オックスフォード便り(6)

| コメント(20)

またも時間が空いてしまいましたが、元気にやっています。ひとりで居ると、なかなか雑用も多く、一日中歩きまわってばかり…というわけにもいきませんが、その後、やはり運河が気になり、その周辺を歩いたりしています。
が、今日の写真は、ご覧になったとたんにお分かりいただけるかと思いますが、ロンドンにある、バターシー発電所(Battersea Power Station)の写真です。
この発電所の煙突はもう取り壊された…と聞いていたのですが、先日、パリ行きの列車に乗っていたときに、車窓から、この有名な4本煙突が見えたのです。もう存在しないもの…と思い込んでいただけに、目に飛び込んできたときには「おお〜っ」とかなり興奮しましたね〜。で、「パリから戻ったら、是非ともコイツを写真に収めておかねば!」と思った次第です。

というわけで、26日に現地へ行ってきました。ロンドンのビクトリア駅から10分ほど歩くと、テムズ川沿いに出ます。そこから対岸にそそり立つ4本煙突を見ることができます。ま、言わば、単なる閉鎖された工場ではあるのですが、この4本煙突を目の前にしたときは、なんだか感無量でした。聖地巡礼(^^;という感じですね。
ネットでちょっと調べてみると、1930年頃から建設計画が始まり、1939年頃までにバターシーA(写真では手前の2本)が完成、1955年頃までにバターシーB(写真では奥の2本)が完成…とあります。したがって、バターシー発電所は、実際には、2つの発電施設で構成されていることになります。また、これはヨーロッパ最大の煉瓦建築である…という記述もありました。ご興味がおありの方はこちらのサイトをご覧になってみてください。
どうやら、再開発はかなり問題になっているようです。が、現地では、写真からもお分かりいただけるか?と思いますが、手前右の煙突に足場がかかっています。これはどう考えても取り壊しの準備なんでしょうね。この4本煙突の運命はまだ分かりませんが、やはり再開発の名のもとに消えてしまうのでしょうか…残念ながら。
しかし、テムズの対岸から4本煙突を撮っているときに、通りかかった高齢の英国人男の口から「あれはとんでもないクズ(mess)だよ」という言葉が発せられ、ちょっとびっくりしましたが、やはりいろんな感じ方や考え方がありますね。いったいいつまでこの姿を眺めることができるのでしょう…。もしや、保存を求める署名活動なども行われていますから、土壇場で、公園に衣替えをして保存される…なんてことがあるのでしょうか…。少なくとも、そう願いたくなる、圧倒的な存在感でした。

【場所】Battersea, Greater London あたりです。

コメント(20)

あれぇ〜今日はピンクの豚が飛んでませんね。(^_^;)
これはもう低湿地帯の臭いがしてきます。
再開発業者の"Treasury Holdings"(分かり易い名前、、、)はアイルランドの多国籍企業みたいですね。同社のサイトにある計画では煙突と発電所の外観(外壁)は残されるようです。akiさんがBattersea Power Stationをエントリーした時(051015)は詳細な図面がアップされたサイトがありましたが、今は閉鎖され"Treasury Holdings"へのリンクが残されているだけになってます。

masaさん、聖地巡礼とお書きになっていること、よ〜〜くわかります!!感動しますよね。実際に見たことはありませんが、対岸から撮影した写真、どこかで見ましたがとても迫力がありました。本当に、宗教施設かも・・・という雰囲気が漂っています。

masaに聖地巡礼、ですね。

これが稼働していた時代を考えると、公害のシンボルのようにも思えますね。
「建築マップ」の記事が2006年6月で比較的新しいです。
http://all-a.net/a_map/uk_london/battersea/battersea.html

AKiさん紹介の「建築マップ」の記事で伊東豊雄のサーペンタイン ギャラリー パビリオンが敷地内に移築されている写真がありましたが、こちらのサイトにある3Dレンダリングにはそのパビリオンが含められていました。
http://www.ecoblog.it/post/2866/the-power-station
最初は伊東豊雄のパクリかと思いましたが、ホンモノですね。

おおおー! 稼動が止まって排煙がないと、穏やかな感じがいたします。なのでピンクの豚が飛来することは無いかもしれません。それでも存在感は凄いありますね。

>iGaさん
なんのなんの…左煙突のあたりに白豚が浮かんでいますよ!(^^;
ところで、アイルランド資本への言及があちこちに見られますが、その資本が「公園付き複合施設の一部として残す」ということで買い取ったものの、その後、その趣旨を翻し、香港の資本と取引した…ということのようですね。なんだかよくわからないことになっているようで…。ま、いいや…って感じですが(^^;
後記:どうも香港資本からアイルランド資本へ…のようです。同行している方がいまいったん香港に戻っていらっしゃるで、イギリスにいらしたら、しっかり確認しておきます。

>wakkykenさん
あ、そうですね! 宗教施設って匂いがありますね! 現物を目のまえにすると、とにかく圧倒されます。かなり接近したのですが、敷地内には入れませんでした。

>fuRuさん
ピンクフォロイドのジャケットで目にしてからン十年ですからね(^^;

>AKiさん
この4本の煙突がモクモクと煙を噴き上げている図を見てみたかった…と思いましたが、確かに、公害の象徴とも言える図ですね。関連URLまでありがとうございました。

>iGaさん
う〜ん、バターシー発電所 -> サーペンタイン ギャラリー パビリオン -> 伊東豊雄 -> トッズビル -> 谷中墓地(^^;

>M.Niijimaさん
ほんとに、コイツ、とんでもない存在感でしたよ。昔の工場って、大小を問わず、とかく川沿いにたってますから、それが格好のウォーターフロント計画のターゲットになってしまうようですね。

初めまして。Akiさんのコメントでご紹介いただいた建築マップ、バターシー発電所ページの作成者、tksです。再開発計画は順調に進んでいるものと思っていたら、中断しているようですね。訂正しなければ…

masaさんの写真にある煙突の足場は、私が2004年9月に訪れたときと同じ状態のように見えます。建築マップのページの写真【03】の左の煙突と同一でしょう。
http://all-a.net/a_map/uk_london/battersea/battersea.html

バターシー発電所は文化財保護機関のENGLISH HERITAGEから文化財の指定を受けているので、民間企業の一存では解体は(たぶん)できないと思います。まだウェブサイトに載っているので指定解除にはなっていないと考えてよさそうです。評価はあまり高くありませんが。
http://www.english-heritage.org.uk/server/show/ConBar.3699

>tksさん
こちらこそ初めまして。よろしくお願いいたします。確かに、tksさんがお撮りになった写真と全く同じ状態のようですね。
本文中でリンクを張っているサイトの記事のなかに、「1989年に屋根の西側の壁が撤去される」とあり、その後は何のアクションもなく放置されているようですから、もしや、足場はその頃からのものでしょうか…。僕の場合は、建築的興味で見ているわけではありませんでしたので、お役に立たず申し訳ありません。

私は30日に帰国しました。
やはりこの旧発電所は印象に強く残りますねぇ。煙突の配置やその基部のデザインがとても印象強く残りますねぇ。ロンドン在住の方のお話しでは随分紆余曲折があったようですが、なんでもショッピング・モールの話が進んでいるんじゃないかというお話でした。
発電所繋がりですが、テームズ河には水力発電所があったらしいですねぇ、随分昔の話のようですが。

僕も2000年にロンドンの出かけたときに、LondonEyeの中からでしたが、この発電所を見たときに感激しました。やっぱりPink Floyd / Animalsの発電所ですからね。

できれば、同じ火力発電所でも現代美術館として残ったTATE Modernのように外観を残したまま開発してもらいたいものです。

ここがそのまま大きなショッピングモールになって、その中にAppleStoreが入ったりすることを想像するとワクワクするのは、僕は立派なオタクなのでしょう ;-)

>nsw2072さん
僕も、昨日(3日)帰国しました。なんとテームズ河に水力発電所が在った…というお話ですが、運河や古い製粉工場跡を見たことから、さもありなん…という気もいたします。これも、今回、英国の水辺を見る機会を得た効果か?と思います。製粉工場跡の写真は、今後エントリーするつもりでいます。

>Shigeo Hondaさん
コメントをありがとうございます。僕は、残念ながらLondonEyeには乗れませんでした。が、とにかく、この発電所のまわりをしつこく歩いてきました(^^; 実は、フェンス越しに中の様子も撮ってきました(^^;
いっそ、この工場をアップルが買収して、アップルの製造工場にでもしてくれると一層よろしいですね(^^; で、ジョブスは飛行船(ピンクのブタかシルバーのリンゴ)で通勤する…ということで(^^; いかがでしょう?

masaさん・・・ご無沙汰しています、オックスフォード便りいいですね!なかなかコメントできなくてほんとうにご無沙汰しちゃってます。この発電所の写真、アングルまであの「アニマルズ:ピンクフロイド」に近いです。だいぶ前のアルバムですがしっかり保存していますよ、もうレコード針がもったいなくて、直接レコードを聴くことがなくなってしまいましたが。学生時代にバイトで貯めたお金でかったことを思い出しました。もう、30年近く昔ですね。

>kazuさん
こんばんわ〜。お忙しいのに、コメントをありがとうございます。僕は、もう、ターンテーブルが壊れて久しいので、自宅では、レコードの音を久しく聴いていません(泪)。近々に…ですね!



ninepeace.jpg




月別アーカイブ(Archives)



写 真 集





おことわり

エントリー、コメント、トラックバックにつきましては、管理者の判断により削除させていただく場合があります。予めご了承ください。
Powered by Movable Type 4.22-ja





copyright © 2004-2019 masa