あべの銀座の路地

| コメント(12)

ここは、大阪・JR天王寺駅の南側で進行中の再開発地区のなかですが、この辺りは、アーケード入口に残る看板によれば、「あべの銀座」と呼ばれているようです。そして、やはり入口に残る石碑によれば、人が歩いている通りは「旭通り」と呼ばれているようです。この写真は、その旭通りに交わる路地から、旭通りに向かって撮ったものです。
旭通りの片側は、もう建物の取り壊しが終わり、完全に更地になっていましたので、路地の出口に見えるのは、ビルの壁面と、更地を囲うフェンスだけ…という状態です。が、もう片側は、まだ取り壊されていない建物も多く、営業をつづけている店も、チラホラですが残っていました。でも、まあ、遠からず終止符が打たれる…という感触が強く感じられ、淋しい限りでした。
実は、この右側に見えるシルエットは、刺繍屋さんで、いまでも営業をつづけていらっしゃいます。この写真を撮ったときも、まだ店内には明かりがともっていて、人影もありました。が、写真に撮ると、まるで無人になった家のようです。こうして見ますと、この一画も、もう終わっている…という感じは否めませんね。

【場所】大阪市阿倍野区阿倍野筋1丁目あたりです。

コメント(12)

そう言えば 昔は 地方に行くと必ず「**銀座」というその地方での繁華街らしきものがありましたよね。
その割には場末感が漂っていて 胸が痛くなるのでした。

「あべの銀座」かあ・・・・・ううむ・・・。
大阪人なのに あべのはテリトリーにないので
取り壊しになるような事態になって はじめて「あべの銀座」を知りました。惜しいですねえ。

日本中で「銀座」が どんどんなくなっていっているでしょうねえ。

>masaさん >光代さん >みなさまコンニチハ
イヤー、舞台の街角1シーンを観ているような錯覚に陥ります。
アーケードの部分が天井桟敷のようでマサにmasaさんのマジックワールドですね。

>光代さんも危惧するとおり、銀座という名が開発により段々とその数を減らしているようで、本場「銀座」をはじめとして
「戸越銀座」「東久留米銀座商店街」など「××銀座」が一体どの位あるのだろうと検索してみたら、

■全国に散在する「銀座」のある都道府県として
http://www.mag2.com/vow/osiete/ginza.htm
なかに大阪府「阿倍野銀座」もありました。
「銀座の柳」もまだ、健在です。これからも、せめて名前だけでも
残っていって欲しいものですよね。植えてうれしい 銀座の柳 江戸の名残りの うすみどり 銀座八丁目九丁目 他 
ウ〜ン、モボ・モガもいいな〜 菊坂の与太郎

東京の地方都市・八王子にも銀座があります。「**銀座」はどこか芸能人の「そっくりさん」のようで、本物でない痛々しさが付きまといますね。
八王子市のサイトを見たら、平成18年4月から『八王子駅北口の「グラーン三番街通り」を「駅前銀座通り」という戦前からなじみの深い愛称に変更しました。』とある。「銀座通り」は知っていても「グラーン三番街通り」なんて聞いた事なかったですね。どっちにしろ八王子の「駅前銀座通り」は昔から場末感が漂っていてパッとしませんです。(^_^;)
都内周辺の銀座の写真を集めたサイトがありました。都内だけでもこんなに銀座が、、聞いた事あるのは、、、ん、、
http://dcfmasc.web.fc2.com/ginza-ginza-ginza.html

>光代さん
こんにちわ。いったい、あべの銀座という呼び名は、大阪で一般的に知られているのか?と思いました。というのも、アーケード入口の屋根の上に看板があり、その看板の下のほうに、そう大きくもない字で「あべの銀座」と書かれていましたので、「あ、そうなんだ…」と分かっただけでして…。おそらく、地元商店会が勝手につけた名称でしょうが、いったい何時頃からそういう名称をかぶせたのでしょうね。…と、いつも思うだけで調べることをしないんですが(^^;(^^;

>菊坂の与太郎さん
おっしゃいますように、ほんとセットを見ているようでした。ところで、「**銀座」関連URLをありがとうございます。いろんなことを調べる人が居るもんですね〜。そういえば、僕のオヤジは医者でしたが、「**銀座診療所」って夜間診療所をやっていましたね(^^; お〜恥ずかしい(^^;

>iGaさん
教えていただいたサイトを早速拝見してきました。地名と写真を並べて見ますと、「本物でない痛々しさ」が生々しく(^^;感じられますね。また、「え、あそこの商店街も銀座だったの…」というところもありで、「**銀座」シリーズはなかなかよろしいですね。
しかし、グラーンっていったいどういう意味なんでしょう…。Grandなんでしょうかね〜。こういった名称って、商店会の方々が知恵を絞るのでしょうが、これもまたよく絞られてますね(^^;(^^;

与太郎さん iGaさん
お久しぶりです。
お二人が書いてくださったところに行ってみてびっくりです。
全国にこんなに銀座があろうとは!
そんな感性の人が 日本中にいるんだあ〜〜〜という驚き!どこに行っても出くわすはずですね。

masaさんが写真をお撮りになった辺りには 胡散臭そうな店もあるかと思うと とても美味しいお店もあって(でも一度しか行ったことがないのですが) 結構人気スポットだと聞いたことがあります。
この辺りを再開発といって 北や南と同じようなビルを建てても 個性を失うばかりなのに・・・・。残念です。

masaさん、こんばんは。今日は、朝9時からの仕事が滋賀県の彦根であったのですが、それが終わったら速攻で天王寺・阿倍野に向かいました(^^;;。在来線が人身事故でダイヤが大幅に遅れるということもあり、一端、米原までいって、そこから新幹線で新大阪に行き、地下鉄・御堂筋線で天王寺へと向かいました(「そこまでやるか〜?」って感じですね(^^;;。といっても、東京にお住いだと、ほとんど??の連続ですね・・・(^^;;;)。で、この場所、確認してまいりした〜!!例の石炭ストーブを使って料理をする洋食屋さんの近くからの写真ですね。ところで、「あべの銀座」は上町台地の上にあるわけですが、台地を降りたところに、今は亡き、「曙ハウス」と姉妹協定を結べそうな木造アパートが現役でしっかり頑張っておられました。こんど大阪に来られたときは、ぜひにでもご確認いただければと思います。このあたりは、戦災を免れたこともあり、残っているんでしょうね。ということで、また、大阪に来てくださ〜い!!

>光代さん
こんばんわ。この辺りは、既に「死に体」という感じでしたから、賑わっていた頃を想像しながら歩いたわけですが、どうも、単なる駅前商店街とは思えないものを感じました。それが何か?を明確に言えないのですが…。しかし、ホルモン焼きの屋台のような店があるかと思えば、高級うなぎ屋もあり、ついには小さなフランス料理店まであって、なかなか面白いところではありますね。

>wakkykenさん
いえいえ、最近では「新大阪から御堂筋線で天王寺」と聞くと、「あっそう」という感じですよ(^^; しかし、恐るべし!ですね、その行動力…。驚きます。
ところで、写真を撮った位置は、ご指摘のとおりです。フランス料理「グリル・マルヨシ」(石炭ストーブ使用とは知りませんでした。が、そういえば、煙突があったな〜と…)の先あたりになります。
しかし、「曙ハウス」の姉妹物件とは…。耳にしただけでコーフンしてきます(^^; それは取り壊される前に、なんとかせねば!ですね。いや、大阪には撮りたい対象がいやと言うほどありますね〜。

あべの 出身の男子です。昨日商用で、阿倍野へ行き 時間が1時間ほどあまったので、10年ほどぶりに あべの銀座を散策し びっくりしました。ほとんどの路地裏の店が、閉店し なんとか 眠眠 と 立ち食いそば が、営業しているくらいで、 約、30数年以上前からの開発〜立ち退きが、ようやく進んだみたいです。
子供の頃、近鉄百貨店で、遊び 親には、あべの銀座は、子供の行くとこちゃうと言われながら アポロであそび 銀座の路地を走り回ったことを昨日は、しみじみと思い出しました。完全になくなる前にも一度行ってみようとおもいました。

>ときわsan
こんばんわ。昔の阿倍野を知らない僕ですら、あの再開発途上の様子に驚きましたから、昔の阿倍野をご存じの方はさぞかし…と思います。とにかく、最近の再開発は、辺りの様相を根こそぎ変えてしまいますね。これは東京も勿論同じです。例えば、有楽町の駅前など、道筋もなにもかも総入れ替え…という感じで、まるで別の街になってしまいました。僕が大阪に住んでいるのでしたら、阿倍野には機会あるごとに足を運びたい…と思わせるものがありました。もし再度いらっしゃって、できることであれば、どうかスナップでも撮っておいてください。コメントをありがとうございました。



ninepeace.jpg




月別アーカイブ(Archives)



写 真 集


おすすめ




おことわり

エントリー、コメント、トラックバックにつきましては、管理者の判断により削除させていただく場合があります。予めご了承ください。
Powered by Movable Type 4.22-ja





copyright © 2004-2017 masa