堀船のトタン家

| コメント(8)

ここは北区の堀船です。が、地図をご覧いただければ分かることですが、北区とは言っても、荒川区に半分足を突っ込んだような位置にあります。最寄りの駅が、都電荒川線の荒川遊園地前か荒川車庫前…であることからも、その位置関係がお分かりいただけるか?と思います。

ま、それはともかく、今日は、隅田川がすぐそばを流れる、荒川遊園地周辺を歩いてきました。というのは、先日、尾久にある会社を訪ねたのですが、その会社の方から「遊園地のあたりにはまだ古い家がポツポツと残っている」とうかがったからです。

実際に歩いてみると、かなり建て替えが進んでいて、モルタルや新建材を使った家やビルが目立つのですが、確かに「これは古い」と思わせる家も、所々に残っていました。
今日の写真は、そんな生き残りの1軒を撮ったものですが、壁面にトタンが使われているとはいえ、かなりしっかりしています。
この辺りで見た古い家の多くが、きちんと建てられたもので、いわゆるあり合わせの貼り合わせ…という感じではありませんでした。この辺りの土地柄なんでしょうが、それがどんなものか? それはまたの機会(^^;ということで…。でも、この家と木との組み合わせ…なんとなく、ひと昔前のこの辺りの面影を残しているのでは?と思わせます。

【場所】北区堀船4丁目あたりです。

コメント(8)

このあたりの土地柄・・・興味津津です(^^♪
船堀・・・未踏です!
フッと思い出したのですが
足立区新田のあたりは行かれましたか?
足立区ではあるけれど荒川を渡って取ってつけたような地域で古い家並みが残って独特な雰囲気があったのを思い出しました・・・
20年も前のことではありますが・・・

ああーあ、又錆びたトタンに「魅せられたる魂」。♪(^-^)v
緊張と周囲への自己主張で疲れた毎日を送る都会人には、裸の心でいられる空間なんでしょう。今朝、都心のデパートのアンモナイトの化石等を紹介していましたが、あれも何となく落着かない。^_^;
ところで、愛宕山は有名な曲垣平九郎の話しがあります。何方もコメされないので、一応揚げさせて下さい。あと、愛宕山のトンネルは、何となくタイムトンネルじゃないかと感じませんか。

masaさんの写真の中でも 特にこの「堀船のトタン家」のような「揺るがない骨格を感じさせる写真」が大好きです。
良い写真ですね〜。

この家はとても丁寧に建てられ,使われて来た感じですね。
「車でお金 貸します」の赤い看板・掲示板であっただろう白い板・なぜか目隠しのような青い板。
そして、真ん中にある黄色と黒のポールとその下にあるここに塀が有るよと注意を促していたであろう黄色の線・張られてしまったロープ・・・と 
新旧のそれぞれをじっくり見て行くとこのトタン家の長い歴史が見えるようですね。

人も シミや白髪やしわまでもが魅力的に見える方がいらっしゃいますが、この家も そんな風。
丁寧な使われぶりが サビをキュートに見せていますね。
と言う事は 魅力的で居ようと思ったら、丁寧に生きなくちゃ行けないんだ・・・・と妙に納得。
これからもこの家を 使って行ってほしいな〜。

>chatnoirさん
こんにちわ。この辺りの土地柄につきましては、これから調べるところです。が、近くに船方神社という古い神社があること、戦時中に軍事工廠が造られ、その官舎が多くあったこと…などが鍵になっているのでは?と想像しているところです。
足立区新田は未踏です。新田とよく似た地理にある宮城というところに興味が湧いていたところでしたので、新田にも…と思っています。この辺りは川絡みでも興味深そうですね。

>FKSnoopy さん
はい、久々の錆びトタンです(^^; この美しさからはどうも逃れられないようです(^^; ところで、TV番組って、デパートなどの壁や柱に使われている大理石に残る化石の紹介でしょうか。よくあるやつですね。あれに大袈裟に反応するってのはどうも…ですね。
曲垣平九郎につきましては、また、愛宕山の急階段を紹介する機会がありましたら、記載いたします。なんせあの階段を出世階段にした人物ですから…。
タイムトンネル説(^^;ですが、僕もそう感じます。古い頃は特に暗くて、独特の雰囲気がありましたよね。現在は、トンネルの西側は古い建物が多く、東側に出ると目の前に超高層ビル…ですから、まさにタイムトンネル状態ですね。

>光代さん
こんにちわ。この家ですが、古いわりに、輪郭がとてもクッキリとしていますよね。まさに骨格がしっかりと建てられていればこそ…と思います。
そして、仰いますように、長い年月によって刻み込まれた歴史あってこその魅力というものは、説得力がありますね。最近流行のダメージ加工ではこうはいきませんね(^^;
それにしても気になりましたのは、隣の駐車場の存在です。その波がこの家を洗っているに違いありません。しばらくして行ってみると…あれ?なんてことになりそうな気がします。残念ながら…。

この家は、好きですねー。
陽の当たり方もあかるい5月の黄昏、という感じで。。。

>neonさん
コメントをありがとうございます。この家、パワーを全開にしていないところがまた良いでしょう。そして、ご指摘のように、この日は、薄くひいた雲のフィルターがかかった太陽の光がすべてでした…。



ninepeace.jpg




月別アーカイブ(Archives)



Photo Gallery

写 真 集


おすすめ




おことわり

エントリー、コメント、トラックバックにつきましては、管理者の判断により削除させていただく場合があります。予めご了承ください。
Powered by Movable Type 4.22-ja





copyright © 2004-2016 masa