羽田空港夜景

| コメント(18)

羽田に行ってきました。出迎えでも見送りでもなく、単に空港の様子見です(^^; 羽田はそこそこ利用する機会がありますが、特に航空機ファンでもないため、滑走路の様子などを眺めたのは、娘と孫を見送りに行った折りに、ターミナルビルの屋上に出てみた…程度です。それも一度だけ…。しかし、今回は、東京を代表する風景としての羽田空港を下見に…というわけですから、いつもとは気合いが違います(^^;
が、ちょっと考えると、羽田空港に居たのでは空港ビルを含めた全景は撮れません…ね。で、出かける前に、空港全景を見渡すのに適当な場所がないものか?と調べてみたのですが、風の向きや天候、季節などによって、使用される滑走路が変わり、それによって良い撮影ポイントも変わる…というもののようです。単純に、大森の先の埋立地のどこかに…と、考えていたのですが、そのどこかを選択するのは、初心者には難しそうです。結局、つべこべ言わず、とりあえず、空港ターミナルビルに飛び込んでみることにしました。考えているよりも動いたほうが…というわけです。
そんなわけで、羽田の第1旅客ターミナルビル屋上にあがり、発着する航空機を撮っていました。いつものように、すぐに辺りが暗くなってきましたが、いつの間にか、滑走路にブルーやグリーン、イエローのランプが点灯していました。これがなかなかきれいです。そこに航空機が着陸してくる様子は、なかなか見物でした。
今日は、航空機が、この写真で言うと、左手から着陸してきていましたが、その多くは、かなり右手まで走行し、遙か遠くのほうでUターンをしたり右折してターミナルに向かっていました。が、この飛行機は、着陸後、わりと早いタイミングでUターンし、こっちに向かって走行してきました。そのライトの直射の眩しいこと。そして、それを囲むように広がる滑走路の、まるで星雲のようなイルミネーション。なにかプラネタリウムでも見ているような、幻想的とも言える風景でした。

【場所】大田区羽田空港3丁目あたりです。

コメント(18)

パチ・パチ・パチ 
                ・・・菊坂の与太郎
PS.壊徳館異変在り・・与

>菊坂の与太郎+紫雲さん
ペコ・ペコ・ペコ(^^;
壊徳館って本郷館?

>masaさん >みなさん コンバンハ
一足早くプレゼントを貰った気分です。
ブラボー!! ブラボー!!
さすがmasaさん、どうやったらこんな画、撮れるんだろう。
ヘヘ−イ!与太郎にはこんなに素敵な画像撮れません m(__)m m(__)m 恐れ入りました。

■閑話休題
ハ〜イ、例の菊坂女子美創設関係の調べ物で「佐藤家の知人」の歴史を辿っていたら、御茶ノ水女子大関係の資料の中に昔の映世神社があり、また戸田茂睡の仕官した本多藩邸内に建てられた「本郷館」がT2〜6頃の間「東京女子高等師範学校・第二寄宿舎」として使用されていたようで「下宿屋の実証研究」中にも触れてありましたがその「本郷館」も・・、またラジオ・現代文の「木村澄子女史」からの情報によると「大塚の七中」も消え去るようでどこもかしこも大変ですね。もっと慎重に考えて欲しい物です、世の中二度と戻らない物もあるのですから・・とても、寂しいことですよね。

そうそう、壊徳館は例の東大の迎賓館のことです。実は.一葉忌のイベント後片付けの折、小耳に挟んだ情報で、東大のミュージアムに於いて「異星の踏査」と題して月の石を初め火星の石と思われる隕石とかが展示されています。ちょっと昔のお姉さん(お袋)と観に行きましたところ、なんと日蔭町側の昔の藤むら近辺に、「壊徳門」なるものが出来ており、さらに例の天皇幸行記念碑の建つ築山は時間制限あるものの、観覧出来るとあるじゃあ〜りませんか。・・てなわけで、築山に少し登って来ました。歩ける通路範囲が決まっているものの、また時間を作りトライする予定です。もっとも加賀鳶の盲長屋があった辺りで、廃藩置県後、天皇の幸行を願って築山したのは分っているのですが、井戸も幾つもあったようですし、元の富士銀行位置、そして下流の燕楽軒位置を建て直す時も、エラク地下水が出水、困ったと聞いております。昔から泉水位置は一つ確定されていますがその水脈が枯れた筈なのに、まだその元の地下水は健在なのかもしれませんね。ムフ。なんか嬉しいです。
では・・・またヨロシク。 本郷 菊坂の与太郎。  頭モウロウ 紫雲の爺(ジジイ)は年なので寝てます。

>菊坂の与太郎+紫雲さん
お返事をありがとうございます。そうですね…赤門入って右手奥にありましたね〜迎賓館である「壊徳館」。いやこれがピンと来ないようではイカンです(^^; ところで、凸凹地図を見ると、あの辺りで最も標高(と言うほどのものか(^^;)の高いと思われる築山を見ることができるというのは大問題です与! 情報をありがとうございました。あの辺りが、菊坂の谷戸の谷戸頭であり、その谷戸をつくった水源のはずですから…。水源だけに、なんだかワクワク(湧く湧く)しますね(^^;(^^;
実は、近々、ゲストを迎え、与太郎さんと東大のなかを散策できたらな〜などと考えていたところでした。麦も…(^^;

菊坂の与太郎さん、masaさん、こんにちは。
東京大学では「知のプロムナード」と名付けて構内の散歩コースを改修、提案しています。その一環で現在、赤門脇の番所と懐徳館和館庭園の一部を期間限定(〜2008年 3月 7日(金)まで)開放しています。
参考URL: http://www.130ut.pr.u-tokyo.ac.jp/promenade/
(エントリーと話題がずれてしまい申し訳ありません。)

>やまだsan
こんにちわ。東大関連の情報をありがとうございます。早速URLに飛んでみました。ずいぶんと、いろいろな企画があるんですね。また、はっきりと富士山(椿山)が描かれた図面PDFなども掲載されていますし…。
しかし、このエントリーのコメント欄に、こうした情報が潜んでいる…とは考えにくいので、多くの人が通過してしまい、結局埋もれてしまうのは勿体ないですね。僕が何か工夫すべきなんですが…(^^; とにかく、情報をありがとうございました。

masaさん、こんちには。羽田空港やこのエントリーとは関係しないわけですが、東大の話題、ひっさしぶりの「お膝元」の話題ではありませんか!!「あの辺りが、菊坂の谷戸の谷戸頭であり、その谷戸をつくった水源のはずですから…」とコメント欄にお書きになっていること、以前、菊坂をご一緒しながら説明いただいたことわ思い出しました。いや〜この「谷戸」という言葉もひさしぶりですね〜。そのうちに、なにかエントリーされることがあるのかも・・・と、「ゲスト&与太郎さん&masaさんトリオ」の東大ツアーレポート、期待しています与(勝手に期待して申し訳ないのですが)。

>wakkykenさん
こんばんわ。はい、僕も、書きながら、久々の凸凹だな〜(^^;なんて思っていました。与太郎さんとの東大ツアー、スケジュール調整が大変かもしれませんが、なんとか…と思っています。が、この写真を撮った、空港ビルの屋上が吹きさらしで寒く、なんと風邪をひいてしまいました(^^;

masaさん、こんばんは。こちら『Kai-Wai散策』は、しばらくのあいだ、どちらかといえば低湿地帯に重点を置いていらっしゃいましたからね〜、たしかに凸凹は本当にひさしぶりですよ。ところで、風邪ですか!どうぞ、お大事になさってください。東京は、今日、ものすごく寒かったようですね。関西は、それほどでもありませんが、もう、すでにダウンとフリースを着て歩いています(^^;;。

>wakkykenさん
そうですね〜、関西人のお友達に低湿地帯好きがいたり(^^; 湿地だけにハマりやすい…といったこともあって、そちら重点でしたね。凸凹地帯にかぎっても、とかく凸より凹により興味をひかれることが多いですから、やはり低地には何か人を惹きつける魅力がありますね。
今日の東京は、空気がとても冷たかったですよ。風邪で体調もいまいち…ちょっと出ましたが、すぐに帰宅しそのまま家にこもっていました。

マア・賑やか 
>masaさん >やまださん >wakkykenさん >みなさま こんばんわ
masaさん風邪ですって、今流行って来ているようです(早く治りますように。)

やっぱりこのような作品を撮るには、人一倍陰の努力が必要なんですね。 芸術の道は厳し〜い。さてさて、燕楽軒敷地真下から加賀藩方向に伸びている等高線の先がどのようになっているのか楽しみです。泉水が湧いていた位置は別位置ですが、川となって流れ出、燕楽軒下あたりから船が通っていたわけです、さぞやその量も多かったことでしょう。
「湧く・湧く」か、ヤラレテしまったなこりゃ。ハハハハハ お大事に  
                            本郷 菊坂の与太郎

>菊坂の与太郎+紫雲さん
いや、努力…なんてもんじゃありません与。都内を歩く恰好で、羽田のビルの屋上に夜まで突っ立ってるなんて、バカとしか言いようがありません(^^; 風邪をひくためにひいたような感じです。
それにしても、地元での楽しみができて、嬉しいです。近々、必ず…です!

>masaさん
イヤイヤ、妥協をしない其の姿勢。
さすがですね、感服・感服 
もっと見習わなければと反省する与でした。
              本郷  菊坂の与太郎

>菊坂の与太郎+紫雲さん
いえ何を仰いますことやら…。与太郎さんの菊坂から地球の裏まで掘り進め!という迫力姿勢には、常々、頭を垂れておりますwa与(^^;

>masaさま >皆さま コンバンハ
waそうか、地球の裏まで掘れば外国に行けるっけなー。安上がりー安上がり、だけどマグマで溶けなければよいのですが、★ヤレ掘れココ掘れ、どっこいしょ。
★おや水が噴出した。そう実は玄関脇のココ、石板の下は、昔井戸があり井戸端会議をやっていたそうな、水を汚すといけないのでここらでやめておきましょう。

■♀<♂
イヤイヤ迫力姿勢においては・masaさまの脚フェチ研究には、とてもかないませんこと与、
Ho!HoHo。 ♀:♂は「隅田川メデラー」で ♀<♂に・・・すみまcen。

■凸凹
目が疲れたので「羽田空港夜景」を眺めています。眼福・眼福。 こうして見ると、結構空港の滑走路って凸凹しているんですね。トウキョウタワーの展望台から、東京夜景を見て
その武蔵野台地の東扇端・山の手の凸凹さに感激して以来です。フーム。        賢治先生下宿先近く  キクザカノ与太郎

>菊坂の与太郎+紫雲さん
滑走路が凸凹…というか波打っているように見えるのにお気づきになりましたか…。これは光の関係でそう見えるのか、空港ビルのほうが滑走路よりも高い位置にあるのか…。撮った写真を見て、後追いで気になっています。次回にでも確認してみたいのですが、どうやって?(^^;という問題がありますね(^^;

>masaさん、転んだ振りしてパチンコ玉ぶちまけるとか(ウン、ちょっと実現不可能か・・)雨の日か、雨上がりにいって水溜りが出来ているか確かめるとかう〜ん、もっと文明的で、近代的な物はないものでしょうか・・・でも、真っ平らな所に、小さな物落した時、やっぱり懐中電灯で水平にサーチして見つけるのが一番早く見つかるから、動画で飛行機の前照灯に照らし出される滑走路を記録するのが早道かもしれませんね。iGaさまやwakkyken教授なら何か良いアイテムをお持ちかも知れませんね、また、アイデア浮かんだら教えて下さい。ウ〜ン知恵熱が 菊富士ホテル近く 菊坂の与太郎

>菊坂の与太郎+紫雲さん
こればかりは、見る角度も制限されますから、なんとも難問ですね〜。僕もウ〜ンとうなるばかりで…(^^;



ninepeace.jpg




月別アーカイブ(Archives)



写 真 集


おすすめ




おことわり

エントリー、コメント、トラックバックにつきましては、管理者の判断により削除させていただく場合があります。予めご了承ください。
Powered by Movable Type 4.22-ja





copyright © 2004-2017 masa