアップしようかな?と、考えているところです。なんせアップしたい写真が多すぎます(^^; 足のマメはもうすでにダイブ良くなりました(^^; 明日に普通に歩けると思います。
それから、iGaさんのコメントにもありますが、5mメッシュの数値地図、やはり入手せねば…ですね(^^;

楽しみにしております。

masaさん、お帰りなさ〜い。大阪は縁のある土地なのですが、歩きたいところがたくさんあります。ダイブのエントリー、とてもたのしみにしています。

>Tajiriさん
こんばんわ。神戸や大阪をよくご存知の方の目…緊張します(^^;

>braryさん
こんばんわ〜。やっと大阪を歩いてきました。いやもう、撮りたい風景だらけでした。「昔」や「ひと頃」が、東京よりもずっと町なかに生きている…という印象を持ちました。

あっ、masaさん!!カテゴリーに、「32 関 西 (2)」を加えていただき、(T-T)です。ありがとうございます。(やった〜!!)

>wakkykenさん
あ、はい、もちろんです! 「大阪」にしようか?と思っていたのですが、やや範囲を広げました。

masaさん、おつかれさまです。
しかし、台地編マップは歩かれた距離も聞いていたわけですが、視覚的に見させてもらって、また呆れさせてもらいました(笑)
このマップ見たら、どう考えても靴はライブ用ではなく、山登り一歩手前のスニーカーですよね。
新カテゴリに大阪以外が入る日が来るのも楽しみにしてます。
wakkykenさん案内での滋賀も超魅力的そうです。

>m-louisさん
こんばんわ。大阪では大変お世話になりました。お陰さまで、すんごく楽しいダイブになりました。東京でお会いするm-louisさんと、大阪でお会いするm-louisさんとでは、なんとなく別人のようにも感じられるのが面白く思いました。それにしても、上町台地ダイブではよく歩きました(^^; GPS受信機の記録で17kmですから、実際には、20kmちかく歩いているのでは?と思います。いや〜今回は、予想はしていたのですが、靴の選択を間違えました。
しかし、大阪ダイブが楽しかっただけに、本気で、京都や奈良、滋賀あたりもダイブしてみたくなりますね。いずれまたお付き合いお願いいたします!

GoogleMapで大阪市街の地図を見ると、南北の道が「筋」で東西の道が「通り」と、座標軸で使い分けしていて、同じXY座標でも道の呼び方が京都とは異なって面白いですね。凸凹地図を見ると南北軸に稜線を持つ地形から「筋」と云われるようになったのではと想像できますが、本当はどうなんでしょうね。江戸東京の場合は同心円の極座標ですから、まったく異なる概念で都市が造られているのが興味深いですね。それに谷町も谷というよりも稜線の西側の斜面みたいですね。
ところで谷町といえば、いわゆる相撲で云う贔屓筋の「タニマチ」はこれより南の寺の多い8丁目9丁目辺りなんでしょうか。これは谷八、谷九て言うのかな。

iGaさん、こんちには。タニマチについてですが、明治時代、谷町の歯科医が相撲ファンで、診察してもらいに来た関取から治療費を受けとらなかったことからきていると聞いていますが、なんだか諸説あるようで、実際のことなのかも、よくわからないような感じです。で、谷八、谷九ですが、住所表記からは谷町なんでしょうが、本来の谷町は谷町6丁目のあたりだと思いますよ、たぶん。光代さんの地元ですね。

wakkykenさん、どうもです。
成程、タニマチは医者だったのですか、谷八、谷九にお寺が多いし、昔は相撲部屋の巡業先宿舎によくお寺が利用されていたので、タニマチは坊主かと思いました。

iGaさん、お医者さんというのは、あくまでひとつの説として流布しているというだけです。本当のところは、よくわかっていないようです。でも、たしかに相撲部屋の巡業先宿舎によくお寺が利用されていたのは確かですね。現在は、どういうところなんでしょうね?

>iGaさん
こんばんわ。お返事が超遅れて申し訳ありませんでした。三社に行ってたものですから…(^^;
そうなんです…僕も、大阪の地図を見たときに、道路名を、筋と通りで区別しているのに興味を持ちました。そしてiGaさんご指摘のように、大阪城も江戸城も、元々はサッに位置し、その後、海側が埋め立てられた…という同じような経過をたどっているにも関わらず、大阪の道は方形状、東京の道は同心円状、となったことに大いに興味を感じます。ところで…次回、ご一緒したいです(^^;

>iGaさん、wakkykenさん
どうも、このところ管理人不在にしていまして、申し訳ありませんm(__)m
ところで、僕も、タニマチについては、wakkykenさんと同じ説を、どこかで目にした記憶があります。が、僕は、ずっと、タニマチとは、お殿様や大商人が起源か?と思っていました。
ところで、大相撲の巡業先ですが、いまでも相撲部屋が宿泊先として借りるのは、お寺が中心だそうです。



ninepeace.jpg




月別アーカイブ(Archives)



写 真 集


おすすめ




おことわり

エントリー、コメント、トラックバックにつきましては、管理者の判断により削除させていただく場合があります。予めご了承ください。
Powered by Movable Type 4.22-ja





copyright © 2004-2017 masa