Good Ol' Friends

| コメント(8)

昨日撮った写真です。この建物は、実は、昨日のエントリーの写真の奥に、一部が写っています。ここは神田駅のすぐ近くです。このあたりは戦災で完全に焼失しています。ということは、これは戦後間もなく建てられた建物だろうと思われます。そして、いま、この周辺でも再開発が進行していて、中小のビルが並びはじめています。が、まだ、あちこちに、こうした建物が残っていました。

このあたりは、けっこう歩いていると思っていましたが、まだまだ…です。または、以前歩いたときには、この隣に建物が在って、こうは見えなかった…ということもありえます。とにかく、街は日々どころか、刻々と変化していますから…。

ま、そういうわけで、神田という町で、予期していなかった建物に出会うことができました。これは、通りから見ると、変哲もない(というと失礼ですが)店舗です。が、裏手にまわると、このように、実に味のある顔をしています。必要が生んだデザイン=バラック系の建物です。しかも、この2軒が、ピッタリと寄り添うようにして生き長らえている…という感じです。見ていると、なんだか健気な感じがしてきます。

こういった建物のある風景はどんどん少なくなっています。寂しい話です。が、もう、保存しろ…というのも無理な話かもしれません。ただ、町の姿形は変わっても、この人の背丈に合った町の匂いを忘れてはいけないのでは…と、強く思う今日この頃です。

【場所】千代田区鍛冶町2丁目あたりです。

コメント(8)

masaさん、おはようございます。ひさしぶりに、コメント一番乗りです!!仕事がら、出勤時間は遅く帰宅時間も遅いのですが(^^;;、今日は、早朝から、といっても7時ですが、出勤しなくてはいけません。さて、「実に味のある顔」「健気な感じ」、「必要が生んだデザイン=バラック系。」いや〜そうですよね〜。ひとつひとつの形はどうってことないけれど、その組み合わせ方というんでしょうか。それから、時間の経過ととも生まれた色の具合(世間は汚れっていうかもしれませんが・・・)、左のほうのトタン壁。東京や大都市ではあたりまえになってしまった風景ではありますが、時間を経過した建物と、手前のコインパーキング、そしてグリーンのフェンスとの対比は、凡庸な表現になりますが、時間とともある生活と、それらの生活を追い詰める「今・ここ」の効率性・経済性の追求のせめぎあいのように見えてきます。グリーンのフェンスの手前、駐車場側の自動販売機は、「今・ここ」の効率性・経済性の追求そのものの存在なのですが、どういうわけか、自動販売機の「灯り」は、グリーンのフェンスの向こう側の世界と対立というよりも、つながっているような気にもなってきます。眼を見開いてしっかり見るのではなくて、ちょっと老人力(老眼力?)を使いながらボーッと眺めなくてはいけませんけど(^^;;。

いいですね。
駐車場になってしまった敷地の建物がなくなって、この建物が見えてきたのですね。きっと道路側からの風景は、おっしゃるように何の変哲もない.....ものなのでありましょう。この開口部の少ない壁面の唯一の作為(というよりも僥倖か......)は、長い軒先、そしてそれを受けるペントハウスと物干し台の短かな水平線のズレ.......美しい。まるで絵に描いたようです。

戦後間もなく立てられたであろう存在感!
後期高齢者云々がソチコチで氾濫の今日このごろ・・・なんだか追ったてられるような思いがして・・・
バラックの存在感にエールを贈られたような温かみを感じさせていただきました♪
今日もmasaさまに感謝でした〜(=^エ^=)

いつも楽しみに拝見しております。鍛冶町界隈は修業時代に商品撮影の立ち会いにくる日もくる日も通った覚えがあります。単調な撮影に飽きて、スタジオから出て、昨日の写真のように、通りでタバコばかりふかして、狭い空を眺めていたのを思い出しました。本日のエントリーを拝見してもかなり変化があるようですね。古い部分が残っているうちに、訪ねてみたいと思いました。どうもお邪魔しました。

>wakkykenさん
こんばんわ。お返事が大変遅くなりました〜。風景…といものは、誰かがデザインした…というものではなく、変化を繰り返しながらも、なんとなく周囲と解け合って出来てきたものだと思うのですが、最近の再開発の場では、とても解け合うことのできない、異質な空間と空間が軋みをあげているように感じられてなりません。そして、ということは、その裏に、人間どうしの軋みが潜んでいることになるような…。そのあたりがとても気になってしまいます。

>AKiさん
コメントを頂戴しながら、お返事が遅れ、大変失礼いたしました。バラックの新定義のオリジネーターでいらっしゃるAKi隊長から、コメントをいただくだけでも光栄です。また、形状の見かた読みかた…とても勉強になりました。ありがとうございました。

>chatnoirさん
ほんとに、暗に仰ってるとおりだと思います。これは、後期齢者○○制度を風景にすると、こうなる!というふうに見えてしまいます。風景は人の心を映す…と言っても過言ではないような気がしてきました。コメントをありがとうございました。

>Anbakoさん
こんばんわ。コメントをいただくばかりで申し訳ありません。ブログは毎日拝見させていただいているのですが…。
ところで、神田はよくご存じの場所だったのですね。あの古い町名が残っているあたり、もうかなり末期的ではありましたが、まだ、ポツリポツリと、味のある建物が残っていました。いまのうちにぜひ…と思います。



ninepeace.jpg




月別アーカイブ(Archives)



写 真 集





おことわり

エントリー、コメント、トラックバックにつきましては、管理者の判断により削除させていただく場合があります。予めご了承ください。
Powered by Movable Type 4.22-ja





copyright © 2004-2019 masa