根津儚景

| コメント(12)

ここは根津です。左奥に明るく見えているのが不忍通りで、その辺りからは、もう根津駅入り口が見えます。そんな位置関係ですから、多くの人が通り抜けます。こういった通路も路地と呼ぶのでしょうが、ここを昼間見ると、いわゆる路地という言葉からくる雰囲気は感じられません。こうして、お店もあるにはありますが、商店裏の空間といったほうが適当だな...という感じです。
それが...です。夜になって、周囲が黒くつぶれ、小料理屋の灯りが店の前を照らすと、この空間の雰囲気は一気に変わります。照明デザイナーという職業が存在するわけですね(^^; ま、それはそれとして...。こうなると、なんだか夢のなかで見ているような儚さを感じます。浮世の儚さってやつですね〜(^^;
しかし、その儚さが、現実には、再開発の波にいつ飲み込まれるかわからない...というところにあるというのが、なんとも...なんですが(^^; ま、どちらにしても、存在とは危ういものですね。

ま、ともあれ、明日は、谷根千で一箱古本市があります。我らがじんた堂さんも参加なさいます。僕も、応援という名目で、邪魔をしに行くつもりです。もしかすると、旧藍染川あたりでの催しだけに、ビックリするようなゲストがいらっしゃるかも?とのこと...。これも楽しみです。

【場所】文京区根津2丁目あたりです。

コメント(12)

masaさん、おはようございます。
お時間がありましたら、往来堂書店の裏あたり、ギャラリーKingyoで「シネレンズに恋して」(本日17:00まで)も覗いてみて下さい。

色合いと言えばよいのでしょうか・・・ここでは
照明アーティストなど不必要ですね!
行燈の灯から周りがシッカリアートしてます♪
このような空間と言うか場所をキッチリと探し当てる(失礼な言い方でしょうか?)masaさまに感服です♪さすがですね〜

>やまだsan
こんにちわ。今日は時間がありますので、Kingyoさんにもお邪魔してみます。ご案内ありがとうございます。昨日は、nidoさんですれ違いになったようですが、もしや、今日あたり、お会いできるかも?ですね。

>chatnoirさん
こんにちわ。これは、バラック照明(^^;とでも言うのでしょうか…。この光の漏れは、意図されたものではないと思いますが、それが決まったときは、人為的デザインを遙かにしのぐようですね。ここでは、空気という気体が満ちているのが見えるようでした。

masaさん、今日は(あれ、もう昨日になってしまいましたが)来店していただきありがとうございました。次回散策、よろしくお願いします。

>じんた堂さん
お邪魔しました。また、お土産のような貴重な本をありがとうございました。とにかくお疲れさまでした。

こういう光の写真をディスプレイで見ると
画面の角度によって光のありかたがすっかり変わりますが
これは、その変わりようがとても楽しい写真だなと
なんだか、新しい発見のような気がします。
プリントした写真ではそういう楽しみ方ができない。
光の位置と向きとモノたちと影のありようが
とてもいいからなんだなあ。
人箱古本市に行けなかったのは残念。・・いや、一箱のまちがいだ。

>玉井さん
コメントをありがとうございます。欠点を長所と化す・逆境を好機と化す…そんな見方をしていただいた気がします。このところ、写真は、紙にプリントした状態だけではなく、ディスプレイに表示させる状態で製品化できるな〜と思っていたところです。
一箱古本市は、来月もう一度ありますので、いらっしゃるようでしたら、お供させていただきま〜す。

お!あそこか!という感じですが、
にしてもチャリ多いですね(^^;)
って、僕も不忍通りの歩道沿いにはチャリ置いてる実行犯ですが、
この写真、チャリがなかったらまたガラッと印象変わりそうです。

>m-louisさん
こんにちわ。はい、あそこ…です(^^; 確かにチャリが多いですね。東京は、いずこもチャリだらけですが、良い傾向か…とは思います。僕もトウキョウバイクあたりのチャリが欲しくなってます(^^; しかし、チャリが無かったら、きっと、もっと川の匂いが漂うかも?ですね。
PS:名古屋襲撃はちょっと無理っぽいです…。

masaさん 先日は初日においでいただきありがとうございました。ちょうどそちらのお近くの寺で、両親の法要をしてからnidoに行ったのでお目にかかれず失礼致しました。

さてこの路地。。。この飲み屋さんは、なんてことないのですが、〆張鶴というワタシの好きなお酒を出してくれるので、永らえてほしいんですよ。しかし、4月いっぱいで表のモスバーガーが何故か閉店し、宮ノ湯も真っ暗のまま。ちょっと嫌な予感ですね。何か動きがあったらお知らせしますね。

>neonさん
こんにちわ。先日は、nidoさんのごく近所で打ち合わせがありましたので、この時!とばかりに、友人と一緒にお邪魔させていただきました。で、久々に小道さんとバッタリでした。
ところで、モスバーガーの壁に「ご自由にお持ちください」と書いた英人さんの額入りポスターがたてかけてありましたが、それが閉店を意味していたのか…と、今頃気づきました。どうも匂いますね〜。
それに、花美代さんの建物が無くなっているのにもビックリしました。変わりますね〜。



ninepeace.jpg




月別アーカイブ(Archives)



Photo Gallery

写 真 集


おすすめ




おことわり

エントリー、コメント、トラックバックにつきましては、管理者の判断により削除させていただく場合があります。予めご了承ください。
Powered by Movable Type 4.22-ja





copyright © 2004-2016 masa