消えた堀切の古老

| コメント(4)

堀切菖蒲園駅の北側に、京成線の線路とほぼ平行にのびる、堀切5丁目商和会という商店街があります。かなり遺跡的匂い(^^;の強い商店街ですが…(失礼千万な表現ですが、地元の方、お許しください)。その商店街のなかほどに、この建物がありました。でも、かつて…です。

つい先日、青木書店さんを訪ねたのですが、そのときに、「あの古い建物はどうなっているのだろう?」と思い、帰りがけに、そちらの方向に足を運んでみました。すると、いくら歩いてみても、この建物が見当たりません。奥まった所に建っているわけではなく、ご覧のとおり、表通りに面して建っている建物ですから、見落とした…ということは考えられません。しかし、建物の位置をしっかりと記憶していたわけではありませんので、「これは取り壊されたに違いない」ということにして、とりあえず、引き返してきました。

帰宅後、その建物のことが気になり、早速、以前撮った写真をチェックしてみました。すると、2006年9月に撮った、この写真が出てきました。これで見ると、隣に銭湯の煙突が見えます。そういえば、新築の建物を目にしましたが、それが銭湯の隣だったような…。これがまた記憶が定かではありません。困ったものです(^^;

が、どうやら…十中八九、この、いかにも古い、堀切の昔を想わせる、古老ともいうべき建物は、姿を消してしまったようです…。そんなわけで、撮り直すことができませんでしたので、記録として、この写真をアップしておきます。

【場所】葛飾区堀切5丁目あたりです。

コメント(4)

お〜〜!
私好みのとてもかわいい子が登場しましたね!

屋根のレロレロ具合や 窓や青いテント(?)や傘や自転車や逆さのゴミ箱(?)全てのリズム感がたまりませんね。
瓦の一枚一枚まで 生き生きして見えます。
どうすれば 建物がこんなに生き生き写せるのかしら?
キュートです!

そうそう、大阪にも 写真に撮っておきたいものが色々有りますが、どんどん無くなって行っています。
拙くても 撮っておかなくちゃいけないんだろうな〜〜〜〜。

>光代さん
こんばんわ。速攻コメントをありがとうございます。
これは写真としてはちょっとな〜なんですが、とにかく被写体がよろしいでしょう。すっかり代弁していただいてますけど(^^;
とにかく、この建物にしても、とりあえず写真があってよかった…と思いました。
光代さんのブログを拝見していますと、かなりな写真腕をしていらっしゃいますから、ぜひぜひ記録なさっておいてください。

お早うございます。
おもわず「おっ!」と声をあげてしまいました。見事な店構えですねー。 流木色になった建具類と、ところどころに散りばめられた青や水色とのバランスが、これまた絶妙です。2週間ほど前、車で綾瀬駅方面から堀切菖蒲園駅前経由で橋場方面へ抜けたのですが、「堀切のトタン長屋」を含め、駅北側の様子は漫然と見過ごしておりました。やはり歩かないといけませんね。

>Rambler5439 さん
こんにちわ。この建物は、見た目からですが、この一帯でも群を抜いて古いのでは?と思っていました。この写真は空が飛んでいますので、取り直せたら良いな〜と思って探したのですが、本文に書いたとおり…でした。
やはり、町は、足で歩く以外にないと、僕も感じます。まずはその歩いた距離に比例して…ということだろうと思います、大変ですが…。しかし、Rambler5439さんも、よくお歩きになられますね〜。感心いたします。



ninepeace.jpg




月別アーカイブ(Archives)



Photo Gallery

写 真 集


おすすめ




おことわり

エントリー、コメント、トラックバックにつきましては、管理者の判断により削除させていただく場合があります。予めご了承ください。
Powered by Movable Type 4.22-ja





copyright © 2004-2016 masa