オックスフォード便り (19)

| コメント(12)

このところ、かなりな量のデジタル現像を行ったり、大阪で急な仕事があったりといったことから、カメラを抱えて東京を歩く時間もあまりとれず…更新が途絶えていました。
そんなわけで、今日は、オックスフォードで撮った写真をアップします。2枚ともに、オックスフォードの中心街 (シティセンター) で撮ったものです。
左の写真は、ちょっと路地めいた入り口を抜けた奥にあるオープンカフェで撮ったものです。まだ明るく見えますが、もう5時をまわっていました。ということは、この青年は、肉体労働系の仕事を終え、軽い食事がてら一杯やって…というところこなのでしょう。おそらく…。が、席についてから、ずっと、なにやら熱心に雑誌を読みふけっていました。それも軟らかい雑誌ではないようです。その様子を見ていると、どうも訳あって肉体労働をしている…という雰囲気です。
右の写真は、僕が信号待ちをしているときに通りかかったバスの乗客を撮ったものです。すっきりとした顔立ちで、ファッションも実にオーソドックス。育ち良さを感じさせる女性でした。なにか訳でもあるのか…じっと遠くを見据えたような視線が淋しげで、強く印象に残りました。
ところで、もともとは、この2枚を組み合わせる積もりはありませんでした。が、あれこれと写真を見ているうちに、なんとなく、この2枚を組み合わせることによるストーリーが思い浮かび、こうして並べてエントリーすることにしました。ま、よくありがちなストーリーなんですけどね(^^; 僕の場合は…。
逆に、ご覧くださった方が、どんなストーリーを思い浮かべられるのか? 興味あるところです。

【場所】City Centre, Oxford あたりです。

コメント(12)

左のカットから、右のカットへオーバラップしてゆく、映画のオープニングでしょうか。
わたくしの想像も凡庸ですね。
この二人は過去になんらかの結びつきがあり、今は別々の人生を歩んでいるが、近未来に再会する、といった…

どちらの写真も、とても素敵です。

>M.Niijimaさん
早速コメントをくださいまして、ありがとうございます。
ストーリーですが、僕も、やはり同様のことを思い浮かべました。境遇の違いから、離れ離れになり、いま、偶然にも同じ街に住みながら…二人はそれを知らない…という感じですね(^^;

もしかしてとんでもないところにコメントしてしまったのかも・・・???
ブリジット・フォッシーみたいな女性だな・・・と思い・・・元尼僧などという発想!
ちょっと「エデンの東」のキャルのような彼!
彼の為に世俗に戻った彼女・・・な〜んてね?
失礼いたしましたッ!

>chatnoirさん
お暑うございます…。し、しかし、暑さのせいとは思えない(^^;トビ発想ですね〜。元尼僧だなんて思いもよりませんでした。僕は、どうしても、身分or階級の違い…というところから離れられませんでした。トビトビ大歓迎です!

二人の写真もさることながら文中の「かなりな量のデジタル現像を行ったり、大阪で急な仕事があったりといった・・・」がとても、気になっています。待ちに待った写真集出るのでしょうか。?
出るようなら情報お願いします。それと、先行予約よろしくね。 与

>菊坂の与太郎 さん
あ、まだそういった段階ではありません(^^; こまごまとした仕事でも、重なると、とんでもない量の現像をすることになりますので(^^; が、写真集…という線も、まだそれほど具体的ではありませんが、動きはじめました与。

ヤッター! 楽しみにしております。与

>菊坂の与太郎さん
価格をきわめて高額に設定いたしますので、どうぞ宜しくお願いいたしますm(__)m って、ウソです(^^;

お盆があけたので皆さんお帰りになったのかな賑やかになってきてうれしいわ、ウワッ!と言えば、前のコメント『8月のエイプリルフールおじさんだ。』
どこぞの銀行かATMカをード持って襲わないといけませんかね。ヒェ〜masaさまお許しを m(__)m m(__)m m(__)m  与

>菊坂の与太郎さん
発行部数が超少なくて、「謹呈」と書いたら販売する分が無かった(^^;なんてことになりそうです与(^^;

>masaさんそれは、ヤバイです。(^^;
いつものパターンになっちまいますから、これまでのmasaさんの活動費分+これからの活動費分も入れて、定価を設定してくださいませ。増刷も考えてね。・・・お願い与呂四苦 妄想族与り

>菊坂の与太郎さん
はい、ご理解感謝です。では、価格は1部50万円といたします(^^;(^^;(^^;



ninepeace.jpg




月別アーカイブ(Archives)



写 真 集





おことわり

エントリー、コメント、トラックバックにつきましては、管理者の判断により削除させていただく場合があります。予めご了承ください。
Powered by Movable Type 4.22-ja





copyright © 2004-2019 masa