ひまわり

| コメント(10)

この写真に写っているのは、ビニールがかかっていないビニールハウスです。言わばフレームハウスか?(^^;というところですが、新潟の玉井邸から、こちらこちらで紹介した水田地帯につづく道沿いにあります。ビニールがかかっていないわりには、なかにちゃんと野菜などが植えられていて、なんともよく分からないハウスですが、適度なヤレ具合がなかなかよろしく、いつも気になる存在です。
今回、新潟に到着した日は、あいにく天候が優れず、雨が降ったり止んだりでした。空はどんよりとした雲に覆われ、低地であることも手伝ってか...きわめて湿度の高い蒸し蒸しとした日でした。したがって、どこを見ても、陰湿...という語があてはまるくらいにくら〜い(洒落ではありません(^^;)感じがしていました。
今回、僕をここに引き寄せたのは、やはり、ハウス入り口に咲く一輪のひまわりでした。暗いなかでも、明るくにこやかな表情でバンザイをしているように見えた...というのがその理由です。そして、もうひとつの理由は、このハウス後方の、薄い雲を通して射してくる光の強さでした。絶対値としての明るさは、晴れた日に遠く及ばないのですが、周囲が暗いせいで、まぶしいほどの明るさを感じました。妙な言い方かもしれませんが、暗い日には、晴れた日以上に明るく感じる光が射す...ってことがあるようですね。

【場所】新潟県新潟市です。

コメント(10)

確かにこの"ひまわり"はmasaさんを歓迎してバンザイ してますね。 ヽ(^O^)ノ

>iGaさん
ありゃ、写真を調整してアップしなおしたら、もうコメントいただいてました〜。このひまわり、指まであるでしょう(^^;

はじめまして。
チョートクさんのブログで拝見し(富士山の写真の頃?)それからよくお邪魔しています。
新潟市(現在居住している)がアップされていたので、たまらなくうれしくてコメントさせていただきました。
また、このような素敵なイベントがあったなんて・・・次回機会があったら出席したいと思います。
普段、地元のよさを少しでも広げたいと思い、趣味で写真を撮っています。

ここは、場所からすると農家が自家用の野菜をつくっているところなのでしょう。ぼくはあたりまえの景色だと思って見過ごしてしまっていたけれど、masaさんは好奇心のスイッチが入ったのですね。たしかに、フレームに掛けられた肥料の袋もなぜなんだろうとも思います。
昨日の日曜美術館のゲストとして出ていたドナルド・キーンが言っていました。85歳にもなって、いまだに半分くらいを日本で過ごすのはなぜなんだ?と友人に聞かれるが、いまでも毎日、たくさんの発見があるからなんだと、心からうれしそうに話していました。知的好奇心こそ、生きる源なのだと、ぼくもいつも思っているのですが、この温室フレームには気づきませんでした。今度、聞いてみますね。

>まっちsan
はじめまして…そして、こんにちわ。新潟を最初に訪れたのは、昨年の夏のことです。穀倉地帯もさることながら、旧市街の長屋の密集したところなど、とても惹かれるものがありました。今回は、その辺りを歩く時間はありませんでしたが、またいずれ…と思っています。そのときにでも、お会いできたら良いですね!
それにしても、今回のPsalmの新潟ライブは、知らせるのをごく身内・ご近所だけに限っていましたので、広報していなかったようです。コメントを拝読し、そんなことなら…と、ちょっと残念です。
これを機会に、今後ともどうぞ宜しくお願いいたします。

>tamさん
こちらにもコメントをありがとうございます。そうなんです…フレームに肥料の袋がかかっていますが、これが、訪れるたびに、違っているんです(^^; これって何のためなのか、実に不思議に思っていました。もしや、この袋もひまわりも案山子代わりでしょうか?(^^;(^^;
ドナルド・キーンの言葉、ありがとうございます。本当に好奇心って大切だな〜と思います。僕の場合は、知的…か否か…不明ですが(^^;

masaさん、こんにちわ♪
確かにひまわりさん
ばんざ〜〜〜いしてますね!!
そして反対側のコスモス?が
おめでとうございますと
深々と頭を下げているように見えます♪
楽しいですね♪

>アンさん
こんにちわ〜。お久しぶりですね〜。コスモスの姿勢については、アンさんに言われて気づきましたよ。確かにそう見えます。なんだか、じゃんけんで負けた方が頭を下げ、勝ったほうがバンザイをするゲームをやっているようにも見えてきました(^^;

masaさん。
よろしければ是非お声がけくださいませ。
「中和するような明るさ」たくさんありますよ。

>まっちsan
お返事をありがとうございます。新潟も、何度か足を運ぶうちに、街の様子を、いくらか思い浮かべることができるようになりました。そこからコメントをいただいている…と思うと、格別のものがあります。新潟を訪れることは、これからもありますので、その節には声をかけさせていただきます。宜しくお願いいたします。



ninepeace.jpg




月別アーカイブ(Archives)



写 真 集


おすすめ




おことわり

エントリー、コメント、トラックバックにつきましては、管理者の判断により削除させていただく場合があります。予めご了承ください。
Powered by Movable Type 4.22-ja





copyright © 2004-2017 masa