三河屋履物店

| コメント(8)

今日は、お天気も良いので、もはや恒例となった、車の「バッテリーあがり予防ドライブ」に...。近所を、目的もなく、ただただ走行する...というやつです。
ほんとに、都心での生活に車は不要ですね。持っているだけで、駐車場代をはじめとする諸経費はバカになりませんし、放っておけば、機嫌を損ね、いざというときに動いてくれなかったりしますから、ほんとに始末が悪い代物です。が、重いものを買うときなどは、確かに便利ですから、なんとなく手放さずにいる...というのが現状です。
ま、それはそれとして...。今日の写真は、その無目的ドライブ中に、一時停止して撮ったものです。平屋看板建築の履物屋さんです。こちらは、かなり以前から気になっていて、もう何度も写真に収めているのですが、その魅力がなかなか捉えられず、エントリーを見送っていました。
で、今日は、光がとてもきれいでしたので、それに助けられ、発色という点では、これまでに撮った写真に勝っているようです。が、問題は、カメラのレンズです。一昨日も、常用している広角系レンズのフォーカシング・ユニットに問題があるというので、サービスセンターに預けたばかりですが、もう1本の常用レンズも、思うようにピントが合ってくれません (ブログ掲載サイズにまで縮小すると目立ちませんが...)。ピントが前後どちら側にズレるのか?すら特定できない...という訳のわからなさです。もしや手ブレか?とも思うのですが、さほどスローシャッターを切っているわけでもありませんし、このレンズの手ブレ補正ユニットは、つい先日、2万円を払って交換修理したばかり(市場価格6万円程度のレンズなのに)...。なんとも気持ちの悪い不具合です。
という訳で、これも決まり写真ではありませんが、なんせ、この建物、いつまで残っているのやら?ですから、ここらでエントリーしておくことにしました。とにかく、実に愛らしいでしょう...。

【場所】文京区大塚5丁目あたりです。

コメント(8)

masaさん、おはようございます。この建物があるうちに、と思うのですがやはりうまく撮れません。私は、あの電柱さえ無ければ…、あの掲示板さえ無ければ…、と思っていましたが、masaさんでさえ難しいならば私は諦めるしか…(T_T)。

>やまだsan
こんにちわ。同じ思いでいらしたのですね。ここは本当に邪魔モノが多いですよね〜。こうした古家の前には、とかく、電柱や掲示板などが多いように思えるのですが…。前の歩道も広くはありませんから、引きもなく、ゆがみ無く全景を写すのは難しいですね。というわけで、邪魔モノを全て入れてしまいました(^^;

少年時代、昭和20年代の記憶にある建物がそのまま残っているのは、ついにこの店だけになりました。
他には、音羽通りにガラス屋さんがありましたが、つい最近、なくなりました。
この店の南並びに柘植義春さん好みの眼鏡店があり、そこの「目玉」の看板を撮った記憶もあります。

それにしても、この富士見坂界隈は半世紀前がまだ良く残っている方ですね。

>田中長徳さん
こんにちわ。コメントをありがとうございます。この辺りは長徳さんが幼少の頃をお過ごしになった土地とはいえ、20年代のこのお店をご存知とは…さすがに驚きます。僕は、昔のこの辺りのことを思い浮かべますと、長徳さんがお撮りになっている、大塚三丁目角にあったカメラ屋さんの看板が鮮烈なイメージで蘇ります。あの看板も、撮っておこう…と思いながら、ついに撮れずに終わってしまいました。この辺りの建物、まだ、いくらかでも残っているうちに、それらも…と思っています。

MASA様
通りがかりの者です。こんにちは。
そういえば、3丁目の所に、カメラの大きな看板ありましたね〜〜!懐かしくッて、感動してしまいました!
しばらく大塚から離れてしまったのですが、
いつなくなったんだろう・・・???
坂下あたりに、お魚やさんが昔ありました。
子供の頃、母につれられてよく行った記憶が・・・。
その場でさばいてくださるのですが、その魚をさばく手さばきが
スピーディで、思わずみとれていたような気がします。
ん〜〜、子供時代の大塚って良かったナァ〜〜(笑)。

>O-TSUKAッ子さん
こんばんわ。あのカメラ屋の看板をご記憶なんですね! あれと、消防署の鐘塔(間違いなくご記憶にありますよね)が、あの交差点の象徴でしたよね。あのカメラ屋さんの角は、いまでは、コンビニのある、つまんない建物にかわってしまいました。また、道幅を広げるため、カメラ屋さんの反対側の建物がすっかり無くなってしまいました。坂下の魚屋さんについては記憶がありませんが、とにかく、道ばたでそういった職人芸を目にする機会なんて全くと言ってよいほど無くなりましたね〜。だから、そういった仕事があることすら忘れられていくのでしょうね…。東京の風景の変化は、規模が大きくなりながら加速するばかり…という感じがします。
これを機会に、今後とも、宜しくお願いいたします。

masa 様  こんばんは。
今日、こちらの履物屋さんの前を通りかかりました。
masaさんの撮られた写真のままです。
そういえば、眼鏡屋さんも通り沿いにあったような記憶があります。それからおせんべい屋さんも(今はマンションが建ってしま
います)。
ひとつ、またひとつと知らない間に風景が消えていきます。
この坂を登って振り返ってみると・・
自分は何も変わっていないような・・・・・気が・・・
しますデス(*o*)♪

ちょっと振り返る

>O-TSUKAッ子さん
この並びに、眼鏡屋さんが在ったのは確実のようですね。
上の田中長徳さん(音羽のご出身です)のコメントに、そのことがはっきり書かれています。
風景…それも、昔生活した風景ののなかに立つことって、自分を振り返ることになりますよね。東京生まれではない僕ですが、それでも、そんなことを感じることがあります。



ninepeace.jpg




月別アーカイブ(Archives)



写 真 集


おすすめ




おことわり

エントリー、コメント、トラックバックにつきましては、管理者の判断により削除させていただく場合があります。予めご了承ください。
Powered by Movable Type 4.22-ja





copyright © 2004-2017 masa